CycleavePCR™ O-157(VT gene) Screening Kit Ver.2.0

ベロ毒素遺伝子検出キット(厚労省通知収載)
  • 1チューブでインターナルコントロールによる偽陰性チェックが可能
  • 抽出試薬も含んだオールインワンキット
  • プレミックス試薬なので、初心者でもかんたん
  • FAMとROXを検出できる幅広いqPCR装置で使用可能
EHEC
製品コード メーカー
略称
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書、CoA
データシート
ベクター情報
参考資料 カート
Takara Code
CY217A

TKR

タカラバイオ(株)
CycleavePCR™ O-157(VT gene) Screening Kit Ver.2.0
ライセンス
50回 ¥55,000
説明書・データシート・ベクター情報
CY217A
CY217B(A×2)

TKR

タカラバイオ(株)
CycleavePCR™ O-157(VT gene) Screening Kit Ver.2.0
ライセンス
100回 ¥99,000
説明書・データシート・ベクター情報
CY217B(A×2)
CycleavePCR O-157(VT gene) Screening Kit Ver.2.0の無料サンプル配布中!お申し込みはこちら
カートにいれる

WEB会員ログインが必要です

製品説明

腸管出血性大腸菌の検出においては、まずベロ毒素遺伝子の保有状況によるスクリーニングを行い、ベロ毒素遺伝子陽性であれば、O抗原型の遺伝子タイピングをした上で、分離培養を行う方法が効率的であるとされている。
本キットは、O157:H7をはじめとする腸管出血性大腸菌による食中毒の原因遺伝子であるベロ毒素遺伝子(VT1,VT2遺伝子)を、リアルタイムPCRにより検出するためのキットである。VT1遺伝子およびVT2遺伝子を検出するためのFAM標識プローブ、インターナルコントロールとインターナルコントロール検出用のROX標識プローブが含まれている。二波長を同時にモニタリングすることで、一本のチューブでVT1遺伝子およびVT2遺伝子の検出と、インターナルコントロールの検出による偽陰性のモニターが可能である。リアルタイム検出なので電気泳動が不要であり、迅速に判定結果が得られる。なお、本キットではVT1遺伝子とVT2遺伝子は識別できない。

  • 本製品を用いる検出方法は、厚生労働省医薬食品局食品安全部監視安全課長通知(平成26年11月20日)
    「腸管出血性大腸菌O26、O103、O111、O121、O145及びO157の検査法について」(食安監発1120第1号)に収載されました。
  • 本製品の各チューブには色付きのキャップを付けています。
    Lot. AK2701からは、「コンポーネント3. dH2O」、および「コンポーネント5. Tris-HCl Buffer pH7.0」のキャップの色を変更しました。下記または取扱説明書の3ページをご確認の上、お間違えのないようご使用ください。
詳しくはこちらをご覧ください

食品培養液からの腸管出血性大腸菌のDNA抽出には、NucleoSpin Tissue(製品コード 740952.10/.50/.250)を使用することが可能です。NucleoSpin Tissueを用いたプロトコールはこちらよりダウンロードしてください。

内容

(50回反応分 25 μl反応系)
1. 2×Cycleave Reaction Mixture 2×conc. 625 μl
2. VT Primer/Probe Mix (FAM, ROX)* 5×conc. 250 μl
3. dH2O 1 ml
4. NaOH Solution 50 mM 1.5 ml×4
5. Tris-HCl Buffer pH7.0 1 M 500 μl×2
6. dH2O (for Dilution) 1 ml
7. VT1 Positive Control 150 μl (30回分)
8. VT2 Positive Control 150 μl (30回分)

* プライマーは株式会社島津製作所で製造されたものである。蛍光標識プローブを含んでいるので、遮光に留意すること。
本プライマーでは、ベロ毒素1型(VT1)および2型(VT2、VT2vha、VT2vhb、VT2vp1)遺伝子を検出する。ターゲット遺伝子の増幅サイズは171 bpである。
コンポーネント1、2、3は、製品に添付している小箱を利用し、4~8のコンポーネントとは別に保管すること。

Lot. AK2701より以下のチューブキャップの色が変更になりましたのでご注意ください。
dH2O            ピンク色
Tris-HCl buffer pH7.0    無色
【ご注意】上記に示したチューブキャップの色は、Lot. AK2701以降の場合です。それ以前のロット(~Lot. AK2601)については、v201412Daの説明書をご確認の上、ご使用ください。

保存

-20℃(開封後は、コンポーネント1~3 および4~8を別々の箱に入れ、それぞれ-20℃で保存する。)

キット以外に必要なもの(主なもの)

【機器】
リアルタイムPCR装置および専用チューブ・専用プレート
 ・Thermal Cycler Dice Real Time System III with PC(製品コード TP970)
 ・Thermal Cycler Dice Real Time System II(製品コード TP900/TP960:終売)
 ・Thermal Cycler Dice Real Time System Lite(製品コード TP700/TP760)
    食品環境検査用ソフトウェア(日本語表示)
    または、Thermal Cycler Dice Real Time System Software
 ・Applied Biosystems 7500 Fast Real-Time PCR System(Thermo Fisher Scientific社)
 ・StepOnePlus Real-Time PCR System(Thermo Fisher Scientific社)など
(詳しくは弊社までお問い合わせください。)
ヒートブロック(95℃まで温度を上げられるもの)


【その他】
200 μl、20 μl、10 μl 各マイクロピペット
マイクロピペット用チップ(疎水性フィルター付)
卓上遠心機

補足資料

Thermal Cycler Dice Real Time Systemシリーズ「食品環境検査用ソフトウェア」を使用の場合に便利な“Quick Manual”を用意している。
キットに添付の取扱説明書とあわせて使用する。

CycleavePCRキットによる定性解析(PDF、989 K)

 遺伝子検出・検査 関連試薬の選択フローをご利用ください

分野別の試薬選択フロー
手法別の試薬選択フロー

「検査(PCR/ELISA)」関連のお役立ち情報専用ページもご参照ください。
注意事項
  • 本製品は食品分析および環境分析用試薬です。ヒト、動物への医療、臨床診断には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。検査結果判定により発生する問題に関してタカラバイオ株式会社は一切の責任を負いません。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。