Yatalase -Plus-

黒麹菌などの糸状菌も効率的にプロトプラストが調製可能
製品コード メーカー
略称
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書、CoA
データシート
ベクター情報
参考資料 カート
Takara Code
T030

OZK

大関(株)
Yatalase -Plus-
2 g ¥40,000
説明書・データシート・ベクター情報
T030
T030B

OZK

大関(株)
Yatalase -Plus-
4 g ¥68,000
説明書・データシート・ベクター情報
T030B
カートにいれる

WEB会員ログインが必要です

製品説明

本製品は、キチナーゼ、キトビアーゼ、α-1,3-グルカナーゼを主体とした複合酵素剤である。
  • キチナーゼ、キトビアーゼ、α-1,3-グルカナーゼ活性を有する。
  • 単独で糸状菌のプロトプラストを調製できる。Yatalase(製品コード T017)ではプロトプラスト化が難しい黒麹菌などの糸状菌も、効率的にプロトプラスト化することができる。

保存

4℃、乾燥状態で保存

形状

凍結乾燥粉末(賦形剤として乳糖を含む)

酵素活性

キチナーゼ活性: 50 U/g powder 以上
キトビアーゼ活性:500 U/g powder 以上
α-1,3-グルカナーゼ活性: 20 U/g powder 以上

活性の定義

[キチナーゼ活性]
37℃、pH6.0において0.5%キチン溶液から1分間に1 μmolのN -Acetylglucosamineを遊離する酵素活性を1 Uとする。

[キトビアーゼ活性]
37℃、pH6.0 において5 mM N-acetyl-β-D-glucosaminide溶液から1分間に1 μmolのp-Nitrophenolを遊離する酵素活性を1 Uとする。

[α-1,3-グルカナーゼ活性]
30℃、pH6.0において2% α-1,3-glucan懸濁液から1分間に1 μmolのグルコースを遊離する酵素活性を1 Uとする。

一般的性質

至適pH:pH6.0
至適温度:30℃
pH-活性、安定性曲線
図1 pH-活性、安定性曲線
(pH安定性:指定のpHで酵素液を1時間置いた後の活性)
温度-活性、安定性曲線
図2 温度-活性、安定性曲線
(温度安定性:指定の温度で酵素液を1時間置いた後の活性)

活性:A. luchuensis菌体のプロトプラスト形成効率(プロトプラスト数/菌体g)

各種Aspergillus属に対するプロトプラストの形成

菌株プロトプラスト形成
YatalaseYatalase -Plus-
Aspergillus oryzae
Aspergillus niger×
Aspergillus luchuensis×
Aspergillus sojae
Aspergillus nidulans
Aspergillus kawachii×
Aspergillus aculeatus×
Yatalase -Plus-はYatalase(製品コード T017)ではプロトプラスト化が難しい黒麹菌などの糸状菌にも使用できる。

本製品は大関株式会社で製造されたものです。
注意事項
  • 本ページの製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。