この画面を閉じる

Application

Bacillus cereus (CRS gene) PCR Detection Kit

各種菌体熱抽出液を用いたテスト

セレウリド合成酵素 (CRS) 遺伝子と、セレウス菌 (B. cereus) およびその類似菌 (B. thuringiensis, B. anthracis) が保有するレシチナーゼ遺伝子 (LE) を、それぞれCRSプライマー、LEプライマーを用いて一本のチューブ内で同時にPCR増幅することにより、セレウリドを産生するセレウス菌を同定する。インターナルコントロールも同時に増幅するため、偽陰性の判定も可能である。増幅産物はアガロース電気泳動により検出する。
M. 100 bp Ladder Marker
1. Bacillus subtilis
2. Bacillus thuringiensis
3. 嘔吐毒素 (セレウリド) 非産生性Bacillus cereus
4. 嘔吐毒素 (セレウリド) 産生性Bacillus cereus

426 bp:セレウリド合成酵素遺伝子
227 bp:レシチナーゼ遺伝子
106 bp:Internal control

セレウリド産生性セレウス菌の場合 (レーン4) では、CRS遺伝子、レシチナーゼ遺伝子およびインターナルコントロールに由来する3つのバンドが現れる。
この画面を閉じる