この画面を閉じる

Application

TaKaRa PCR Carryover Prevention Kit

増幅産物のキャリーオーバーに対する効果の確認

【方法】本製品の操作法に従い、ヒトゲノムDNA10 ngを鋳型として約500 bpのPCR増幅を行った(PCR 1回目)。次に、このPCR増幅産物2 μlを鋳型としてUNG処理有り、無しの両方で1回目と同様のPCR増幅を行い(PCR 2回目)、キャリーオーバーに対する効果を確認した。
【結果】2回目のPCRでUNGを添加しなかった場合には、1回目のPCR産物を鋳型としたPCR増幅が認められたが、2回目のPCRでUNGを添加した場合には、PCR増幅は認められず、キャリーオーバーに対する抑制効果が確認できた。
1.100 bp DNA Ladder
2.UNG処理無しの2nd PCR産物
3.UNG処理有りの2nd PCR産物
この画面を閉じる