この画面を閉じる

Application

Tks Gflex™ DNA Polymerase

Tks Gflex™の正確性

GC richで変異が入りやすいThermus thermophilus HB8ゲノムDNAを鋳型として、任意に選択した10領域(増幅サイズはそれぞれ約500 bp)をPCR増幅後、ベクターにクローニングし、各配列について複数クローンをピックアップしてシーケンシングにより塩基配列を確認した。解析した総塩基数に対するエラー塩基数から、mutant frequencyを求めた。
PrimeSTAR Max0.0022% (12 / 542,580)
PrimeSTAR HS0.0031% (15 / 484,429)
PrimeSTAR GXL0.0062% (30 / 486,923)
Pfu DNA Polymerase 0.0065% (13 / 199,186)
Tks Gflex0.0131% (42 / 320,204)
A 社高効率酵素0.0188% (64 / 340,525)
rTaq DNA Polymerase0.0400% (64 / 159,994)
(弊社比較データ)
Tks Gflex DNA Polymeraseでは、解析した総塩基数320,204に対し、エラーは42塩基だった。

Tks Gflex DNA Polymeraseの製品ページへ
この画面を閉じる