この画面を閉じる

Application

HRV 3C Protease

Cleavage Control Fusion Protein を基質とした場合の実験例

HRV 3C Protease(製品コード 7360)
10 μgのCleavage Control Fusion Proteinをプロトコールの「溶液での切断」に従って、4℃で16時間で反応を行った。反応後、TALON Metal Affinity ResinおよびTALON 2 ml Disposable Gravity Columnを用いて精製を行った。TALON Resinのフロースルー、Wash画分、溶出画分のSDS-PAGEを行い、GSTと、HNタグ融合TFおよびHRV 3C Proteaseの分離を確認した。

12% SDS-PAGE LabSafe GEL Blue(製品コード 786-35)で染色

M:Protein Molecular Weight Marker(Broad)(製品コード 3452)
Lane 1:Cleavage Control Fusion Protein(76 kDa)
Lane 2:HRV 3C Proteaseで切断後の反応液;GST(24 kDa)、HN 融合TF(52 kDa)、HRV 3C
 Protease(22 kDa)が含まれる。
Lane 3:TALON Resinフロースルー
Lane 4:TALON Resin Wash画分;GSTが含まれる。
Lane 5 - 8:TALON Resin溶出画分;HNタグ融合TFおよびHRV 3C Proteaseが含まれる。

Cleavage Control Fusion Protein の構造


この画面を閉じる