この画面を閉じる

Application

Cellartis® DEF-CS™ 500 Culture System

お客様の実施例:ヒト疾患由来iPS細胞への遺伝子導入とシングルセルクローニング


図1. AcGFP1発現ヒト疾患iPS細胞クローン

図2. 神経細胞へ分化したiPS細胞クローン
【材料と方法】
Cellartis DEF-CS 500 Culture System(製品コード Y30010)で未分化維持培養したヒト疾患由来iPS細胞に、pLVSIN-EF1α-AcGFP1-N1 Vector(製品コード 6189)Lentiviral High Titer Packaging Mix(製品コード 6194)により産生したAcGFP1発現レンチウイルスベクターを用いて遺伝子導入し、シングルセルクローニングを実施した。単離したiPS細胞クローンは神経細胞への分化誘導実験に供した。
【結果】
AcGFP1遺伝子を導入したiPS細胞クローンを取得した(図1)。 得られたクローンは神経細胞への分化誘導が可能であった(図2)。
データのご提供:東京女子医科大学 統合医科学研究所
この画面を閉じる