PrimeSTAR®シリーズの使用文献紹介

タカラバイオ高正確性PCR酵素
PrimeSTAR®シリーズ

「高い正確性」と「良好な反応効率」を両立するPrimeSTARシリーズは様々な分野で活躍しています。
本ページではその一部をご紹介いたします。

動画紹介(TGSビデオにも登場しています)

TGS「Asiatic black bears」
TGS「Genetic Disease」
ツキノワグマの生息数を推測するため、PrimeSTAR GXLを用いたマルチプレックスPCRで熊の体毛10本から個体識別できる手法が開発されました。 新生児の遺伝病NOMIDの診断には、わずかな遺伝子変異の検出が必要です。タカラバイオの高正確性PCR酵素PrimeSTAR GXLで増幅し、NGS解析を行うことで、1%の疾患遺伝子を99.9%以上の正確性で検出できました。


他にもタカラバイオ・クロンテック製品が使用されたケースを動画にてご紹介しています。
動画一覧は動画ライブラリーをご覧ください。

さまざまな分野での活躍(使用文献)

各分野において、PrimeSTARを使用した文献が続々と報告されています。

PrimeSTARを使用した文献 NGS ヒト遺伝子 がん研究 トランスレーショナルリサーチ(TR)

各分野での使用例をご紹介!以下のリンクよりご覧ください。
NGS(Next Generation Sequencing) TR(Translational Research) ヒト遺伝学研究 がん研究

News

アメリカ国立癌研究所の今清水先生の研究グループが、弊社の高正確性PCR酵素PrimeSTAR Max DNA Polymeraseと高性能逆転写酵素PrimeScript RTaseを用いてRNET-seqという方法を開発し、ゲノムワイドに転写のerrorとpausingを直接検出することにはじめて成功され、論文を発表されました。 先生からは「タカラの高精度の酵素は成功のひとつのカギです」といううれしいコメントをいただいています。

今清水先生の論文は以下のリンクよりご覧いただけます。

Imashimizu, M., Takahashi, H., Oshima, T., McIntosh, C., Bubunenko, M., & Kashlev, M. (2015).
Visualizing translocation dynamics and nascent transcript errors in paused RNA polymerases in vivo.
Genome biology. 16(1), 98.

その他

PrimeSTARシリーズの詳細は、PrimeSTARシリーズの基本的な特長をご覧ください。
各製品の性能比較を掲載しています。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ