PrimeSTAR®シリーズの使用文献紹介

タカラバイオ高正確性PCR酵素
PrimeSTAR®シリーズ

「高い正確性」と「良好な反応効率」を両立するPrimeSTAR PCR酵素シリーズは様々な分野で活躍しています。
本ページではその一部をご紹介いたします。

動画紹介(That's Good Science!™(TGS)ビデオにも登場しています)

TGS「Asiatic black bears」

ツキノワグマの生息数を推測するため、PrimeSTAR GXLを用いたマルチプレックスPCRで熊の体毛10本から個体識別できる手法が開発されました。

TGS「Genetic Disease」

新生児の遺伝病NOMIDの診断には、わずかな遺伝子変異の検出が必要です。タカラバイオの高正確性PCR酵素PrimeSTAR GXLで増幅し、NGS解析を行うことで、1%の疾患遺伝子を99.9%以上の正確性で検出できました。



他にもタカラバイオ・クロンテック製品が使用されたケースを動画にてご紹介しています。
動画一覧は動画ライブラリーをご覧ください。

さまざまな分野での活躍(使用文献)

各分野において、PrimeSTARを使用した文献が続々と報告されています。

PrimeSTARを使用した文献 NGS ヒト遺伝子 がん研究 トランスレーショナルリサーチ(TR)
各分野での使用例をご紹介!以下のリンクよりご覧ください。
NGS(Next Generation Sequencing) TR(Translational Research) ヒト遺伝学研究 がん研究

■NGSにおけるAmplicon調製での使用例

  • PrimeSTAR GXL DNA Polymeraseを用いてPKD1およびPKD2領域から2.3-10.8 kbのAmpliconを調製。常染色体優性多発性嚢胞腎の原因とされる突然変異をMiseqで解析
    Tan, Adrian Y., et al. (2014). Molecular diagnosis of autosomal dominant polycystic kidney disease using next-generation sequencing. The Journal of Molecular Diagnostics, 16(2), 216-228.
  • CAGの3塩基繰り返し配列を含む1.5 kb断片をPrimeSTAR GXL DNA Polymeraseで増幅しライブラリ調製に使用。PacBioでlong-read sequencing解析を実施
    Liu, Qian, et al. (2017). Interrogating the“unsequenceable”genomic trinucleotide repeat disorders by long-read sequencing. Genome medicine, 9(1), 65.
  • Neuronal mtDNA(ミトコンドリアDNA)の特定領域9 kbをPrimeSTAR GXL DNA Polymeraseで増幅、HiSeq 2500でdeep sequencingし、これまでにない高感度でmtDNAの欠失を検出した。
    Nido, Gonzalo S., et al. (2018). Ultradeep mapping of neuronal mitochondrial deletions in Parkinson's disease. Neurobiology of aging, 63, 120-127.
  • PrimeSTAR GXL DNA PolymeraseとTaKaRa LA Taqを用いてHLA class I領域の全長およびHLA class IIの特定領域を増幅、PacBioで配列決定し、HLA typingを行った。
    Turner, Thomas R., et al. (2017). Single molecule real‐time DNA sequencing of HLA genes at ultra‐high resolution from 126 International HLA and Immunogenetics Workshop cell lines. HLA.
  • Red-Eared Slider Turtle(ミシシッピアカミミガメ)のAromatase遺伝子領域をPrimeSTAR GXL DNA Polymeraseでnested PCR(25 kb → 9 kb、10 kb、10 kbの3断片)。3断片からライブラリ調製し、Miseqで配列解析
    Matsumoto, Yuiko, and David Crews. (2017). Genetic Polymorphisms in Aromatase (cyp19a1) Are Not Associated with Gonadal Phenotypes in Red-Eared Slider Turtle Hatchlings Developed at a Pivotal Temperature. Sexual Development, 11(3), 151-160.

News

アメリカ国立癌研究所の今清水先生の研究グループが、弊社の高正確性PCR酵素PrimeSTAR Max DNA Polymeraseと高性能逆転写酵素PrimeScript RTaseを用いてRNET-seqという方法を開発し、ゲノムワイドに転写のerrorとpausingを直接検出することにはじめて成功され、論文を発表されました。 先生からは「タカラの高精度の酵素は成功のひとつのカギです」といううれしいコメントをいただいています。

今清水先生の論文は以下のリンクよりご覧いただけます。

Imashimizu, M., Takahashi, H., Oshima, T., McIntosh, C., Bubunenko, M., & Kashlev, M. (2015).
Visualizing translocation dynamics and nascent transcript errors in paused RNA polymerases in vivo.
Genome biology. 16(1), 98.

その他

PrimeSTARシリーズの詳細は、PrimeSTARシリーズの基本的な特長をご覧ください。
各製品の性能比較を掲載しています。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ