ゲノムの制限酵素処理に

制限酵素Genome DNA Analysis Grade

  • ●Genome DNA Analysis

QC用Genome DNA一覧表・完全分解必要酵素量一覧表

各種Genome DNAを制限酵素で切断し、そのGenome DNAを解析する場合、その解析に適した制限酵素はGenome DNAの種類によって多種多様である。タカラバイオでは、各種Genome DNAの解析に適している制限酵素を選定し、その酵素で各Lotごとに適当なBacterial Genome DNA(Agarose embedded、0.5 μg DNA/50 μl Gel)に対して、20~150 Uの制限酵素を加えて24時間反応させ、その後パルスフィールド電気泳動を行い、DNA泳動パターンに乱れがないことを確認している。また、QC用Bacterial Genome DNAの完全分解に必要な酵素量を求めた。各酵素について、5、10、20、50 Uの酵素を5時間および20時間反応させ、それぞれの酵素の必要最小量を測定した。

QC用Genome DNA一覧表 完全分解必要酵素量一覧表
制限酵素名 認識配列*1 QC用Genome DNA 反応液*2 反応温度(℃) 完全分解に必要な酵素(U)
5時間反応 20時間反応
Aat II GACGTC Staphylococcus aureus T+BSA 37 50 5
Aor51H I AGCGCT Staphylococcus aureus M 37 50 20
Bgl I GCCNNNNNGGC Staphylococcus aureus Basal 37 10 5
Bln I CCTAGG Escherichia coli K 37 5 5
BspT104 I TTCGAA Arthrobacter luteus L 37 40 5
BssH II GCGCGC Staphylococcus aureus M 50 5 5
Bst 1107 I GTATAC Arthrobacter luteus K 37 5 5
Cla I ATCGAT Arthrobacter luteus M 30 50 20
Cpo I CGGWCCG Staphylococcus aureus K 30 5 5
Dra I TTTAAA Pseudomonas aeruginosa M 37 100*3 100*3
Eco 52 I CGGCCG Staphylococcus aureus Basal 37 10 5
Mlu I ACGCGT Staphylococcus aureus H 37 5 5
Mun I CAATTG Arthrobacter luteus M+BSA 37 5 5
Nae I GCCGGC Staphylococcus aureus L 37 50 50
Nhe I GCTAGC Arthrobacter luteus M 37 50 20
Not I GCGGCCGC Escherichia coli H+BSA+Triton 37 5 5
Nru I TCGCGA Staphylococcus aureus Basal 37 50 5
Nsb I TGCGCA Arthrobacter luteus T+BSA 37 5 5
PshB I ATTAAT Pseudomonas aeruginosa Basal 37 5 5
Psp 1406 I AACGTT Arthrobacter luteus T+BSA 37 5 5
Pvu I CGATCG Flavobacterium okeanokoites K+BSA 37 50 5
Sac II CCGCGG Staphylococcus aureus T+BSA 37 10 5
Sal I GTCGAC Staphylococcus aureus H 37 150 50
Sfi I GGCCNNNNNGGCC Escherichia coli M 50 100 50
Sma I CCCGGG Staphylococcus aureus T+BSA 30 5 5
SnaB I TACGTA Arthrobacter luteus Basal 37 10 10
Spe I ACTAGT Escherichia coli M 37 50 20
Sse8387 I CCTGCAGG Staphylococcus aureus M+BSA 37 5 5
Ssp I AATATT Arthrobacter luteus Basal 37 5 5
Smi I ATTTAAAT Escherichia coli H 30 50 5
Xba I TCTAGA Escherichia coli M+BSA 37 50 30
Xho I CTCGAG Escherichia coli H 37 50 30

*1 W:A or T、N:A or C or G or T
*2 0.5 μg DNA/50 μl Gel + 100 μl反応液
*3 Dra I は、Agarose Gel中では、反応がきわめて進行しにくい。そこで、まず適当量を添加し、4℃で16時間放置する。その後、37℃に移し、5時間あるいは20時間反応を行った。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ