バキュロウイルス力価(ゲノムDNAコピー数)を約4時間で測定

BacPAK™ qPCRタイター測定キット

  • バキュロウイルス力価(ゲノムDNAコピー数)を約4時間で測定
  • 細胞回収、力価測定、感染までが1日で完了
  • AcMNPV由来のバキュロウイルスを測定可能
  • 正確な力価でより一貫性のある感染実験が可能
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 631414 Z1414N BacPAK™ qPCR Titration Kit
  • ライセンス
200回 ¥81,400
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

BacPAK qPCR Titration Kitは素早いウイルスDNA精製ステップとSYBR Green IによるqPCR(定量PCR、リアルタイムPCR)法を組み合わせて、迅速かつ簡便にバキュロウイルス力価(ゲノムDNAコピー数)の測定を行うキットである。一般的なウイルス力価測定法では最長10日間を要するのに対し、本キットを用いるqPCR力価測定法ではわずか4時間で結果が得られ、すべてのAcMNPV由来のバキュロウイルスを測定可能である。ウイルスの回収から標的細胞への感染までの時間を大幅に短縮することができ、これらの一連の作業を1日のうちに終えることができる。力価測定結果が直ちに得られるため、ウイルスストックの力価の低下を招くことなく、正確な感染多重度(MOI)で標的細胞に感染させ、再現性の高い結果を得ることができる。

一貫性のあるウイルス感染操作を可能に!

バキュロウイルスによる遺伝子発現システムの主要な利点は、標的細胞に感染するウイルスの数をMOIにより調整することでタンパク質の発現レベルを制御できることである。そのためには、上清中のウイルスの感染単位(PFU、FFU、IFU)を正確に把握することが重要である。もし感染時にウイルスが少なすぎると発現レベルが低下し、多すぎると細胞の育成に悪影響が生じる場合がある。qPCR Titration Kitを用いて得られる力価(ウイルスゲノムDNAコピー数)と、他の力価測定方法で得られる感染力価の相関をあらかじめ求めておけば、本キットで迅速に得られた結果から適切にMOIを調整することができ、安定したバキュロウイルス感染実験が可能となる。
時間のかかる力価測定法では、長期のウイルスストックの保存や凍結融解の繰り返しを余儀なくされるため、予想外の力価の低下や経時的な低下分を見積もった上で、力価を算出してMOIを決める必要があった。qPCRによる力価測定法は、DNA力価をわずか4時間で正確に測定できるので、細胞からのウイルス調製、力価測定、ウイルスの標的細胞への感染までを1日のうちに行える。そのため、調製したウイルスを最高の力価で使用でき、最も高い効率での感染が可能になる。

qPCR力価測定法

BacPAK qPCR Titration Kitでは、SYBR Green IによるリアルタイムPCRを行い、濃度既知のコントロールDNAの段階希釈液を用いて作成した検量線から、サンプルのバキュロウイルスゲノムDNAコピー数を算出する。(図2)。
各種リアルタイムPCR装置で使用でき、ユーザーマニュアルではMx3000P(Agirent)、ABI 7500 Fast、ABI PRISM 7000(Thermo Fisher Scientific社)、LightyCycler(Roche)、Thermal Cycler Dice Real Time System(製品コード TP800)などでのプロトコールを紹介している。

操作が簡単で再現性が高く、処理時間が短いため、本キットによる力価測定法は理想的なバキュロウイルス力価測定法である。


図1. BacPAK qPCR Titration Kitの操作手順


図2. BacPAK qPCR Titration Kitによる力価測定法は広い範囲の測定濃度をカバー
パネルA:108~103コピーのBacPAK DNA Control Template段階希釈液を鋳型とした増幅曲線。NTC(No-Template-Control)のバックグラウンドは低く、6オーダーで測定が可能である。
パネルB:パネルAの結果から作成した検量線は良好な直線性を示した(R2=1.000、Eff=100.7%)。

内容

BacPAK qPCR Titration Kit
(製品コード 631414)
BacPAK qPCR Titration Kit Components
・BacPAK DNA Control Template (1.4×108copies/μl)
・BacPAK Forward Titer Primer (10 μM)
・BacPAK Reverse Titer Primer (10 μM)
・EASY Dilution Buffer (1 ml per tube)
SYBR Advantage qPCR Premix(製品コード 639676)
・2× SYBR Advantage qPCR Premix (0.625 ml per tube)
・50× ROX Reference Dye LSR
・50× ROX Reference Dye LMP
NucleoSpin Virus Kit(10回)
・Lysis Buffer RAV1
・Wash Buffer RAW
・Wash Buffer RAV3 (Concentrate)
・RNase-free H2O
・Elution Buffer RE (5 mM Tris/HCl, pH 8.5)
・Carrier RNA (lyophilized)
・Proteinase K (lyophilized)
・Proteinase Buffer PB
・NucleoSpin Virus Columns (dark blue rings, plus Collection Tubes) ・Collection Tubes (2 ml capacity)

ウェル間の蛍光シグナルの補正を行う装置で解析する場合に使用します。
  • ROX Reference Dye LSRを添加する機種
    光源がレーザーの機種  :Applied Biosystems 7300 Real-Time PCR System (Thermo Fisher Scientific社) など
    (注意)StepOne/ StepOnePlus Real-Time PCR System(Thermo Fisher Scientific社)はLED光源ですが、ROX Reference Dye LSRをご使用ください。
  • ROX Reference Dye LMPを添加する機種
    光源がLamp またはLEDの機種 :Applied Biosystems 7500/7500 Fast Real-Time PCR System(Thermo Fisher Scientific社) など

保存

BacPAK qPCR Titration Kit Components:-20℃
SYBR Advantage qPCR Premix:-70℃ で遮光保存(融解後は、4℃で遮光保存)
NucleoSpin Virus Kit:室温

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ