ベクター調製が短時間で簡単!発現の難しいタンパク質の収量アップに!

flashBAC™ バキュロウイルス発現システム

  • プラーク精製が不要なワンステップの発現ベクター構築
  • ウイルスストックが短期間で取得可能(7~10日)
  • タンパク質発現量の程度に合わせて3種類のラインナップをご用意
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
MIR MIR6115 V6115 flashBAC™ Baculovirus Expression System
  • 取寄
5回 ¥47,000
トランスフェクション試薬TransIT-Insectをプレゼント中
説明書・データシート・ベクター情報
MIR MIR6120 V6120 flashBAC™ Baculovirus Expression System
  • 取寄
24回 ¥188,000
トランスフェクション試薬TransIT-Insectをプレゼント中
説明書・データシート・ベクター情報
MIR MIR6125 V6125 flashBAC™ GOLD Baculovirus Expression System
  • 取寄
5回 ¥110,000
トランスフェクション試薬TransIT-Insectをプレゼント中
説明書・データシート・ベクター情報
MIR MIR6130 V6130 flashBAC™ GOLD Baculovirus Expression System
  • 取寄
24回 ¥440,000
トランスフェクション試薬TransIT-Insectをプレゼント中
説明書・データシート・ベクター情報
MIR MIR6135 V6135 flashBAC™ ULTRA Baculovirus Expression System
  • 取寄
5回 ¥126,000
トランスフェクション試薬TransIT-Insectをプレゼント中
説明書・データシート・ベクター情報
MIR MIR6140 V6140 flashBAC™ ULTRA Baculovirus Expression System
  • 取寄
24回 ¥504,000
トランスフェクション試薬TransIT-Insectをプレゼント中
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

flashBAC Baculovirus Expressionシステムは、組換えバキュロウイルスを作製するためのウイルスDNAとコントロールトランスファープラスミドのセットである。
Autographa californica nucleopolyhedrovirus(AcMNPV)のゲノムから必須遺伝子ORF1629を欠失させ、昆虫細胞内で非組換ウイルスが複製されないようにしているため、組換えウイルスをプラーク精製する必要がない。さらに、キチナーゼ遺伝子(chiA)を欠損することにより、組換え分泌タンパク質や膜タンパク質を非常に効率良く生成できる。
flashBAC GOLD Baculovirus Expression System(製品コード MIR6125、MIR6130)とflashBAC ULTRA Baculovirus Expression System(製品コード MIR6135、MIR6140)では、非必須遺伝子を欠失させることにより、発現タンパク質の品質と量を改善している。
本システムでは、AcMNPVポリヘドリン遺伝子部位へbacterial artificial chromosome (BAC)を挿入することにより、ウイルスDNAを大腸菌内で環状ゲノム状態で維持可能である。
システム特徴
flashBAC基本システム。AcMNPVのキチナーゼ遺伝子を欠損することにより、タンパク質発現や分泌が改善されている。ほとんどの核や細胞質タンパク質の発現に適している。
flashBAC GOLDキチナーゼに加えてカテプシンプロテアーゼ遺伝子を欠損しているため、膜タンパク質や分泌タンパク質の高発現に加えて、分解を受けやすいタンパク質の発現にも適している。
flashBAC ULTRAキチナーゼ、カテプシン、p10, p74, p26遺伝子を欠損させた最新型flashBACベクターである。核、細胞質、膜、分泌タンパク質で発現が困難なタンパク質の発現に適している。

flashBACシステムで組換えバキュロウイルスを作製するためには、昆虫細胞、トランスファープラスミド、トランスフェクション試薬などが必要である。昆虫細胞(sf9、sf21)へflashBAC DNAと目的遺伝子を含むトランスファープラスミド(pBacPAK8、pBacPAK9、pOET1、pOET1C_6xHIS、pOET6など)を、TransIT-Insect Transfection Reagent(製品コード MIR6104)などのトランスフェクション試薬を使用して導入する。昆虫細胞内での相同組換えにより、目的遺伝子は、ポリヘドリンプロモーター下流へ挿入される。その結果、ORF1629遺伝子の機能が回復し、ウイルスDNAの複製とウイルス粒子作製が起こる。産生されたバキュロウイルスは、昆虫細胞の培養液から直接回収できる。

★本システムで使用可能なトランスファープラスミドはこちら


flashBACシステムによる組換えバキュロウイルス作製

内容

製品コード製品名コンポーネント名濃度容量
MIR6115flashBAC(5回)flashBAC DNA20 ng/μl25 μl
Control Transfer Plasmid (pAcRP23-lacZ) 100 ng/μl5 μl
MIR6120flashBAC(24回)flashBAC DNA20 ng/μl120 μl
Control Transfer Plasmid (pAcRP23-lacZ) 100 ng/μl25 μl
MIR6125flashBAC GOLD(5回)flashBAC GOLD DNA20 ng/μl25 μl
Control Transfer Plasmid (pAcRP23-lacZ) 100 ng/μl5 μl
MIR6130flashBAC GOLD(24回)flashBAC GOLD DNA20 ng/μl120 μl
Control Transfer Plasmid (pAcRP23-lacZ) 100 ng/μl25 μl
MIR6135flashBAC ULTRA(5回)flashBAC ULTRA DNA20 ng/μl25 μl
Control Transfer Plasmid (pAcRP23-lacZ) 100 ng/μl5 μl
MIR6140flashBAC ULTRA(24回)flashBAC ULTRA DNA20 ng/μl120 μl
Control Transfer Plasmid (pAcRP23-lacZ) 100 ng/μl25 μl

保存

flashBAC DNA:4℃
Control Transfer Plasmid (pAcRP23-lacZ):-20℃

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ