線維芽細胞用培地 3(Fibroblast Medium 3)

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
PCI C-23130 D12048 線維芽細胞増殖培地3キット:Fibroblast Growth Medium 3 Kit
  • 取寄
500 ml ¥22,000
詳細はこちらをご覧ください。
PCI C-23025 D12043 線維芽細胞増殖培地3:Fibroblast Growth Medium 3 (Ready-to-use)
  • 取寄
500 ml ¥21,000
詳細はこちらをご覧ください。
PCI C-23230 D12055 線維芽細胞基本培地3:Fibroblast Basal Medium 3
  • 取寄
500 ml ¥19,000
詳細はこちらをご覧ください。
PCI C-23235 D12056 線維芽細胞基本培地3(フェノールレッド不含):Fibroblast Basal Medium 3, phenol red-free
  • 取寄
500 ml ¥19,000
詳細はこちらをご覧ください。
PCI C-39350 D13041 線維芽細胞増殖培地3 SupplementPack:Fibroblast Growth Medium 3 SupplementPack
  • 取寄
1 pack ¥12,000
詳細はこちらをご覧ください。
PCI C-39345 D13040 線維芽細胞増殖培地3 SupplementMix:Fibroblast Growth Medium 3 SupplementMix
  • 取寄
1 Set ¥12,000
詳細はこちらをご覧ください。

保存

増殖培地・キット:基本培地は4℃で暗所保存。SupplementMix/SupplementPackは-20℃保存。
基本培地とSupplementを混合後は4℃で6週間保存可能(凍結不可)。使用前には必要量を分注して保温。残りの培地は4℃で保存する。
基本培地:4℃で暗所保存(凍結不可)
添加因子セット
(SupplementMix/SupplementPack)
:-20℃保存

線維芽細胞増殖培地3キット:Fibroblast Growth Medium 3 Kit(製品コード C-23130)

Fibroblast Basal Medium 3(製品コード C-23230)とFibroblast Growth Medium 3 SupplementPack(製品コード C-39350)のセット品である。

線維芽細胞増殖培地3:Fibroblast Growth Medium 3 (Ready-to-use)(製品コード C-23025)

Fibroblast Basal Medium 3(製品コード C-23230)とFibroblast Growth Medium 3 SupplementMix(製品コード C-39345)のセット品である。

添加因子セット

SupplementPackは、各添加因子が別々のバイアルに分注されたセット品である。
SupplementMixは、添加因子が1本のバイアルに混合された製品である。

概要

線維芽細胞増殖培地3は成人の心臓線維芽細胞(Human Cardiac Fibroblast:HCF)をin vitroで培養するために開発された培地である。
この培地はヒト初代細胞用に最適化されているが、ブタ心臓線維芽細胞にも使用することができる。

表1. 添加因子の終濃度(培地への添加後)

対応PromoCell細胞

マイコプラズマ対策ガイド

マイコプラズマ対策は細胞培養を行う上で必須です。
本ガイドでは、マイコプラズマ対策にご使用いただけるおすすめ製品をご紹介しています。
マイコプラズマ対策ガイド

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ