Pyrithiamine耐性形質転換システム

概要

Pyrithiamine耐性形質転換システムは、チアミンアナログであるPyrithiamine(PT)と、その耐性遺伝子を選択マーカーとして含むベクターを組み合わせた形質転換システムである。薬剤耐性形質による選択のため、栄養要求性マーカーを必要とせず、PTに感受性を示す野生株の麹菌Aspergillus oryzaeを始めとしてA. nigerA. terreusA. fumigatusなどAspergillus属真菌に広く利用可能である。
A. oryzaeの場合、最終濃度0.1 μg/mlで選択可能である。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ