Retro-X™ Qベクター

  • 5’LTRのプロモーターの最適化により、他のレトロウイルスベクターより高いウイルス力価を実現
  • プロモーター干渉の排除による信頼性の高い発現レベル
  • 自己不活性化レトロウイルスベクター
  • 選択マーカーとして薬剤耐性遺伝子を搭載。蛍光タンパク質融合発現タイプも用意
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別)
キャンペーン価格
特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 631516 Z1516N Retro-X™ Q Vector Set
  • ライセンス
20 μg×4 ¥147,300
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631514 Z1514N pQCXIN Retroviral Vector
  • ライセンス
20 μg ¥99,900
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631515 Z1515N pQCXIX Retroviral Vector
  • ライセンス
20 μg ¥99,900
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 632505 Z2505N pRetroQ-AcGFP1-N1 Vector
  • クロンテック蛍光タンパク質ベクターディスカウントキャンペーン
  • ライセンス
20 μg ¥87,000
¥29,500
2017/09/20~
2017/09/29

説明書・データシート・ベクター情報
CLN 632506 Z2506N pRetroQ-AcGFP1-C1 Vector
  • クロンテック蛍光タンパク質ベクターディスカウントキャンペーン
  • ライセンス
20 μg ¥87,000
¥29,500
2017/09/20~
2017/09/29

説明書・データシート・ベクター情報
CLN 632507 Z2507N pRetroQ-DsRed-Monomer-N1 Vector
  • クロンテック蛍光タンパク質ベクターディスカウントキャンペーン
  • ライセンス
20 μg ¥87,000
¥29,500
2017/09/20~
2017/09/29

説明書・データシート・ベクター情報
CLN 632508 Z2508N pRetroQ-DsRed-Monomer-C1 Vector
  • クロンテック蛍光タンパク質ベクターディスカウントキャンペーン
  • ライセンス
20 μg ¥87,000
¥29,500
2017/09/20~
2017/09/29

説明書・データシート・ベクター情報
CLN 632567 Z2567N pRetroQ-mCherry-C1 Vector
  • クロンテック蛍光タンパク質ベクターディスカウントキャンペーン
  • ライセンス
10 μg ¥115,400
¥29,500
2017/09/20~
2017/09/29

説明書・データシート・ベクター情報
CLN 632568 Z2568N pRetroQ-mCherry-N1 Vector
  • クロンテック蛍光タンパク質ベクターディスカウントキャンペーン
  • ライセンス
10 μg ¥115,400
¥29,500
2017/09/20~
2017/09/29

説明書・データシート・ベクター情報

※色文字での表示は、キャンペーン価格およびそのキャンペーン期間です。


自己不活性化タイプのRetro-X Q Vectorは高いウイルス力価と確実な発現レベルを実現し、プロモーターの干渉の可能性を少なく するように設計されている(1)。
Q Vector(pQCXI*)は目的遺伝子とともにIRESを介して薬剤耐性遺伝子を発現し(図1)、宿主ゲノムに組み込まれた後で5’LTRに存在するプロモーターを不活性化するように設計されている(図2)。自己不活性化ベクターではプロモーターが干渉し合う可能性が低いため、高い発現が得られる(2~5)。MMLV LTRからは効率の良い転写が起こらない細胞でも確実な発現を示す(6)。
目的タンパク質のN末あるいはC末に蛍光タンパク質を融合して発現するタイプの自己不活性化ベクター(pRetroQ-)も用意している。

図1. Retro-X Q Vectorのマップ
CMV IEプロモーターのすぐ下流に存在するマルチクローニングサイト(MCS)とそれに続く真核生物IRESによって、MCSにクローニングした遺伝子と共に第2のORF(抗生物質耐性マーカーやpQCXIXでは他の遺伝子)が確実に転写される。発現カセットはレトロウイルスの組み込みと発現に必要な要素をすべて備えている。

高いウイルス力価を実現する自己不活性化ベクター

5’LTRに存在するCMV/MSVハイブリッドプロモーターにより、パッケージング段階で高いウイルス力価が得られる。次に宿主ゲノムに組み込まれる際に、3’LTRに存在するU3領域の欠失が5’LTRに複製されるため、5’LTRのプロモーターが不活性化される。その結果、MCSのすぐ上流に位置するCMV IEプロモーターのみから転写が起こる。Retro-X Q Vector Setには、選択用薬剤耐性マーカーの異なる3種類のベクター(Hyg、Puro、Neo)が含まれている。耐性マーカーはIRES(internal ribosome entry site)を介して目的遺伝子と共にバイシストロン性転写産物として発現される。本セットにはコントロール用のLacZ発現ベクター(pQCLIN)も含まれている。

図2. Retro-X Q Vectorの自己不活性化メカニズム
発現カセットのプラス鎖ウイルスRNA(青色)が逆転写される。組み込み時に環状中間体を形成することにより、3’LTRに存在するU3領域の欠失が複製される。これにより5’LTRのCMV/MSVハイブリッドプロモーターが不活性化され、内部プロモーターPCMV IEのみから転写が起こる(図1)。

Retro-X 蛍光タンパク質融合発現ベクター

単量体蛍光タンパク質DsRed-Monomer、AcGFP1またはmCherryをレポーターとして、目的タンパク質のN末あるいはC末に融合発現するレトロウイルスベクターも用意している。これらのベクターのバックボーンもQベクターシリーズに由来しており、高いウイルス力価と確実な発現レベルを実現する自己不活性化タイプである。宿主ゲノムに組み込まれた後は、CMVプロモーターにより蛍光融合タンパク質が高レベルで発現し、PGKプロモーターにより感染陽性細胞の選択のためのピューロマイシン選択マーカーが発現する。(図3)


図3. Retro-X Living Colors Fusion Vectors

Retro-X 蛍光タンパク質融合発現ベクターはトランスフェクションおよび感染のマーカーとして使用でき、フローサイトメトリーや蛍光顕微鏡などのマルチカラーアプリケーションにも適している(図4)。


図4. Retro-X Living Colors Fusion Vectorsの組み合わせは二重安定細胞株の作製に理想的
pRetroQ-DsRed-Monomer-GolgiとpRetroQ-AcGFP1-TubulinのコンストラクトをそれぞれGP2-293細胞にトランスフェクトし、48時間後にVSV-Gエンベロープ型ウイルスを回収した。これらのウイルスストックを用いて、HeLa細胞を同時感染させ、その48時間後に蛍光顕微鏡により感染を可視化した。

内容

Retro-X Q Vector Set
(製品コード 631516)
・pQCXIH Retroviral Vector
・pQCXIN Retroviral Vector
・pQCXIP Retroviral Vector
・pQCLIN Retroviral Vector
・5’pQC Seq/PCR Primer
・3’pQC Seq/PCR Primer

保存

-20℃

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ