高感度のシアル酸分析に

シアル酸蛍光標識用試薬キット

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR 4400 4400 シアル酸蛍光標識用試薬キット
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
  • バルクなど特別対応可能
100回 ¥52,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

本製品は、シアル酸を1,2-diamino-4,5-methylenedioxybenzene(DMB)により、蛍光標識するためのキットである。DMBによるシアル酸の蛍光標識法1, 2)は、簡単で高感度な分析法である。サンプル中の遊離のシアル酸をDMB化し、逆相カラムを用いてHPLC分析することによって定量を行うことができる。サンプルを、あらかじめシアリダーゼ消化や酸加水分解することによって、シアル酸を遊離させておけば、糖タンパク質や糖脂質などの糖鎖に結合しているシアル酸の定量も可能となる。検出限界は57 fmol1, 2)である。
このDMB化による分析と、糖鎖微量分析法であるピリジルアミノ化(PA化)法5, 6, 7)とを組合わせることにより、シアロ糖鎖の微量定量分析が可能となる。



図1 DMB法によるシアル酸の蛍光標識法

内容

1. DMB Solution*1 1 ml×2
2. Coupling Solution(酢酸、
ハイドロサルファイトナトリウムを含む溶液)
5 ml×2
3. Neu5Ac(100 μM) 500 μl

*1 Lotにより若干着色している場合がありますが、性能には影響ありません。

本製品は2016年11月出荷のLot. AG50416Aより、「DMB Solution」および「Coupling Solution」が2-メルカプトエタノールを含まない組成に変更となりました。
そのため本製品は毒物・劇物対象を含まない通常試薬として管理・使用いただけます。
今回の仕様変更による製品性能の変化はなく、これまでと同様にご使用いただけます。さらに保存安定性が向上しました。

保存

-20℃
(注意)DMB Solutionは遮光して保存する。

操作

(1)遊離のシアル酸を含む試料*1(各5 pmol~5 nmol)をスクリューキャップ付1.5 mlチューブに入れる。
*1 試料は50 μl以下にする。また、酸性下での反応のため試料のpHは中性又は酸性になるようにする。
(2)DMB Solution:Coupling Solution:H2O = 1:5:4の混合液*2を調製し、試料に200 μl添加しよく撹拌する。遮光し、50℃にて2時間30分反応させる。
*2 混合した試薬は4℃で保存した場合、一週間は安定である。
(3)氷水中に入れて冷却し、反応を終了させる。
(4)反応液のうち10 μlを逆相カラムを用いたHPLCにて分析する。(励起波長:373 nm、測定波長:448 nm)
また、あらかじめ分析したスタンダードのシアル酸のHPLC Peak Heightより検量線を作成しておき、サンプル中のシアル酸量を求める。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ