small RNAとlarge RNAの同時調製

NucleoSpin® miRNA

  • 動植物組織、培養細胞からsmall RNA(miRNAなど)を含むtotal RNAを精製
  • smallRNAとlargeRNAを分画して精製するoption protocolあり
  • 同時にSDS-PAGEなどに使用可能なタンパク質も調製可能*
  • 有機溶剤を使用しないスピンカラムタイプ
  • NucleoSpin Filters、NucleoSpin Protein Removal Columns、rDNaseなどをセット
NucleoSpin Protein Removal Columns

* タンパク質定量には、Protein Quantification Assay(740967.50)をご利用ください。
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
MNA 740971.10 U0971A NucleoSpin® miRNA
  • 劇物
  • 労働安全衛生法
  • 化学物質排出把握管理促進法(PRTR法)
  • 安全データシート(SDS)添付
10回 ¥9,800
説明書・データシート・ベクター情報 参考資料
MNA 740971.50 U0971B NucleoSpin® miRNA
  • 劇物
  • 労働安全衛生法
  • 化学物質排出把握管理促進法(PRTR法)
  • 安全データシート(SDS)添付
50回 ¥43,500
説明書・データシート・ベクター情報 参考資料
MNA 740971.250 U0971C NucleoSpin® miRNA
  • 取寄
  • 劇物
  • 労働安全衛生法
  • 化学物質排出把握管理促進法(PRTR法)
  • 安全データシート(SDS)添付
250回 ¥204,000
説明書・データシート・ベクター情報 参考資料
MNA 740304 U0304A NucleoSpin® miRNA Column/Buffer Set
  • 取寄
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
1 set ¥28,000

NucleoSpin miRNAはRNA精製用のカラムとして2種類(NucleoSpin RNA Column、NucleoSpin miRNA Column)が同梱されていましたが、Lot. 1708/001以降ではNucleoSpin RNA Column(青色リング)にまとめられました。しかし、NucleoSpin RNA ColumnをNucleoSpin miRNA Columnの代わりに使用することができますので、従来品と同様にご使用いただけます。
また、製品説明書はsmall RNAとlarge RNAを同時に精製するプロトコールのみが記載されています。従来のsmall RNAとlarge RNAを分画して精製するプロトコールは下記のSupplementary protocolをご覧ください。
http://www.mn-net.com/Portals/8/attachments/Redakteure_Bio/Protocols/RNA%20and%20mRNA/SP_NSmiRNA.pdf

製品説明

NucleoSpin miRNAは様々なサンプルからsmall RNA(<200 bases 例:miRNA、pre-miRNA、tRNA、5S RNA)、large RNA(>200 bases 例:mRNA、18S rRNA、28S rRNA、pri-miRNAなど)を合わせて精製するキットである。またその過程でタンパク質を分離精製する事もできる。
さらにoption protocolでsmall RNAとlarge RNAを分画精製することも可能である。
この場合はカラムを2個使用するため精製回数が半分になるが、NucleoSpin miRNA column/Buffer setを購入することで必要なカラムとBufferを追加することができる。

原理シリカメンブレン法
形状ミニスピンカラム
サンプル量~107個 培養細胞、~30 mg 動物組織
~50 mg 植物組織、~150 μl 反応液
精製サイズ>18 nt
回収量10 μg small RNA、95 μg large RNA(HeLa細胞 107個)
溶出液量30~100 μl
精製時間動物組織からsmall RNAとlarge RNAを調製<45分
結合容量200 μg

内容

・Lysis Buffer ML

・Protein Precipitation Buffer MP

・Binding Buffer MX

・Membrane Desalting Buffer MDB

・Reaction Buffer for rDNase

・rDNase, RNase-free(凍結乾燥品)

・Wash Buffer MW1

・Wash Buffer MW2

・RNase-free H2O

・NucleoSpin Filters

・NucleoSpin RNA Columns

・NucleoSpin Protein Removal Columns

・Collection Tube(1.5 ml)

・Collection Tube(2 ml)

・Collection Tube(2 mlフタ付き)

キット以外に必要な試薬

・96~100%エタノール
・酸性フェノール/クロロホルム(pH4.5~4.7):植物組織からのRNA抽出(オプション)
・NucleoZOL、RNAiso PlusなどのRNA抽出試薬(オプション)

輸送

室温

保存

rDNase, RNase-free(凍結乾燥品):4℃
その他:室温

操作手順

用途

  • 動物組織、培養細胞などからsmall RNA、large RNAを並行して精製
  • 植物組織などからsmall RNA、large RNAを並行して精製
  • DICER反応液などからsiRNAとlarge RNAを精製
NucleoSpinはマッハライ・ナーゲル社の登録商標です。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ