動物組織、細胞から迅速にゲノムDNAを精製

NucleoSpin® DNA RapidLyse

  • 動物組織、細胞からのゲノムDNAの迅速精製
  • 新規開発の溶解バッファーで様々な細胞、組織、器官より効率的にゲノムDNA抽出
  • 強力な溶解作用のバッファーを用いて1時間以内で組織溶解処理が可能
  • 高いゲノムDNA収量
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別)
キャンペーン価格
特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
MNA 740100.10 U0100A NucleoSpin® DNA RapidLyse
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
10回 ¥5,600
説明書・データシート・ベクター情報
MNA 740100.50 U0100B NucleoSpin® DNA RapidLyse
  • ゲノムDNA調製
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
50回 ¥18,000
¥12,600
2017/11/27~
2018/02/28

説明書・データシート・ベクター情報
MNA 740100.250 U0100C NucleoSpin® DNA RapidLyse
  • ゲノムDNA調製
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
250回 ¥80,000
¥56,000
2017/11/27~
2018/02/28

説明書・データシート・ベクター情報
MNA 740816.50 U0816A NucleoSpin® Bead Tubes Type F
  • 取寄
50回 ¥17,500
説明書・データシート・ベクター情報
MNA 740469 U0469A MN Bead Tube Holder
1個 ¥5,500
説明書・データシート・ベクター情報

※色文字での表示は、キャンペーン価格およびそのキャンペーン期間です。

製品説明

動物の各器官は、さまざまな種類の細胞や細胞外基質を含む多様性のある組織より成り立っているため、器官からのゲノムDNA精製は困難を伴う作業となる場合が多い。組織に含まれるコラーゲンやプロテオグリカンなどの高分子物質は、器官の溶解を阻害するだけでなく、精製DNAに混入した場合、PCR増幅などの酵素反応にも影響を与える。
NucleoSpin DNA RapidLyseは、器官や細胞から高効率でゲノムDNAを抽出・精製するためのキットである。独自の溶解バッファーの採用により、1時間の溶解反応だけでさまざまな組織や細胞に対応することができ、迅速かつ効率のよい抽出・精製を可能としている。
原理 シリカメンブレン法
形状 ミニスピンカラム
サンプル由来 新鮮、凍結、乾燥、エタノール保存組織
真核培養細胞
動物尾、耳
サンプル量 ~40 mg 新鮮組織、
~106個 培養細胞
回収量 ~4 μg DNA/mg 組織
A260/280 1.7~1.9
溶出液量 60~100 μl
溶解時間 ~60分
精製時間 25分(溶解後)
結合容量 60 μg


溶解ステップを含む作業時間の比較
図1.溶解ステップを含む作業時間の比較
組織溶解を含む標準的な作業時間を本キット(MN)と、S社とQ社競合製品と比較した。本キットは最も短い作業時間でゲノムDNAの精製が可能である。

MN:NucleoSpin DNA RapidLyse
S:S社競合製品
Q:Q社競合製品
(MN社比較データ)

さまざまな組織試料からのDNA回収量の比較
図2.さまざまな組織試料からのDNA回収量の比較
本製品(MN)、S社製品、Q社製品を使用して各組織試料からゲノムDNAを精製し、得られた精製DNA溶液のうち同容量をアガロースゲル電気泳動に供して収量、精製度を比較した。精製作業中の試料の溶解はすべて1時間で行った。
NucleoSpin DNA RapidLyseを用いた精製では、収量が最もよく、精製DNAも分解が少なく高品質であった。
MN:NucleoSpin DNA RapidLyse
S:S社競合製品
Q:Q社競合製品
(MN社比較データ)

内容

・Lysis Buffer RLY
・Binding Buffer RLB
・Wash Buffer RLW (Concentrate)
・Elution Buffer RLE
・Liquid Proteinase K
・NucleoSpin DNA RapidLyse Columns
・Collection Tubes (2 ml)

組成:5 mM Tris-HCl, pH8.5

保存

室温
(Liquid Proteinase K:開封後は4℃または-20℃保存)

本製品以外に必要な試薬、機器(主なもの)

試薬
・96~100%エタノール

器具
・2 mlマイクロチューブ
・1.5 mlマイクロチューブ
・ピペットチップ(滅菌済)
・ピペット
・微量高速遠心機
・ボルテックスミキサー

オプション―肺、脾臓からのゲノムDNA精製
肺、脾臓からDNAを抽出する場合は、以下の機器を用いて試料を機械的に破砕することを推奨する(詳細は取扱い説明書5.2を参照)。
・NucleoSpin Bead Tubes Type F(製品コード 740816.50)
・MN Bead Tube Holder(製品コード 740469)

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ