細胞接着因子フィブロネクチン測定に

Fibronectin EIA Kit

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR MK115 MK115 Fibronectin EIA Kit
  • バルクなど特別対応可能
96回 ¥66,000
Fibronectin EIA Kit(MK015)のプレコートタイプです。
説明書・データシート・ベクター情報
TKR MK021 MK021 Wash and Stop Solution for ELISA without Sulfuric Acid
96 well plate×5 plates分 ¥9,000
説明書・データシート・ベクター情報
TKR MK950 MK950 Personal Microplate Washer
一式 ¥240,000
説明書・データシート・ベクター情報

実験操作動画はこちら

製品説明

フィブロネクチンは分子量約40万の高分子糖タンパク質であり、血液中に大量に存在するとともに、細胞からも合成分泌される細胞接着因子である。細胞表面の特異的レセプター(インテグリン)により認識され、細胞の接着や運動を制御している。本キットは、フィブロネクチンの細胞接着ドメインに対するモノクローナル抗体を用いたEIAキットであり、細胞培養上清中や尿中の微量のフィブロネクチン、あるいはその分解物の定量に有用である。
本キットはプレートにあらかじめ抗体を固定化したプレコートタイプであり、簡便な操作で96アッセイを約3.5時間で完了できる。固相に固定化した抗体はヒトフィブロネクチンに特異的に反応しウシ抗原とは交差反応しないため、ウシ胎児血清を含む培地で培養したヒト細胞の上清をそのまま測定サンプルとして使用することができる。

内容

(96回分)
1. 抗ヒトFNモノクローナル抗体プレート 1枚(96 well:8 well×12 strips)
2. ペルオキシダーゼ標識抗FN抗体 (凍結乾燥品) 11 ml用
3. 標準品 (凍結乾燥品) 1 ml用
4. 検体希釈液 11 ml×2本
5. 基質液 (TMBZ:3, 3', 5, 5'-テトラメチルベンジジン) 12 ml

【注意】本製品は、2010年1月よりStop Solution(1N H2SO4)を含まない仕様に変更になりました。別途、洗浄液成分(10×PBS;50 ml×5本、Tween 20;3 ml)と反応停止液をセットにしたWash and Stop Solution for ELISA without Sulfuric Acid(製品コード MK021)を販売していますのでご利用ください。

保存

4℃

原理

プレコートタイプ2ステップ・サンドイッチELISA法

性能

測定範囲25~800 ng/ml
検出感度25 ng/ml
特異性ヒトフィブロネクチンに特異的
測定時間測定操作 2.5時間
検 体細胞培養上清、尿、血漿、血清
検体量として100 μl/assay wellが必要

測定原理

抗Fibronectin抗体で検体中のFibronectinをとらえた後、もう一つのPOD標識した
抗Fibronectin抗体で検体中のFibronectinフラグメントを検出する。

血清希釈直線性

血漿および血清中のFNは高濃度のため、約100から250倍の希釈が必要となる。一方、尿中のFNの場合、正常群は原液での測定が可能。

3種類の血清検体を用いて希釈曲線を描いた。血清は100倍希釈(希釈倍率0.01)から倍々に段階希釈を実施している。一般に検体測定を実施する場合は血清、血漿を100~250倍すると測定範囲内に入ると思われる。

No.1:y="2".91×104x+14.2 r="0".992
No.2:y="1".71×104x+14.8 r="0".996
No.3:y="2".65×104x+11.8 r="0".998

抗体の認識部位

固相抗体 FN30-8;製品コード M010
標識抗体 FN12-8;製品コード M002

ドメイン構造
1: フィブリン&ヘパリン結合ドメイン
2: コラーゲン結合ドメイン
3: ヘパリン結合ドメイン
4: 細胞結合ドメイン SAS :Synergistic adhesion site
5: ヘパリン結合ドメイン RGDS :Arg-Gly-Asp-Ser
6: フィブリン結合ドメイン CS :Connecting segment


【サーモリシンによるFNの限定分解断片と各モノクローナル抗体認識ドメイン】
クローン番号 ドメイン特異性
(上図参照)
フィブロネクチンに対する細胞の接着への影響 ウシ抗原への交差反応性 ブタ抗原への交差反応性 ウサギ抗原への交差反応性 ラット抗原への交差反応性
FN12-8 細胞結合ドメイン 阻害効果あり
FN30-8 細胞結合ドメイン 阻害効果あり

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ