N末端ブロックタンパク質のN末端シーケンス解析法

精製したタンパク質のN末端一次構造をプロテインシークエンサーを用いて解析しようとした場合、十分なサンプル量があるにもかかわらず一次構造が解析できないことがよくある。多くの場合N末端がアシル基やアルキル基でブロックされているのがその原因であるが、N末端をデブロックすることにより解析する方法が報告されているにもかかわらず、ほとんどの場合は解析をあきらめているのが現状である。
これまでに報告された方法を集約した以下に示すストラテジーにより、タンパク質N末端デブロッキングを高い成功率で行うことができる。

N末端ブロックタンパク質デブロッキングのストラテジー1)

精製タンパク質(SDS-PAGE/Electroblotting、逆相系HPLC etc.)

プロテインシークエンサーによるN末端分析*

不成功

Method I N-formyl基のデブロッキング
不成功

Method II N-pyroglutamyl基のデブロッキング

不成功

Method III N-acetyl基のデブロッキング
*以下に示す一連の操作を行う場合、溶液試料では、まず最初にPVDF膜に試料をドットブロットすることが望ましい。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ