TALON® (Cobalt) レジン-磁気ビーズ

  • ポリヒスチジンタグ融合タンパク質の迅速で簡便な単離
  • TALONの高い親和性と特異性により、目的タンパク質の純度が向上
  • 溶出試料は小容量の使用に理想的
製品コード メーカー
略称
製品名 容量 価格(税別)
キャンペーン価格
特記事項 説明書、CoA
データシート
ベクター情報
参考資料 カート
Takara Code
635636

CLN

Clontech
TALON® Magnetic Beads
タグ融合タンパク質精製(Hisタグ、その他) 労働安全衛生法 安全データシート(SDS)添付
1 ml×2 ¥31,000
¥24,800
2020/11/16~
2021/03/31

説明書・データシート・ベクター情報
Z5636N
635637

CLN

Clontech
TALON® Magnetic Beads
タグ融合タンパク質精製(Hisタグ、その他) 労働安全衛生法 安全データシート(SDS)添付
1 ml×6 ¥71,000
¥56,800
2020/11/16~
2021/03/31

説明書・データシート・ベクター情報
Z5637N
635638

CLN

Clontech
TALON® Magnetic Beads Buffer Kit
タグ融合タンパク質精製(Hisタグ、その他)
1 Kit ¥53,000
¥42,400
2020/11/16~
2021/03/31

説明書・データシート・ベクター情報
Z5638N
631964

CLN

Clontech
Magnetic Stand (2 tubes)
1個 ¥10,000
Z1964N
※色文字での表示は、キャンペーン価格およびそのキャンペーン期間です。
カートにいれる

WEB会員ログインが必要です

製品説明

TALON Magnetic Beadsは、ポリヒスチジンタグ(Hisタグ)融合タンパク質に対する高い親和性と特異性をもつTALON樹脂の利点と磁気ビーズによる簡便な分離法を組み合わせた製品である。磁気ビーズは予めコバルトで荷電されており、Hisタグ融合タンパク質に対してニッケルベースの樹脂より高い特異性を有している。コバルトはTALON独自の四座配位の金属キレーターによりビーズと結合しており、精製中にコバルトが漏出することはない。磁気セパレーターにセットするだけで、マイクロスケールのタンパク質を迅速かつ簡便に分離できる。

高度に特異的な結合と溶出

図1および表1に示した通り、TALON Magnetic Beadsは低分子から高分子までのHisタグ融合タンパク質と高い特異性で結合する。精製タンパク質は小容量(50~200 μl)で溶出され、濃縮試料が得られる(最高 3 mg/mlまで)。TALON Magnetic Beadsは5%懸濁液として提供されており、懸濁液1 ml当たりタンパク質750 μgの結合能が実証されている。


図1. TALON Magnetic Beadsを用いたHisタグ融合タンパク質の精製
Hisタグ融合タンパク質を大腸菌BL21株に発現させ、TALON Extractor Buffer(製品コード 635623)中で抽出した。続いて、200 μlのTALON Magnetic Beads懸濁液を水で洗浄して保存バッファーを除去し、ローディングバッファー(50 mMリン酸ナトリウム、0.3 M NaCl、pH7.2)で平衡化した。抽出液とTALON Magnetic Beadsを室温で30分間(6xHN-AcGFP)、または4℃で60分間(6xHN-LacZ)混和した。ビーズをローディングバッファーで洗浄し、続いて10 mMイミダゾールを添加したローディングバッファーで洗浄した後、250 mMイミダゾールを添加したローディングバッファーを用いてタンパク質を溶出した。
パネルA:TALON Magnetic Beadsによる6xHN-AcGFP精製物のSDS-PAGE分析(4~20%勾配ゲル)。レーン1:E. coli抽出液 レーン2:非吸着画分 レーン3:溶出画分
パネルB:TALON Magnetic Beadsによる6xHN-LacZ精製物のSDS-PAGE分析(4~20%勾配ゲル)。レーン1:E. coli抽出液 レーン2:非吸着画分 レーン3:溶出画分 レーンM:分子量マーカー
SDS-PAGEの結果はどちらのHisタグ融合タンパク質も高度に精製されたことを示している。


表1. TALON Magnetic Beadsを用いたHisタグ融合タンパク質の精製結果
横にスクロールできます
ProteinSample loadedFlowthrouth + washEluate
Protein
(mg)
Fluorescence*1
(RFU)
Protein
(mg)
Fluorescence*1
(RFU)
Protein
(mg)
Fluorescence*1
(RFU)
6xHNAcGFP*2 1.34 15,425 1.18 3,015 0.15 10.750
6xHN LacZ*2 1.23 1.16 0.05
*1:Relative Fluorescence Units (RFU) for 6xHNAcGFP.
*2:200 μl of a 5% suspension of TALON Magnetic Beads was used for each purification.


図2.1.5 mlのマイクロ遠心チューブ用のMagnetic Stand(製品コード 631964)
磁気ビーズと共に、タンパク質精製、免疫沈降、および細胞回収実験に使用できる。

保存

4℃
注意事項
  • 本ページの製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。