リンパ球分離培地1077:Lymphocyte Separation Medium 1077

製品コード メーカー
略称
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書、CoA
データシート
ベクター情報
参考資料 カート
Takara Code
C-44010

PCI

PromoCell社
リンパ球分離培地1077:Lymphocyte Separation Medium 1077
500 ml ¥16,000
説明書・データシート・ベクター情報
D13122
カートにいれる

WEB会員ログインが必要です

製品説明

リンパ球分離培地1077は、全血やバフィーコートから細胞生存率を低下させることなくリンパ球を分離するために最適化された滅菌済みのready-to-useな溶液である。本製品はFicoll 400とジアトリゾ酸ナトリウムをベースとしており、最適な生理的パラメーターが得られる。本製品の密度は20℃で1.077 g/mlである。

<リンパ球分離培地1077を用いた細胞分離方法>
本製品の説明書記載の操作に準じて細胞分離を行った。下記に概略を示す。

3 mlのヘパリン採血した血液に等量の0.1%HSA/PBSを添加して2倍に希釈する。
 ↓
15 ml遠心管に6 ml LSM 1077を入れ、6 mlの上記の希釈血液を静かに重層する。
 ↓
440×g、40分間遠心分離を行う。
 ↓
中間層のバフィーコート層を回収する。
 ↓
10 ml 0.1% HSA/PBSを添加、混和する。
 ↓
360×g、10分間遠心分離を行う。
 ↓
10 ml 0.1% HSA/PBSを添加、混和する。
 ↓
200×g、10分間遠心分離を行う。
 ↓
2 ml 0.1% HSA/PBSを添加、混和する。
 ↓
細胞数を計測する。

回収細胞数
図. 血液3 mlからの回収細胞数
リンパ球分離培地1077(LSM1077)またはA社試薬を用いて3 mlの血液から細胞分離を行った。血液の希釈および洗浄は各試薬のプロトコルに従い、LSM1077には0.1% HSA/PBSを、A社試薬にはPBSを使用した。LSM1077と0.1% HSA/PBSを用いて細胞分離を行った場合、A社試薬を用いた場合の約2倍の細胞を回収することができた。LSM1077は希釈・洗浄にPBSを用いると回収細胞数が減少したものの、A社試薬と比較すると多くの細胞を回収することができた。

保存

室温で暗所保存(凍結不可)

マイコプラズマ対策製品ガイド

マイコプラズマ対策は細胞培養を行う上で必須です。
本ガイドでは、マイコプラズマ対策にご使用いただけるおすすめ製品をご紹介しています。
注意事項
  • 本ページの製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。