BcaBEST™ Isothermal FluorDetect Kit (DNA/RNA)

DNA/RNAどちらの検出も可能な等温増幅核酸検出キット(LAMP検出法)
  • LAMP法による標的核酸の迅速蛍光検出を目的としたキット
  • 等温増幅用酵素としてBcaBEST DNA Polymerase ver.2.0(製品コード RR380A/B)を採用し、Real-Time LAMP/Real-Time RT-LAMP反応に最適化
  • BcaBEST Isothermal Mix (2X)に逆転写酵素をプレミックスしており、鋳型はDNA/RNAどちらにも対応
  • 付属のTB Green Solutionを添加することで、リアルタイムPCR装置などを用いた検出が可能(FAMフィルターでの検出)
製品コード メーカー
略称
製品名 容量 価格(税別)
キャンペーン価格
特記事項 説明書、CoA
データシート
ベクター情報
参考資料 カート
Takara Code
RR385A

TKR

タカラバイオ(株)
BcaBEST™ Isothermal FluorDetect Kit (DNA/RNA)
NEW PCR酵素
100回 ¥50,000
¥40,000
2023/11/27~
2024/03/29

説明書・データシート・ベクター情報
RR385A
RR385B(A×5)

TKR

タカラバイオ(株)
BcaBEST™ Isothermal FluorDetect Kit (DNA/RNA)
NEW PCR酵素
500回 ¥200,000
¥160,000
2023/11/27~
2024/03/29

説明書・データシート・ベクター情報
RR385B(A×5)
RR385S

TKR

タカラバイオ(株)
BcaBEST™ Isothermal FluorDetect Kit (DNA/RNA)
NEW
20回 ¥15,000
説明書・データシート・ベクター情報
RR385S
※色文字での表示は、キャンペーン価格およびそのキャンペーン期間です。
カートにいれる

WEB会員ログインが必要です

製品説明

本製品は、Loop-Mediated Isothermal Amplification(LAMP)法による等温核酸増幅およびRNAからの逆転写反応を行うプレミックスLAMP/RT-LAMP試薬です。
LAMP法は特定の領域を増幅するための等温核酸増幅法で、鎖置換活性を持つDNAポリメラーゼと4~6本のターゲット領域特異的プライマーを使用し、微量の核酸から目的の領域を増幅します。さらに、鋳型がRNAの場合は、DNAポリメラーゼと逆転写酵素によりワンステップRT-LAMPを行うことができます。
本製品のBcaBEST Isothermal Mix (2X)には、BcaBEST DNA Polymerase ver.2.0およびPrimeScript III Reverse Transcriptaseが含まれており、核酸サンプル(DNAまたはRNA)、プライマー、キット添付のTB Green Solution(インターカレーター)と混合してリアルタイムPCR装置などを用いて63℃ 20分の等温条件で反応させることにより、その増幅産物を蛍光で検出します。また、本試薬にはUracil-N-Glycosylase(UNG)が添加されており、増幅産物のキャリーオーバーコンタミネーションによる偽陽性を防ぐことができます。

LAMP法の原理
LAMP法では、はじめに図1に示す鋳型と4種類のプライマーを使って、図2に示すダンベル型DNAが生成されます。
次に、これらのダンベル型DNAが鋳型となり、指数関数的増幅が生じます。ダンベル型DNAのループ部分に結合したFIP(Forward internal primer)およびBIP(Backward internal primer)の3’末端と、自己と相補的なF1およびB1領域の3’末端が増幅の起点となります。任意の2種類のプライマー(Loop Primer FおよびLoop Primer B)を併用し、計6種類のプライマーを用いた場合、指数関数増幅ステップにおける増幅起点が増えるため、さらに増幅効率が向上します。
LAMP法の詳しい増幅原理図はこちら
反応開始時の鋳型とLAMP法で用いるプライマー
図1. 反応開始時の鋳型とLAMP法で用いるプライマー
必須の4種類のプライマー(ダンベル型DNAの生成に使用)
  • FIP
  • F3プライマー
  • BIP
  • B3プライマー
LAMP法の指数関数増幅ステップにおけるダンベル型DNA鋳型と増幅起点
図2. LAMP法の指数関数増幅ステップにおけるダンベル型DNA鋳型と増幅起点
任意の2種類のプライマー(増幅効率の向上に使用)
  • Loop Primer F
  • Loop Primer B

内容

RR385A(100回、25 μl反応系)
BcaBEST Isothermal Mix (2X)625 μl×2
TB Green Solution(300×)50 μl 

RR385S(20回、25 μl反応系)
BcaBEST Isothermal Mix (2X)250 μl
TB Green Solution(300×)50 μl 

保存

-20℃

用途

Real-Time LAMP/Real-Time RT-LAMP

蛍光検出/LAMP用プライマー

  • 本製品は、TB Green(インターカレーター)による蛍光で増幅核酸を検出します。FAMフィルターで検出可能です。
  • LAMP法で一般的に用いられるプライマーが使用可能です。なお、LAMP法は4種類の基本プライマー(F3/B3/FIP/BIP)で反応できますが、オプションプライマー (LoopF/LoopB)を使用することで反応効率が大幅に向上します。

注意事項

BcaBEST Isothermal Mix (2X)にはPyrophosphatase (inorganic)が含まれ、増幅反応で生じるピロリン酸は分解されるため、濁度による検出はできません。

操作上の注意

本製品を使用する際の注意事項です。使用前に必ずお読みください。
  1. BcaBEST Isothermal Mix (2X)は、氷上にて融解後、軽く混合したのちスピンダウンして使用してください。使用後は、直ちに-20℃に保存してください。
  2. TB Green Solutionは核酸と結合する性質上、変異原性の可能性のあるものとして取り扱ってください。使用時は必ず手袋を着用してください。
  3. 試薬の分注を行うときは必ず新しいディスポーザブルチップを用い、サンプル間のコンタミネーションを防止してください。
  4. 必要分+αの反応液(BcaBEST Isothermal Mix (2X)、Primer Mix、TB Green Solution、RNase free waterの混合液)を調製すると便利です。組成の均等な反応液を最少回数分注することで、試薬調製のばらつきを最小限に留めることができます。その結果、実験間のデータのばらつきも防げます。
  5. 増幅反応後のチューブの開閉やオートクレーブ処理は実験室内で高濃度の核酸汚染が発生する原因となりますのでお控えください。

キット以外に必要な試薬、器具、機器(主なもの)

  1. リアルタイムPCR装置など
  2. 専用反応チューブあるいはプレート
  3. LAMPプライマー(蛍光検出/LAMP用プライマー参照)
  4. RNase free water
  5. マイクロピペットおよびチップ
注意事項
  • 本ページの製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。