この画面を閉じる

Protocols

RetroNectin® (Recombinant Human Fibronectin Fragment)

Supernatant法(静置感染)

RetroNectin (Recombinant Human Fibronectin Fragment)(製品コード T100A/B)
  1. 目的遺伝子を持つ組換えレトロウイルス液、標的細胞液および培養用培地を混合する。
  2. 調製した混合液をRetroNectinコートプレート上に0.25~1 ml/cm2となるように加える。適切な細胞濃度は標的細胞の大きさや増殖率によって異なる。細胞に応じて、0.05~5×105 cells/cm2の範囲で検討する。
  3. 37℃、5% CO2インキュベーターで培養する。

    ☆Supernatant法(静置感染)による実験例
この画面を閉じる