この画面を閉じる

Application

アプリの部屋Topへ

各種ウイルス発現系選択ガイド

タカラバイオの組換えウイルスによる遺伝子発現システムを用いれば、実質的にほぼ全ての哺乳類細胞への目的遺伝子の導入と発現が可能である。タカラバイオではレンチウイルス、レトロウイルス、アデノウイルスの各種システムを取り揃えており、各システムの特徴と研究目的から、実験に最適なシステムを選択することができる。


レンチウイルス発現系レトロウイルス発現系アデノウイルス発現系
感染可能な標的細胞
株化細胞(分裂細胞)
初代培養細胞
(分裂細胞)
初代培養細胞
(非分裂細胞)
神経細胞
幹細胞
血球系細胞
(RetroNectinとの併用を推奨)

(RetroNectinとの併用を推奨)
in vivoへの適用
導入遺伝子の発現
安定発現(*1)
一過性発現
Tet発現誘導システム
shRNA/RNAi
発現系の特長
高いタイターを実現
高発現を実現
安全性が高い
宿主指向性が広い
RetroNectinの併用で感染効率アップ
ウイルスベクターの長期安定性
タカラバイオおよびクロンテックの主要製品
推奨する基本製品
(ベクター、パッケージングシステム、パッケージング細胞など)
pLVSIN-CMV Vector
pLVSIN-EF1α Vector
Lenti-X HTX Packaging System
Lenti-X 293T Cell Line
Retro-X Q Vectorシリーズ
Retro-X Universal Packaging System
pDON-5 DNA
Retrovirus Packaging Kit
レトロウイルス調製細胞 G3T-hi細胞
Adenovirus Dual Expression Kit (CAG/EF1α)
Adenovirus genome DNA-TPC
Adeno-X Expression System 1
Adeno-X 発現システム3 (In-Fusionタイプ)
Adeno-X 293 Cell Line
誘導発現 ○(*2) Retro-X Tet-On/Tet-Off Advanced Inducible Expression System Adeno-X Adenoviral System 3 (Tet-On 3G Inducible)
バイシストロニック
/デュアル発現
○(*2) pRetroX-IRES-ZsGreen1 Vector
pSINsi-DK I DNA Set  他
蛍光タンパク質を融合発現pLVSIN蛍光タンパク質ベクターpRetroQ-AcGFP1-N1 Vector  他Adeno-X 発現システム3 (In-Fusionタイプ)
shRNA/RNAi用○(*2) RNAi-Ready pSIREN-RetroQ Vectors
pSINsi DNAシリーズ
pSINsi-DK I DNA Set  他
Knockout Adenoviral RNAi System 1
pBAsi DNAシリーズ製品コード 6170と併用)
便利な関連製品
タイターキット Lenti-X qRT-PCR Titration Kit
Lenti-X p24 Rapid Titer Kit
Lenti-X GoStix(簡易タイプ)
Retrovirus Titer Set (for Real Time PCR)
Retro-X qRT-PCR Titration Kit
Adeno-X qPCR Titration Kit
Adeno-X Rapid Titer Kit
Adeno-X Gostix
精製キット Lenti-X Maxi Purification Kit Adeno-X Maxi Purification KitAdeno-X Mega Purification Kit (with Pump)
濃縮用試薬Lenti-X Concentrator Retro-X Concentrator
遺伝子挿入部位同定キットLenti-X Integration Site Analysis Kit Retro-X Integration Site Analysis Kit
その他関連製品 RetroNectin
RetroNectin Dish
Lenti-X Provirus Quantitation Kit
RetroNectinProvirus Copy Number Detection Primer Set, Human (for Real Time PCR)
受託サービスお問い合わせくださいお問い合わせくださいお問い合わせください
*1 非分裂細胞では安定発現
*2 クロンテックのLenti-Xシリーズにはこれらのベクターも揃っているが、拡散防止措置に関する確認書が必要である。
この画面を閉じる