Cloned

DNA Polymerase I (E. coli )

  • ●反応用バッファー添付
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR 2130A 2130A DNA Polymerase I(E. coli
  • バルクなど特別対応可能
500 U ¥11,000
説明書・データシート・ベクター情報
TKR 2130B(A×5) 2130B(A×5) DNA Polymerase I(E. coli
  • バルクなど特別対応可能
2,500 U ¥44,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

本酵素は、鋳型、プライマー(DNAおよびRNAともに可)存在下でdNTPを基質とし、鋳型に相補的なDNAを5’→3’方向に合成する。また、二本鎖特異的5’→3’ exonuclease活性および一本鎖特異的3’→5’ exonuclease活性も有している。

保存

-20℃

濃度

3~6 U/μl

形状

50 mMリン酸カリウム緩衝液(pH6.5)
1 mM DTT
50%グリセロール

添付Buffer組成(10×)

500 mMTris-HCl(pH7.8)
100 mMMgCl2
1 mMDTT

活性の定義

ポリd(A-T)合成DNAを鋳型/プライマーとして用い、37℃、pH7.4において、30分間に10 nmolの全ヌクレオチドを酸不溶性沈殿物に取り込む酵素活性を1 Uとする。

活性測定用反応液組成

67 mMリン酸カリウム緩衝液(pH7.4)
6.7 mMMgCl2
0.1 mMDTT
20 μMポリd (A-T)
33 μMdATP
33 μM[3H]dTTP

純度

SDS電気泳動で90%以上の純度を示す。
10 Uの本酵素と、1 μgのclosed circular(RF I)pBR322 DNAとを37℃、1時間反応させても、DNAの電気泳動パターンに変化は起こらない。

使用上の注意

  • 本酵素は、希釈による活性低下は起こらないが、強く撹拌すると失活することがある。
  • endonucleaseを含まないため、単独ではほとんどニックトランスレーション活性を示さない。
  • DNAと強い親和性があるため、過剰に用いるとaggregationが起こり、反応が充分進まないことがある。

用途

  • DNase I(製品コード 2270)との併用によるニックトランスレーション2)
  • Okayama-Berg法3)におけるsecond strand DNA鎖の合成反応(DNA Polymerase I 0.3 μgは約2.5 Uに相当する)

起源

Escherichia coli carrying the plasmid which encodes the gene of Pol I

触媒する反応

1. 5'→3' DNA polymerase活性
鋳型、プライマー(DNA、RNA共に可)存在下でdNTPを基質とし、鋳型に相補的なDNAを5'→3'方向に合成する。

polymerase活性による反応には以下の3種類がある
gap filling 二本鎖DNAのギャップ部分の3'-OH基にヌクレオチドを付加し、その一本鎖部分を埋める。
nick translation 二本鎖DNAのニック部分の3'-OH末端にヌクレオチドを付加し、同時に5'末端のヌクレオチドをexonucleolyticに除去する。
strand displacement ニック部分の3'-OH末端にヌクレオチドを付加することにより、5'末端を持つ鎖を置換する。

2. 二本鎖特異的5'→3'exonuclease活性

損傷を受けたヌクレオチドを除去する。
DNA/RNAハイブリッド中のRNAも分解する。

3. 一本鎖特異的3'→5'exonuclease活性

複製のfidelityに関与している。2. とは異なるドメインに存在する。

一般的性質

  • 分子量
    109,000
  • サブユニット
    1分子中にZn2+Mを1分子含む一本鎖単純ポリペプチド
  • 至適pH
    pH7.4
  • 補因子
    Mg2+
  • 安定性
    激しい撹拌により失活する。
  • 至適塩濃度
    100 mM KCl

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ