短時間の簡便な操作で高純度ヒスタグ融合タンパク質の精製が可能

Capturem™ His-Tagged Purification

無料サンプルご提供中!  サンプルのお申し込みはこちらから
  • 次世代メンブレン技術を用いたスピンカラムタイプのHisタグ精製キット
  • Miniprep、Maxiprep、96 wellの3種類をご用意
  • 室温、短時間の操作でHisタグ融合タンパク質を簡単精製
  • ベッドボリュームが小さく(<2 μl)、高純度、高収量、高濃度の溶出が可能
  • 非変性、変性条件下でEDTAや還元剤、グリセロールなどを含むサンプルから精製可能
  • バクテリア、哺乳類細胞から精製可能
  • 添付xTractor Bufferに加えて、他のLysis Bufferにも適合
Hisタグ精製キット Hisタグ精製キット
実験操作動画はこちら
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 635710 Z5710N Capturem™ His-Tagged Purification Miniprep Kit
  • ライセンス
20回 ¥32,000
サンプルのお申込みはこちら 説明書・データシート・ベクター情報
CLN 635713 Z5713N Capturem™ His-Tagged Purification Maxiprep Kit
  • ライセンス
6回 ¥42,000
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 635719 Z5719N Capturem™ His-Tagged Purification Maxiprep Columns
  • ライセンス
50本 ¥185,000
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 635714 Z5714N Capturem™ His-Tagged Purification 96
  • ライセンス
96 well ¥60,000
説明書・データシート・ベクター情報

※製品コード 635710は製品名が変更になりました。(旧製品名:His-Tagged Purification Miniprep Kit)

製品説明

Capturem His-Tagged Purificationは次世代メンブレン技術を用いてヒスチジンタグ(Hisタグ)融合タンパク質を精製できる革新的なキットで、従来の金属レジンの使用範囲を超えた幅広い条件に適用できる。サンプルとしてバクテリアと哺乳類細胞ライセートの両方が使用でき、変性条件下(8 M尿素、6 Mグアニジン塩酸塩)での使用も可能である。また、EDTA、還元剤(βメルカプトエタノール、DTT、TCEPなど)、グリセロールなどの添加剤を含む幅広い条件下でも優れた性能を発揮する。タンパク質のタンデムアフィニティー精製にも使用可能である。
本製品は、高性能ナイロンメンブレンを装着したスピンカラムを用いており、細胞溶解液の添加から溶出までの室温操作が可能で、Miniprepでは5分以内、Maxiprep Kitおよび96well plateでは15分以内に終了する。処理時間が短いためタンパク質の劣化や失活の懸念が少なく、待ち時間のない手軽な操作で質の高い精製が可能である。
化学的修飾により孔の表面積を拡大したナイロンメンブレンは、ベッドボリュームが少なく、Hisタグ融合タンパク質の結合能が高く(≧75 mg/cm3)、高純度、高濃度での精製が可能である。Miniprepでは1個につき800 μlまでのライセートの処理が可能で、100 μgまでのHisタグ融合タンパク質を0.3~1 mg/mlの高濃度で溶出できる。またMaxiprepカラムでは25 mlまでのライセートが処理可能で、2.5 mgまでのHisタグ融合タンパク質を4.5 mg/mlまでの高濃度で溶出できる。96 well plateでは、1つのwellにつき1,000 μlまでのライセートの処理が可能で、100 μgまでのHisタグ融合タンパク質を0.3~1 mg/mlの高濃度で溶出できる。

Capturem His-Tagged Purificationのワークフロー
図1.Capturem His-Tagged Purificationのワークフロー
まず、xTractor Bufferをメンブレンの入ったカラムに添加し、カラムの平衡化を行う。そして、タグ融合タンパク質をスピンカラムのメンブレンに添加し、結合させる。続いて、洗浄バッファーを加えて洗浄した後、溶出バッファーで溶出すれば精製操作は完了する。
Miniprepと96 well plateは100 μlの溶出バッファーで、Maxiprep Kitでは500μlの溶出バッファーで90%以上の溶出が可能である。各ステップの遠心はMiniprepでは11,000×g 1分、Maxiprep Kitおよび96 well plateでは2,000×g 3分で行う。Miniprepであれば5分以内、Maxiprep Kitおよび96 well plateであれば15分以内で全ての精製操作が完了する。
Maxiprep Kitを使用する場合は、50 mlのチューブが遠心可能な遠心機が必要となります。
また96 well plateは、96 well plate用の遠心機または吸引濾過をするための機器が必要となります。
表1.Capturem His-Tagged PurificationのBufferの組成
Buffer組成
Lysis Buffer

xTractor Buffer(製品コード 635625)を推奨。他のスタンダートなlysis bufferも使用可能。

Wash Buffer

150 mM NaCl , 20 mM Na3PO4 , pH 7.6

Elution Buffer

500 mM NaCl , 20 mM Na3PO4 , 500 mM imidazole,pH7.6


Capturem His-Tagged Purificationの革新的膜テクノロジー
図2.Capturem His-Tagged Purificationの革新的膜テクノロジー
Membrane表細の独自ポリマー構造により、大きな膜表面積と高容量を実現している。そのため精製に長時間を要するレジンカラムに比べ、サンプル溶液が新テクノロジーの高容量膜細孔の中を迅速に通過し、短時間での精製が可能である。また低い圧力でサンプル溶液が通過するため、タンパク質の品質低下を招かない。またBed volumeが小さく、洗浄バッファーの残存がない高純度精製が可能である。

表2.Capturem His-Tagged Purificationtに使用できる添加剤の濃度
添加剤 濃度
MOPS 200 mM
HEPES 200 mM
Tris 200 mM
EDTA 10 mM
β-mercaptoethanol 30 mM
DTT 10 mM
TCEP 5 mM
Guanidine-HCl 6 M
Urea 8 M
Nonionic detergent (Triton X-100) 2%
Nonionic detergent (Tween 20) 2%
Anionic detergent (SDS) 1%
Arginine 500 mM
Glycine 100 mM
Histidine 20 mM
Sodium chloride 2 M
Imidazole 40 mM
Glycerol 10%

Capturem His-Tagged Purification Miniprep Kit 添加剤の影響
図3.Capturem His-Tagged Purification Miniprep Kitにおける添加剤の影響
Capturem His-Tagged Purification Miniprep Kitを用いて、各種添加剤存在下で6×Hisタグ融合GFPuvタンパク質を精製した。それぞれ、サンプル、平衡化バッファー、洗浄バッファー、溶出バッファーに添加剤を加えて精製し、300 μlの溶出バッファーで2回溶出した。

Capturem His-Tagged Purification Miniprep Kit 変性剤の影響
図4.Capturem His-Tagged Purification Miniprep Kit変性剤の影響
Capturem His-Tagged Purification Miniprep Kitを用いて、8 M尿素または6 Mグアニジン塩酸塩存在下でHisタグ融合GFPuvタンパク質を精製した。スピンカラムに800 μlの菌体ライセートを加え、非変性、または変性条件下で精製した。変性条件下では、サンプル、および各バッファーに8 M尿素、または6 Mグアニジン塩酸塩を添加した。

Capturem His-Tagged Purification Miniprep Kit 変性剤の影響
図5.哺乳類細胞で発現させたHisタグ融合タンパク質の精製
293T細胞に、6×Hisタグを付加したMAPK1、またはADRB2をコードするプラスミドをトラスフェクションし、Capturem His-Tagged Purification Miniprep Kitを用いて発現タンパク質を精製した。平衡化したカラムに細胞ライセートを通し、洗浄バッファー400 μlで洗浄後、溶出バッファー300 μlで溶出した。各フラクションを4~20%ポリアクリルアミドゲルで泳動後、ニトロセルロースメンブレンにブロッティングし、ポンソーS染色、およびウェスタンブロッティングを行った。ポンソー染色(左)では、MAPK1(上)、ADRB2(下)とも、各フラクションの全てのバンドが染色される。
ウェスタンブロッティング(右)には、MAPK1(上)、ADRB2(下)に特異的な抗体を用いた。

表3.Hisタグ精製法の比較

純度 収量 結合能
(mg protein/ml matrix)
所要時間 簡便さ
Capturem His-Tagged Purification Miniprep Kit ★★★★
0.1 mg/mini spin column
100 mg/ml
5 min.
★★★★★
Capturem His-Tagged Purification Maxiprep Kit
2.5 mg/Tube
15 min.
Capturem His-Tagged Purification 96
0.1 mg/well
15 min.
TALON ★★★★★
20 mg/ml resin
20 mg/ml
60~120 min.
★★★
His60 Ni ★★★★
60 mg/ml resin
60 mg/ml
60~120 min.
★★★
Magnetic Beads ★★★★★
15 mg/ml resin
15 mg/ml
60 min.
★★★★

Hisタグ精製法の選択
  • Miniprepは小スケールで、シンプル、迅速に精製したい場合に適している。
  • Maxiprep Kitは大スケールで、シンプル、迅速に精製したい場合に適している。
  • 96 well plateはハイスループットで、シンプル、迅速に精製したい場合に適している。
  • His60 Ni Resinは結合能が高く、大量サンプルを大スケールで精製したい場合に適している。
  • コバルトレジンのTALON Resinは高純度に精製したい場合に適している。
  • ニッケルレジンもコバルトレジンも自然落下式カラム、FPLCカラム、およびレジン単体が用意されている。磁気ビーズ(magnetic bead)はマイクロスケールの精製にも使用できる。
金属イオンの選択
ニッケルのレジンとコバルトのレジンでは、特異性と吸着能のバランスが異なっている。コバルトレジンの方が特異性が高く、精製純度が高い。これに対して、ニッケルレジンは吸着能が高く、Hisタグ結合能が高い。

実験操作動画

内容

Capturem His-Tagged Purification Miniprep Kit
Mini Spin Column20個
xTractor Buffer15 ml×2
Wash Buffer10 ml
Elution Buffer10 ml

Capturem His-Tagged Purification Maxiprep Kit
Capturem Maxiprep Nickel Column6本
Capturem Maxiprep Filters6本
xTractor Buffer200 ml
Wash Buffer40 ml
Elution Buffer15 ml

・Capturem His-Tagged Purification Maxiprep Columns
  Capturem Maxiprep Nickel Column 25本×2

・Capturem His-Tagged Purification 96
  Capturem 96 Nickel Plate 1枚

Capturem His-Tagged Purification Maxiprep Columnsおよび
 Capturem His-Tagged Purification 96にはBufferは含まれていません。

保存

スピンカラムおよびプレート:室温または4℃
その他:開封までは室温、開封後は4℃

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ