再生医療研究に!Xeno Free培養システム

Cellartis® DEF-CS™ 500 Xeno-Free Culture Medium

  • 動物・ヒト由来成分不含(Xeno Free)
  • シングルセルでの継代が可能
  • 未分化状態での長期間の継代が可能(多機能性、自己再生、分化能のポテンシャルを長期間維持)
  • 前臨床での使用に最適
  • lot間差が少なく安定したiPS細胞培養が可能
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CEL Y30045 Y30045 Cellartis® DEF-CS™ 500 Xeno-Free Culture Medium w/o antibiotics
1 Kit ¥42,000
説明書・データシート・ベクター情報
CEL Y30061 Y30061 Cellartis® DEF-CS™ 100 Xeno-Free Culture Medium w/o antibiotics
1 Kit 無料サンプル品
お申込みはこちら
CEL Y30042 Y30042 Cellartis® DEF-CS™ 500 Xeno-Free Additives
1 Set ¥12,000
説明書・データシート・ベクター情報
CEL Y30071 Y30071 Cellartis® DEF-CS™ 500 Xeno-Free GMP Grade Basal Medium (Prototype)
500 ml ¥40,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

本製品は動物・ヒト由来成分を含まないケミカリーディファインド培地である。フィーダーフリー培養条件下で、長期間未分化状態を継続したままヒトiPS細胞、ヒトES細胞を効率的に継代培養することができる。高い増殖率が得られ、核型も維持する。本システムは、従来のDEF-CS 500培養システム(製品コード Y30010)と同様に大量培養でも最適な培養が可能である。この培養系で増殖した細胞は未分化状態を維持し、分化した細胞をほぼ検出しないため、分化細胞の除去操作を必要としない。また、シングルセルの状態で培養できるので、iPS細胞のクローニングへの利用や、継代の際に必要となるコロニー分散作業に伴う細胞への悪影響を最小限に抑えることができる。
iPS細胞、ES細胞の培養には、別途プレートコーティング剤が必要となる。プレートコーティング剤として、iMatrix-511(製品コード 892011)または、Corning Synthemax II-SC Substrate(Corning, Cat. No. 3535)を推奨する。
GMPグレードバージョン(製品コード Y30071)もラインナップしている。GMPグレードバージョンには別途培地添加剤が必要である。

本製品には抗生物質が含まれておりません。
抗生物質を添加する場合は、Gentamicin(50 mg/mL, ThermoFisher, Cat. No. 15750)を1/1000量添加してください。

アプリケーション
・前臨床でのヒトiPS細胞のスケールアップと大量培養
・創薬スクリーニング用調製培地として使用
・リプログラミング、分化誘導用の培地として使用

内容

Cellartis DEF-CS 500 Xeno-Free Culture Medium w/o antibiotics(製品コード Y30045)
Cellartis DEF-CS 500 Xeno-Free Basal Medium w/o antibiotics500 ml
Cellartis DEF-CS 500 Xeno-Free Additives1 Set・・・培地添加剤(製品コード Y30042)
  ・DEF-CS Xeno-Free Additive 1500 μl
  ・DEF-CS Xeno-Free Additive 2200 μl

別途プレートコーティング剤が必要です。
  推奨プレートコーティング剤
  iMatrix-511(製品コード 892011)
  Corning Synthemax II-SC Substrate(Corning, Cat. No. 3535)

Cellartis DEF-CS 500 Xeno-Free GMP Grade Basal Medium (Prototype)(製品コード Y30071)
Cellartis DEF-CS 500 Xeno-Free GMP Grade Basal Medium (Prototype)500 ml
Cellartis DEF-CS 500 Xeno-Free GMP Grade Basal Medium (Prototype)(製品コード Y30071)には別途培地添加剤、プレートコーティング剤が必要です。

保存

Cellartis DEF-CS 500 Xeno-Free Basal Medium w/o antibiotics
Cellartis DEF-CS 500 Xeno-Free GMP Grade Basal Medium (Prototype)
4℃
Cellartis DEF-CS 500 Xeno-Free Additives-20℃

アプリケーションデータ

図1. プレートコーティング剤 2種Synthemax II, iMatrix-511の使用データ
図1. プレートコーティング剤 2種Synthemax II, iMatrix-511の使用データ
本製品を用いてヒトiPS細胞を2種のプレートコーティング剤Corning Synthemax II-SC Substrate(Corning, Cat. No. 3535)およびiMatrix-511(製品コード 892011)上で培養し、doubling timeを比較したところ、共に安定した高い増殖率を示した。
この結果より、本製品での培養時には上記プレートコーティング剤2製品を推奨する。
(28~30時間間隔で10回以上の継代を行った。2回行った試験の平均を示す。)


図2. 未分化状態での長期間の培養が可能
図2. 未分化状態での長期間の培養が可能
本製品を用いてヒトiPS細胞の継代を10回行った後、未分化状態が維持されていることを未分化マーカーOct-4とSSEA4に対する免疫染色で確認した。プレートコーティング剤はCorning Synthemax II-SC Substrate(Corning, Cat. No. 3535)を使用


図3. 長期間継代後も多分化能を維持
図3. 長期間継代後も多分化能を維持
本製品を用いてヒトiPS細胞の継代を10回行った後、三胚葉への分化能が維持されていることを各胚葉特異的抗体での免疫染色(中胚葉ではASMA、外胚葉ではβIII-tubulin、内胚葉ではSOX17、HNF4aを検出)で確認した。下図の核染色はDAPIを使用。培養時のプレートコーティング剤はCorning Synthemax II-SC Substrate(Corning, Cat. No. 3535)を使用

関連のオンラインガイド、資料はこちら

幹細胞研究ガイド
タカラバイオで展開している幹細胞研究のための試薬・受託サービス選択ガイドの他、関連情報をまとめています。


Cellartis 幹細胞研究用製品ガイド(2015年6月作成)
ダウンロード(8.78 MB)

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ