分泌型ルシフェラーゼレポーターアッセイ

  • 細胞溶解不要の分泌型レポーターアッセイ
  • 強い発光が安定して持続
  • アッセイ後、細胞をさまざまなアプリケーションへ利用可能
  • ハイスループット解析にも最適
Ready-To-Glow
チラシもご覧ください
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 631726 Z1726N Ready-To-Glow™ Secreted Luciferase Reporter Assay
100回 ¥19,600
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631727 Z1727N Ready-To-Glow™ Secreted Luciferase Reporter Assay
500回 ¥71,100
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631728 Z1728N Ready-To-Glow™ Secreted Luciferase Reporter Assay
1,000回 ¥100,900
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631729 Z1729N Ready-To-Glow™ Secreted Luciferase pMetLuc Vector Kit
  • ライセンス
1 Kit ¥57,700
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631730 Z1730N Ready-To-Glow™ Secreted Luciferase Reporter System
  • ライセンス
100回 ¥65,900
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631731 Z1731N Ready-To-Glow™ Secreted Luciferase Reporter System
  • ライセンス
500回 ¥109,200
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631732 Z1732N Ready-To-Glow™ Secreted Luciferase Reporter System
  • ライセンス
1,000回 ¥133,900
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631739 Z1739N Ready-To-Glow™ Automation Kit
1,000回 ¥146,300
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631740 Z1740N Ready-To-Glow™ Automation Kit
5,000回 ¥313,100
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631743 Z1743N Ready-To-Glow™ NFκB Secreted Luciferase Reporter System
  • ライセンス
100回 ¥65,900
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631745 Z1745N Ready-To-Glow™ CRE Secreted Luciferase Reporter System
  • ライセンス
100回 ¥65,900
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

Ready-To-Glow Secreted Luciferase Systemは、Metridia longa由来の分泌型ルシフェラーゼを用いた新しいレポーターシステムである。レポータータンパク質がトランスフェクトした細胞の培養上清中に分泌されるため、活性を測定するために細胞を溶解する必要がない。培養上清中のレポーター活性は、分泌型Metridiaルシフェラーゼに特異的な基質を添加することで検出できる。細胞溶解の必要がないため、同じ培養ウェルから繰り返しサンプリングして遺伝子発現の経時的な解析を行うことができるほか、同じ培養ウェルの細胞を用いたノーザンブロットやRNaseプロテクションアッセイ、ウェスタンブロットなど他の解析を行うことも可能である。

操作性に優れた分泌型レポーターアッセイ
これまでレポーターとしてよく利用されてきたホタルルシフェラーゼやRenillaルシフェラーゼは、細胞質局在性のタンパク質であるため、基質を添加する前にまず細胞溶解を行う必要があった。そのため、培地の除去や細胞の洗浄などの作業が必要となり、データにばらつきが生じる原因にもなっていた。Ready-To-Glow Secreted Luciferase Systemは、培養上清をサンプリングしてアッセイを行えるため、これらの影響を考えることなく、迅速かつ簡便に定量データを取得することができる(図1)。



図1. 分泌型ルシフェラーゼと非分泌型ルシフェラーゼの実験フローの比較

高いシグナル強度と広いダイナミックレンジ
分泌型Metridiaルシフェラーゼは、Renillaルシフェラーゼやホタルルシフェラーゼなどの非分泌型ルシフェラーゼレポーターと比較して、基質添加後に高いシグナル強度とシグナル安定性を示す(図2)。また、Metridiaルシフェラーゼは非常に広い濃度範囲で直線性を示し、少なくとも6桁のダイナミックレンジを示す(図3)。検出限界は非常に低く、96ウェルプレートの場合は2 fg/well(40 fg Metridiaルシフェラーゼ/1 mlサンプル)である(図4)。

ハイスループット解析に適したホモジニアスアッセイ系
Ready-To-Glowシステムは、細胞溶解ステップが不要で、培養上清をサンプリングし、基質/反応バッファーを添加するだけで簡便にアッセイが行えるホモジニアスアッセイ系であるため、HTS解析に非常に適している(図5)。従来の非分泌型ルシフェラーゼを用いたアッセイでは、培地の除去、細胞の洗浄、細胞の溶解など煩雑な作業が必要であり、データにばらつきが生じる原因にもなっていたが、分泌型ルシフェラーゼはこれらの影響を考えることなく定量データを取得できる。
特にReady-To-Glow Automation KitはHTS解析のためのキットであり、通常の10倍量のReaction Bufferと、HTS解析に適したプロトコールが供給されているため、自動分注装置などを用いた場合でも再現性の高い結果が得られる。

分泌型Dualレポーターアッセイを構築可能
Ready-To-Glow分泌型ルシフェラーゼに合わせて、ヒト胎盤由来のSecreted Alkaline Phosphatase(SEAP)をレポーター遺伝子とするpSEAP2-Basicベクターを用いれば、2種類の分泌型レポータータンパク質、Metridia longa由来の分泌型ルシフェラーゼと、分泌型アルカリフォスファターゼを用いたDualレポーターシステムを構築できる。
Ready-To-Glow Dual Secreted Reporter Vector Kitには、これら2種類の分泌型レポーターベクターと各コントロールベクターがセットになっており、複数因子のデータを一度に検出できるマルチアッセイ系を構築することができる。

NFκB-, CRE-シグナル伝達経路解析のためのシステムを用意
Ready-To-Glow NFκB Secreted Luciferase Reporter System*

本製品は、NFκBシグナル伝達経路をモニターするためにデザインされている。TNF-α、IL-1、またはリンフォカイン受容体刺激剤を細胞培養液に加えると、エンハンサーエレメントへの転写因子の結合が誘導され、これにより分泌型Metridiaルシフェラーゼレポーター遺伝子の転写が起きる。

Ready-To-Glow CRE Secreted Luciferase Reporter System*
本製品は、cAMP結合タンパク質(CREB)の活性化とcAMP仲介性シグナル伝達経路をモニターするためにデザインされている。例えば、cAMPまたはフォルスコリンで細胞を処理すると、CREBまたはATFのCREへの結合が活性化され、これにより分泌型Metridiaルシフェラーゼレポーター遺伝子の転写が起きる。
* それぞれのシステムには、基質とBufferがセットになったReady-To-Glow Secreted Luciferase Reporter Assay(製品コード 631726)が含まれます。

Ready-To-Glow MetLuc Monoclonal Antibody
本製品は、組換えタンパク質のMetridia由来ルシフェラーゼと同様に、動物細胞で発現したMetridia由来ルシフェラーゼも検出できるモノクローナル抗体である。ウェスタンブロット解析で20 ngまでのタンパク質も検出可能である。


図2. 分泌型Metridiaルシフェラーゼの強いシグナル強度と安定性
CHO細胞を96ウェルプレートで培養し、CMVプロモーター制御下の分泌型Metridiaルシフェラーゼ、非分泌型Renillaルシフェラーゼ、および非分泌型ホタルルシフェラーゼを一過的にトランスフェクトした。24時間後、等量サンプル中のルシフェラーゼ活性をそれぞれ推奨される基質で測定し、シグナル強度と基質添加後のシグナルの安定性を比較した。シグナルは45分間経時的に測定した。neg=陰性コントロール



図3. Metridiaルシフェラーゼの直線性
CHO細胞およびHEK293細胞にpMetLuc-Controlベクターを一過的にトランスフェクトした。その後、サンプリングした培養上清をグラフ中の濃度になるように10% FBSを含むDMEMに段階希釈し、分泌型Metridiaルシフェラーゼの活性を測定した。Metridiaルシフェラーゼの活性は96ウェル(パネルA)、または384ウェルフォーマット(パネルB)でプロトコールに従い測定した。



図4. 分泌型Metridiaルシフェラーゼの検出限界
Metridiaルシフェラーゼをグラフ中に示した濃度で10% FBSを含むDMEMに添加し、Metridiaルシフェラーゼ活性をSpectraMax Lの96ウェルフォーマットで測定した。検出限界は2 fg/well (40 fg/ml)であった。



図5. 分泌型MetridiaルシフェラーゼのHTS解析への応用例
フォルスコリン応答性Metridiaルシフェラーゼ遺伝子(pASM-Lu164)を安定的に導入したCHO細胞を含む1,536ウェルプレートをCCDカメラで撮影した。1,536マイクロタイタープレートの各ウェルには300個のCHO細胞を添加した。フォルスコリンの濃度を図に示すように増加させ、37℃で4時間細胞を培養した。Metridia基質の濃度も図に示すように増加させて添加し、CCDカメラを用いて可視化した(Integration time: 60 sec) (Bayer Health Care, Germanyの提供)。擬似カラーは発光強度を反映しており、黄色で示された領域が最も明るく、黒で示された領域が最も暗い。

内容

Ready-To-Glow Secreted Luciferase Reporter Assay
(製品コード 631726、631727、631728)
・Substrate Buffer
・Reaction Buffer
・Lyophilized Secreted Luciferase Substrate

Ready-To-Glow Secreted Luciferase pMetLuc Vector Kit
(製品コード 631729)
・pMetLuc2-Control Vector
・pMetLuc2-Reporter Vector

Ready-To-Glow Secreted Luciferase Reporter System
(製品コード 631730、631731、631732)
・pMetLuc2-Control Vector
・pMetLuc2-Reporter Vector
・Substrate Buffer
・Reaction Buffer
・Lyophilized Secreted Luciferase Substrate

Ready-To-Glow Dual Secreted Reporter Assay
(製品コード 631734)
・Secreted Luciferase Substrate & Buffer
・SEAP Substrate & Buffer2.0(化学発光用)

Ready-To-Glow Dual Secreted Reporter Vector Kit
(製品コード 631735)
・pMetLuc2-Control Vector
・pMetLuc2-Reporter Vector
・pSEAP2-Control Vector
・pSEAP2-Basic Vector

Ready-To-Glow Automation Kit
(製品コード 631739、631740)
・Substrate Buffer
・Reaction Buffer
・Lyophilized Secreted Luciferase Substrate

Ready-To-Glow NFκB Secreted Luciferase Reporter System
(製品コード 631743)
・Ready-To-Glow Secreted Luciferase Reporter Assay(製品コード 631726)
・pNFκB-MetLuc2-Reporter Vector
・pMetLuc2-Control Vector

Ready-To-Glow CRE Secreted Luciferase Reporter System
(製品コード 631745)
・Ready-To-Glow Secreted Luciferase Reporter Assay(製品コード 631726)
・pCRE-MetLuc2-Reporter Vector
・pMetLuc2-Control Vector

保存

-20℃

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ