Cas9タンパク質検出用抗体

  • 組換えCas9タンパク質に対するウサギポリクローナル抗体/マウスモノクローナル抗体
  • ポリクローナル抗体はwild-type Cas9だけでなくバリアントも認識
  • 高い特異性:哺乳類細胞ライセートに対してバックグラウンドが出ない
  • 高感度:ウェスタンブロッティングにより、わずか 0.5~1 ngの組換えCas9を検出でき、Cas9発現細胞3,500個からのシグナル検出も可能
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 632607 Z2607N Guide-it™ Cas9 Polyclonal Antibody
100 μl ¥40,000
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 632606 Z2606N Guide-it™ Cas9 Polyclonal Antibody
100 μl×3 ¥98,000
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 632628 Z2628N Guide-it™ Cas9 Monoclonal Antibody (Clone TG8C1)
100 μg ¥40,000
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 632627 Z2627N Guide-it™ Cas9 Monoclonal Antibody (Clone TG8C1)
100 μg×3 ¥98,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

Streptococcus pyogenes由来の組換えCas9タンパク質に対する抗体として、ウサギポリクローナル抗体(製品コード 632606、632607)およびマウスモノクローナル抗体(製品コード 632628、632627)の2種類の製品を用意している。特異性、感度共に高く、哺乳類細胞のウェスタンブロッティングにおいて低バックグラウンドで、ポリクローナル抗体は0.5 ng、モノクローナル抗体は1 ngの組換えCas9を検出できる。
ポリクローナル抗体はCas9ヌクレアーゼの3種類のバリアント(wild-type Cas9、Cas9 nickase、Cas9 nuclease-deficient mutant)も認識する。

ウエスタンブロッティングによるGuide-it Cas9 Polyclonal Antibodyの検出感度
図1.ウェスタンブロッティングにおけるGuide-it Cas9 Polyclonal Antibodyの検出感度
0.15~20.0 ngの組換えCas9(rCas9)タンパク質を電気泳動後、ブロッティングし、Guide-it Cas9 Polyclonal Antibody(1:1,000 希釈)の検出感度を調べた。二次抗体はHRP-conjugated goat anti-rabbit secondary antibody(1:5,000 希釈)を用い、ECL試薬で検出した。ネガティブコントロールには、HT1080、HEK293細胞の細胞ライセートを用いた。
Lane 1:HT1080細胞ライセート(3.5×104 cells)
Lane 2:HEK293細胞ライセート(3.5×104 cells)
Lane 3:rCas9 protein 0.15 ng
Lane 4:rCas9 protein 0.30 ng
Lane 5:rCas9 protein 0.625 ng
Lane 6:rCas9 protein 1.25 ng
Lane 7:rCas9 protein 2.5 ng
Lane 8:rCas9 protein 5.0 ng
Lane 9:rCas9 protein 10.0 ng
Lane 10:rCas9 protein 20.0 ng

ウエスタンブロッティングにおけるGuide-it Cas9 Polyclonal Antibodyの検出感度
図2.ウェスタンブロッティングにおけるGuide-it Cas9 Polyclonal Antibodyの特異性
遺伝子導入をしていない複数の哺乳類細胞とCas9タンパク質を安定発現するHEK293細胞(CMV promoter)の細胞ライセートを用いてGuide-it Cas9 Polyclonal Antibodyの特異性を調べた。Guide-it Cas9 Polyclonal Antibody (1:1,000 希釈)を反応させた後、二次抗体としてHRP-conjugated goat anti-rabbit secondary antibody(1:1,000 希釈)を用い、ECL試薬で検出した。ポジティブコントロールには1 ngの組換えCas9タンパク質を用いた。
Lane 1:HepG2細胞ライセート(3.5×104 cells)
Lane 2:CHO-K1細胞ライセート(3.5×104 cells)
Lane 3:HeLa細胞ライセート(3.5×104 cells)
Lane 4:MCF7細胞ライセート(3.5×104 cells)
Lane 5:HEK293細胞ライセート(3.5×104 cells)
Lane 6:HT1080細胞ライセート(3.5×104 cells)
Lane 7:NIH3T3細胞ライセート(3.5×104 cells)
Lane 8:Lysis buffer
Lane 9:rCas9 protein 1 ng
Lane 10:Cas9発現HEK293細胞ライセート(2.0×103 cells)
Lane 11:Cas9発現HEK293細胞ライセート(5.0×103 cells)
Lane 12:Cas9発現HEK293細胞ライセート(1.0×104 cells)
Lane 13:Cas9発現HEK293細胞ライセート(1.5×104 cells)

ウェスタンブロッティングにおけるGuide-it Cas9 Monoclonal Antibody (Clone TG8C1)の検出感度
図3.ウェスタンブロッティングにおけるGuide-it Cas9 Monoclonal Antibody (Clone TG8C1)の検出感度
  • 1~5 ngの組換えCas9 (rCas9)を用いて、Guide-it Cas9 Monoclonal Antibody (Clone TG8C1)(1:3,000希釈)で検出を行った。ネガティブコントロールには、HEK293細胞の細胞ライセートを用いた。
  • Cas9タンパク質を発現したHEK293細胞の細胞ライセートを用いて、Guide-it Cas9 Monoclonal Antibody (Clone TG8C1)(1:3,000希釈)で検出を行った。ネガティブコントロールには、HEK293、NIH373細胞の細胞ライセートを用いた。

保存

-20℃

用途

ウェスタンブロッティング(1:1,000~1:5,000希釈)

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ