ゲノム編集によるオフターゲット領域予測およびその変異確認に!

ゲノム編集オフターゲット領域解析

■お問い合わせ窓口(A)

TEL:077-565-6999


[サンプル送付先]
タカラバイオ株式会社 CDMセンター 遺伝子工学研究/検査 受託受付担当 宛て
〒525-0058 滋賀県草津市野路東七丁目4番38号
TEL:077-567-9262
ご注意:伝票の品名に受託名をご記載ください。 お問い合わせフォームは こちら

特長

  • sgRNA配列からゲノム中のオフターゲット領域を予測
  • エクソーム・全ゲノムシーケンスデータからターゲット領域およびオフターゲット領域の変異検出
  • ゲノム編集による細胞株作製・動物作製と併せると効果的

概要

ゲノム編集技術を用いた細胞株作製や動物作製時に、意図していないゲノム領域(オフターゲット領域)への変異導入が生じることが問題視されています。このオフターゲット領域はsgRNA配列と相同なゲノム配列を検索することによって予測可能です。さらにはエクソームシーケンスまたは全ゲノムシーケンスを行うことによって、ターゲット領域の変異確認だけでなくオフターゲット領域の変異の有無を確認することも可能です。
■チラシをご覧ください。
ゲノム編集受託サービス

サービス内容

sgRNA配列情報をご提供いただきゲノム配列中のオフターゲット領域を予測します。また解析対象細胞株または動物のエクソームシーケンスデータまたは全ゲノムシーケンスデータを利用して、ターゲット領域およびオフターゲット領域の変異を検出します。
  • オフターゲット領域予測
    ご提供いただいたsgRNA配列をもとに、検出感度の高いソフトウェアを用いてゲノム配列中のオフターゲット領域候補を検出いたします。

  • ターゲット領域およびオフターゲット領域変異確認
    クローン化されたゲノム編集細胞株またはゲノム編集動物のDNAから得られたエクソームシーケンスデータまたは全ゲノムシーケンスデータ(fastqファイルまたはbamファイル)を用いて、ターゲット領域およびオフターゲット領域の変異を検出いたします。


価格・納期

ご依頼の内容により異なりますので、お問い合わせください。

納品物

  • 作業報告書
  • オフターゲット領域および変異解析結果、マッピング結果等
    オフターゲット領域予測ファイル(xlsx形式)


    変異解析結果(xlsx形式)
    上記オフターゲット領域予測ファイルに以下の情報が付加


    マッピング結果(bam形式)

ご注文方法

  • 依頼書作成とFAX連絡
    • 高速シーケンス解析依頼書をダウンロードいただき、必要事項をご記入ください。
    • 依頼書記載のサンプル名称と、実際の送付サンプルに記載の名称は必ず一致させてください。
    • サンプル送付の前に、記入済み依頼書をメールまたはFAXでご送付ください。
  • サンプル送付
    • シーケンスデータならびに依頼書を上記サンプル送付先へご送付ください。
    • シーケンスデータはハードディスク等に保存した状態で破損が無いようにご注意いただき、宅配便で平日午前着指定でご送付ください。

以下のフォーマットにご記入のうえ、依頼書記載のFAX番号へご送付ください。

受入サンプル

  • sgRNA配列
    ゲノム編集に利用したsgRNA配列情報
  • シーケンスデータ
    エクソーム解析や全ゲノムシーケンス解析で得られたシーケンスデータ(fastqファイル)またはマッピングデータ(bamファイル)

ご留意事項

ヒト生体試料の解析にあたり、個人情報に関わるサンプルは、お客様ご所属施設の倫理委員会等で遺伝子解析研究に用いられることの承認が得られており、かつお客様の元で匿名化されたものに限らせていただきます。
詳しくは、「ヒトゲノム・遺伝子解析受託サービスについて」をお読みください。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 本受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。納品物を試験研究目的以外へご使用される場合、弊社では納品物に起因する損失・損害等については一切の責任を負いかねます。納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合がありますのでご注意ください。
  • 納品物に起因して、直接的もしくは間接的に発生したお客様の損害については、明らかに弊社の責に帰すべき事由による場合を除いて、弊社は一切その責任を負いません。

▲このページのトップへ