お手持ちのPCR系から偽陽性を予防

TaKaRa PCR Carryover Prevention Kit

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR 6088 6088 TaKaRa PCR Carryover Prevention Kit
200回 ¥46,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

TaKaRa PCR Carryover Prevention Kitは、PCRの基質としてdTTPの代わりにdUTPを使用し、ウラシルを含むDNAを分解する酵素であるUNG(Uracil - N - glycosylase)を利用することで、前に行ったPCR増幅産物のキャリーオーバーによる偽陽性を防止するための製品である。PCR前にUNGを作用させると、ウラシルを含む前段階のPCR産物が混入してもUNGにより分解されるが、通常の鋳型DNAは分解されないため、キャリーオーバーの影響を受けずにPCR増幅を行うことができる。
UNGは、一本鎖と二本鎖のウラシルを含むDNAを加水分解するが、RNAに対しては作用しない。本製品には、UNGの他、dUTPを含むdNTP Mixture とMgCl2溶液が添付されている。TaKaRa Taq Hot Start Version(製品コード R007A/B)などのPol I型PCR酵素と組み合わせて使用する。
チラシもご覧ください。

UNGによる分解

PCR前の25℃、10分の反応で、PCR反応液に混入したウラシルを含むPCR増幅産物中のデオキシリボースとウラシル塩基の間のN-グリコシド結合がUNGにより加水分解され、脱ピリミジン部位が生じる。続いて95℃、2分の熱処理を行うことで、UNGが失活すると同時に、混入DNA断片が脱塩基部位でリン酸バックボーンの加水分解により切断、分解される。

内容

TaKaRa PCR Carryover Prevention Kit(製品コード 6088)
(200回反応分:PCR 50 μl反応系)
1.UNG(2 U/μl)100 μl
2.dU plus dNTP Mixture(12.5×)*(製品コード 4035)800 μl
3.MgCl2(25 mM)1 ml

*dU plus dNTP Mixtureの組成:
dUTP7.5 mM
dATP2.5 mM
dGTP2.5 mM
dCTP2.5 mM

保存

-20℃

本製品以外に必要な試薬、機器(主なもの)

  • PCR用酵素
    【注】校正活性を有するα型酵素はウラシルを含有する鋳型に結合しPCR阻害を引き起こす場合があるため、α型PCR酵素およびα型PCR酵素を含有するブレンド酵素と本製品を組み合わせて使用することは推奨しない。
  • マイクロピペット
  • マイクロピペット用チップ
  • サーマルサイクラー

コンポーネントの別売り


  遺伝子検出・検査 関連試薬の選択フローをご利用ください

分野別の試薬選択フロー
手法別の試薬選択フロー

「検査(PCR/ELISA)」関連のお役立ち情報専用ページもご参照ください。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ