逆転写反応用プライマー

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR 3801 3801 Random Primer (hexadeoxyribonucleotide mixture; pd (N)6)
  • バルクなど特別対応可能
80 nmol ¥14,000
説明書・データシート・ベクター情報
TKR 3802 3802 Random Primer (nonadeoxyribonucleotide mixture; pd (N)9)
  • バルクなど特別対応可能
50 nmol ¥14,000
説明書・データシート・ベクター情報
TKR 3805 3805 Oligo(dT)15 Primer
8 nmol ¥9,500
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

本製品は、逆転写反応に用いるプライマーとして適している。

Random Primer
ランダムな配列を有する6 merまたは9 merのdeoxyribonucleotide mixture(46個または49個の配列が可能)で、5’末端がリン酸化されている。
pd (N)6 80 nmolは、約150 μg、約5 ODとなる。
pd (N)9 50 nmolは、約150 μg、約5 ODとなる。

Oligo(dT)15 Primer
15塩基のTからなるオリゴヌクレオチド。
8 nmolは、約1 ODとなる。

※各種プライマーのカスタム合成を承ります。

輸送

室温以下

保存

-20℃

プライマー配列

Random Primer (hexadeoxyribonucleotide mixture):pd (N)6
Random Primer (nonadeoxyribonucleotide mixture):pd (N)9
Oligo(dT)15 Primer:d (T)15

形状

Random Primer:凍結乾燥品
Oligo(dT)15 Primer:凍結乾燥品

品質

  • HPLC分析により純度を確認している。
  • 1 nmolの本製品と2 μgの16S、23S rRNAとを37℃、12時間反応させても、RNAの電気泳動パターンに変化は起こらない。

用途

Random Primer
  • mRNAからcDNAを合成する際、逆転写反応用のプライマーとして用いる。
  • RT-PCRの際の1st strand合成時のプライマーとして用いる。
  • 標識dCTPとの組合わせにより、ランダムプライマーDNAラベル法のプライマーとして用いることができる。
Oligo(dT)15 Primer
  • polyA tailをもつmRNAの逆転写反応用のプライマーとして用いる。
  • RT-PCRの際の1st strand合成時のプライマーとして用いる。

注意

Random 9 mer(製品コード 3802)をRNase Free dH2O 1 mlに溶解したもの(最終濃度50 μM)は製品コード RR012A、RR019A/B、RR023A/B、RR025A/BのRT-PCRキットに、また、Random 6 mer(製品コード 3801)をRNase Free dH2Oで最終濃度 20 μMに調製したものは製品コード RR014A/BおよびR022A/BのRT-PCRキットにご使用いただけます。

Oligo(dT)15 Primer(製品コード 3805)は、製品コード 6110A/B、6210A/B、RR014A/B、R022A/B、R023A/B、RR037A/Bのキットに含まれるOligo(dT) Primerとは配列が異なります。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ