目的タンパク質のみを効率よく誘導発現/同位体標識に最適

Single Protein Production System (SPP System™)

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR 3366 3366 SPP System™ Set
  • ライセンス
  • バルクなど特別対応可能
1 Set ¥130,000
説明書・データシート・ベクター情報
TKR 3367 3367 SPP System™ I
  • ライセンス
  • バルクなど特別対応可能
1 Set ¥65,000
説明書・データシート・ベクター情報
TKR 3368 3368 SPP System™ II
  • ライセンス
  • バルクなど特別対応可能
1 Set ¥65,000
説明書・データシート・ベクター情報
TKR 3369 3369 SPP System™ III
  • ライセンス
  • バルクなど特別対応可能
1 Set ¥65,000
説明書・データシート・ベクター情報
TKR 3370 3370 SPP System™ IV
  • ライセンス
  • バルクなど特別対応可能
1 Set ¥65,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

Single Protein Production (SPP) Systemは、米国New Jersey医科歯科大学の井上正順博士らのグループによって開発された技術で、大腸菌のタンパク質MazFが、一本鎖RNAの特定の配列(ACA)を認識して切断する酵素(mRNA Interferase)であることを利用し、宿主由来のタンパク質発現を抑制し目的タンパク質の発現のみを効率よく行う技術である。
SPP Systemでは、アミノ酸配列を保持したまま、発現させたい遺伝子内のACA配列をACAとは異なる配列に置換し、MazFとともに共役発現させる。ほとんどの宿主タンパク質のmRNAはACA配列を有するためMazFにより分解され、新規の発現が抑制されるが、ACA配列のない目的タンパク質遺伝子のmRNAは切断されず、目的タンパク質の発現のみを効率よく進行させることができる。本システムではコールドショック発現ベクターを改変して使用しているため、目的タンパク質のみの誘導発現や安定同位体標識に適している。弊社既存のコールドショック発現ベクター系でも目的タンパク質特異的な安定同位体標識が可能であるが、SPP Systemでは、目的以外のタンパク質の発現がさらに抑制され、目的タンパク質についてさらに高い発現誘導、高い標識効率が得られるようになる。ただし、目的タンパク質によっては、発現量がコールドショック発現ベクター単独系よりも低くなる場合がある。
SPP Systemシリーズの製品には、転写領域内のACA配列を他の配列に置換したSPP System用コールドショック発現ベクターと、適度な発現量を提供するMazF発現プラスミドが含まれている。SPP System用コールドショック発現ベクターには、コールドショック発現ベクターと同様に、TEE(translation enhancing element)配列、Hisタグ配列、Factor Xa切断配列の有無が異なるpCold I (SP-4) DNA~pCold IV (SP-4) DNAの4種類があり、目的に応じて選択することができる。

内容

製品コード 3367~3370
1SPP System用 コールドショック発現ベクター
pCold I~IV (SP-4) DNA (0.5 μg/μl)のいずれか
20 μg
2 MazF (mRNA Interferase) 発現プラスミド
pMazF DNA (20 ng/μl)
0.5 μg
3ポジティブコントロールベクター
pCold I (SP-4) envZB DNA (20 ng/μl)
0.2 μg

製品コード 3366
1SPP System用 コールドショック発現ベクター
pCold I~IV (SP-4) DNA (0.5 μg/μl)
各20 μg
2 MazF (mRNA Interferase) 発現プラスミド
pMazF DNA (20 ng/μl)
0.5 μg
3ポジティブコントロールベクター
pCold I (SP-4) envZB DNA (20 ng/μl)
0.2 μg


<形状>
10 mM Tris-HCl (pH8.0)、1 mM EDTA 溶液

保存

-20℃

SPP Systemの原理

SPP Systemの原理

特長

  • 同位体標識に便利:目的タンパク質が、最大で新生タンパク質の90%以上に達するので効率的なラベリングが可能である。
  • 幅広いホストで使用可能:大腸菌に由来するcspAプロモーターにより転写されるので、ほとんどすべての大腸菌が宿主として使用できる。ただし、共役発現を行うpMazF DNAが選択マーカーとしてクロラムフェニコール耐性遺伝子を使用しているため、クロラムフェニコール耐性を示す大腸菌(Rossetaなど)を宿主とすることはできない。

SPP System用コールドショック発現ベクター概略図


TEE配列*Hisタグ配列Factor Xa
切断配列
pCold I (SP-4) DNA
pCold II (SP-4) DNA×
pCold III (SP-4) DNA××
pCold IV (SP-4) DNA×××

* translation enhancing elementの略称で、翻訳を促進する機能を有する。

GenBankへの登録


Accession No.
pCold I(SP-4) AB248600
pCold II(SP-4)AB248601
pCold III(SP-4)AB248602
pCold IV(SP-4)AB248603

MazF発現プラスミド pMazFの概略図

pMazF概略図

SPP Systemベクターの構築受託について

SPP Systemでは、発現させたい遺伝子内のACA配列を除去(置換)することが必要です。タカラバイオでは、お客様からの遺伝子配列情報をもとに、ACA配列を置換した目的遺伝子の作製およびpCold (SP-4)ベクターへのクローニングの受託サービスを承ります。遺伝子をご提供いただく必要はありません。塩基配列情報のみをいただければ弊社で塩基配列を設計してベクター構築を行い、プラスミドDNAを納品いたします。サービス内容はこちらをご覧ください。

使用上の注意

SPP Systemはラトガース ニュージャージー州立大学よりライセンスを受け、タカラバイオ(株)が製造、販売しています。本製品は研究目的にのみ使用が許可されています。本製品または、本製品を利用して製造したものを商業目的で使用する際は、別途、商業利用契約を締結します。また、本製品、その構成部分またはその誘導体、ならびにこれらで製造されたものを第三者に譲渡(無料配布、販売)できません。
製品ご購入に際しては、添付のライセンス同意書に必要事項を記入の上、ご注文の際に弊社販売店までお渡しください。本同意書が添付されていない場合は製品の出荷ができませんのでご注意ください。ライセンスに関するご質問は下記へご連絡ください。
タカラバイオ(株)  営業部 営業企画担当
TEL:077-565-6972  FAX:077-565-6987
ライセンス同意書

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ