Chaperone Competent Cells BL21シリーズ

シャペロンチームを発現する大腸菌BL21株のコンピテントセル
SOC培地添付
製品コード メーカー
略称
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書、CoA
データシート
ベクター情報
参考資料 カート
Takara Code
9120

TKR

タカラバイオ(株)
Chaperone Competent Cells BL21 Set
労働安全衛生法 安全データシート(SDS)添付 遺伝子組換
100 μl×3×6種類 ¥68,300
説明書・データシート・ベクター情報
9120
9121

TKR

タカラバイオ(株)
Chaperone Competent Cells pG-KJE8/BL21
労働安全衛生法 安全データシート(SDS)添付 遺伝子組換
100 μl×10 ¥35,700
説明書・データシート・ベクター情報
9121
9122

TKR

タカラバイオ(株)
Chaperone Competent Cells pGro7/BL21
労働安全衛生法 安全データシート(SDS)添付 遺伝子組換
100 μl×10 ¥35,700
説明書・データシート・ベクター情報
9122
9124

TKR

タカラバイオ(株)
Chaperone Competent Cells pG-Tf2/BL21
労働安全衛生法 安全データシート(SDS)添付
100 μl×10 ¥35,700
説明書・データシート・ベクター情報
9124
9125

TKR

タカラバイオ(株)
Chaperone Competent Cells pTf16/BL21
労働安全衛生法 安全データシート(SDS)添付 遺伝子組換
100 μl×10 ¥35,700
説明書・データシート・ベクター情報
9125
9126

TKR

タカラバイオ(株)
TaKaRa Competent Cells BL21
労働安全衛生法 安全データシート(SDS)添付
100 μl×10 ¥33,600
説明書・データシート・ベクター情報
9126
カートにいれる

WEB会員ログインが必要です

製品説明

本製品は、Chaperone Plasmid Set(製品コード 3340)に含まれる5種類のシャペロンプラスミドでそれぞれ形質転換した大腸菌BL21株のコンピテントセルである。
本製品に保持されている4種類のプラスミド(pG-KJE8、pGro7、pKJE7、pG-Tf2、pTf16)はタンパク質の折りたたみに共同して働くことが知られている複数の分子シャペロンがそれぞれ一つのプラスミド上にコードされ、シャペロンチームとして効率よく発現するように設計されている。これらのシャペロンチームのいずれかと目的タンパク質を共発現させることにより、発現タンパク質の可溶化を促進することができる。
大腸菌BL21株は、lonプロテアーゼ、ompT外膜プロテアーゼを欠損したB株由来の菌株である。発現タンパク質の安定性の向上が期待できるため、組換えタンパク質の発現に広く用いられている。
通常、シャペロンプラスミドを用いて目的タンパク質とシャペロンチームとの共発現を行うには、まずシャペロンプラスミドで宿主大腸菌を形質転換し、得られた形質転換体を用いてコンピテントセルを作製し、更に目的タンパク質を発現するプラスミドを用いて形質転換を行う必要がある。
本製品は、あらかじめシャペロンプラスミドで形質転換したBL21株から調製したコンピテントセルであるため、一度の形質転換で簡単に目的タンパク質とシャペロンチームとの共発現大腸菌を得ることができる。シャペロンプラスミドを保持する5種類のコンピテントセルの他、コントロール用として、シャペロンプラスミドを含まないBL21株のコンピテントセルも用意している。
本製品は、特に、コールドショック発現ベクターpCold DNAシリーズ(製品について詳しくは「コールドショック発現系について」参照)との組み合わせで高い効果が期待できる。
なお、本製品の宿主に用いているBL21株はT7 RNA Polymeraseを発現していないため、pETシステムなどのT7プロモーターを利用した発現系には使用できない。
注):本製品は、エレクトロポレーションには使用できません。

内容

●Chaperone Competent Cells BL21 Set(製品コード 9120) 横にスクロールできます
1.Chaperone Competent Cells pG-KJE8/BL21
100 μl×3本
2.Chaperone Competent Cells pGro7/BL21100 μl×3本
3.Chaperone Competent Cells pKJE7/BL21100 μl×3本
4.Chaperone Competent Cells pG-Tf2/BL21100 μl×3本
5.Chaperone Competent Cells pTf16/BL21100 μl×3本
6.TaKaRa Competent Cells BL21100 μl×3本
7.pUC19 DNA (0.1 ng/μl)10 μl×1本
8.SOC Medium*1 ml×18本

●Chaperone Competent Cells pG-KJE8/BL21(製品コード 9121)
●Chaperone Competent Cells pGro7/BL21(製品コード 9122)
●Chaperone Competent Cells pKJE7/BL21(製品コード 9123)(終売しました)
●Chaperone Competent Cells pG-Tf2/BL21(製品コード 9124)
●Chaperone Competent Cells pTf16/BL21(製品コード 9125)
●TaKaRa Competent Cells BL21(製品コード 9126)

製品コード 9121-9126の内容
1.コンピテントセル
100 μl×10本
2.pUC19 DNA (0.1 ng/μl)10 μl
3.SOC Medium1 ml×10本

* SOC Mediumの組成
2%Tryptone
0.5%Yeast extract
10 mMNaCl
2.5 mMKCl
10 mMMgSO4
10 mMMgCl2
20 mMGlucose

【ご注意】
SOC Mediumを溶かした際に、稀に沈殿が生じる場合がありますが、品質には全く問題ありません。
沈殿が生じた場合は、室温で混ぜるかもしくは37℃で数分間温めて沈殿を溶かしてご使用ください。

保存

-80℃

シャペロンプラスミド概略図

Chaperone Plasmid概略図
横にスクロールできます
No.PlasmidChaperonePromoterInducerResistant MarkerReferences
1pG-KJE8dnaK-dnaJ-grpE
groES-groEL
araB
Pzt-1
L-Arabinose
Tetracyclin
Cm4, 5
2pGro7groES-groELaraBL-ArabinoseCm4
3pKJE7dnaK-dnaJ-grpEaraBL-ArabinoseCm4
4pG-Tf2groES-groEL-tigPzt-1TetracyclinCm5
5pTf16tigaraBL-ArabinoseCm5

<利用できる発現用プラスミド>
シャペロンプラスミドはpACYCの複製起点およびクロラムフェニコール耐性遺伝子 (Cmr遺伝子) を利用しているため、最もよく利用されているColE1タイプのアンピシリン耐性遺伝子をマーカーとした発現用プラスミドが使用できる。各シャペロン遺伝子はaraB あるいはPzt-1(tet) プロモーター下流に配置されており、目的遺伝子をlac など、他のプロモーターのコントロール下におけば、目的タンパク質とシャペロンを別々に誘導することが可能である。各プロモーターに必要なコンポーネント (araC あるいはtetR ) はプラスミド上に配置されている。ただし、クロラムフェニコール耐性遺伝子を含む発現プラスミドと組み合わせては利用できない。
本製品は、特にコールドショック発現ベクターpCold DNAシリーズ(製品について詳しくは「コールドショック発現系について」参照)との組み合わせで高い効果が得られる。
また、本製品の宿主に用いているBL21株はT7 RNA Polymeraseを発現していないため、pETシステムなどのT7プロモーターを利用した発現系には使用できない。

DNAのシーケンスデータ

Genotype

E.coli BL21:F, ompT, hsdSB(rBmB), gal, dcm

使用上の注意

本製品のうち、Chaperone Plasmid pG-KJE8、pGro7、pKJE7、pTf16を保持する大腸菌にはSalmonella typhimuriumaraBプロモーターおよびaraC遺伝子が含まれる (製品コード 9120, 9121, 9122, 9123, 9125)。これらは、「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」の遺伝子組換え生物等に該当する。使用に際しては、「研究開発等に係る遺伝子組換え生物等の第二種使用等に当たって執るべき拡散防止措置を定める省令」 (平成16年文科省・環境省令第1号) および組織内の安全委員会の指示に従ってください。

Chaperone Plasmidおよびその関連製品は、研究目的のみの使用に限定しています。スクリーニングや生産など商用目的での使用にあたっては、別途、弊社との間で商業利用契約の締結が必要です。また、同製品を許可なく改変したり、プラスミド調製のために使用することを禁じます。詳細は下記までお問い合わせ下さい。
タカラバイオ(株)  営業支援部
TEL:077-565-6972  FAX:077-565-6987

コールドショック発現ベクター 製品ガイド

下記よりPDFでご覧いただけます。
印刷物はこちらからご請求ください。(資料請求フォームへ)
注意事項
  • 本ページの製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。