4℃で活性をもつHNタグ付きプロテアーゼ

HRV 3C Protease

  • pCold TFpCold ProS2pCold GSTで発現させたタグ融合タンパク質からの、タグ配列の切断除去に最適
  • 4℃で十分なプロテアーゼ活性を示し、目的タンパク質を低温に保ちながらタグ配列を切断可能
  • プロテアーゼ自体が6×HNタグを持つため、切断反応後TALON樹脂などにより吸着除去可能
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR 7360 7360 HRV 3C Protease
  • ライセンス
500 U ¥20,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

HRV 3C Proteaseは、ヒトライノウイルス14型由来の3C Proteaseを大腸菌で発現させた組換えタンパク質であり、高純度に精製された6×HNタグとの融合タンパク質である。
本酵素は、Native体と同等の活性をもっており、特定のアミノ酸配列:LeuGluValLeuPheGln ↓ GlyProを認識・切断するため、HRV 3C Protease認識配列を持つタグ融合タンパク質のタグ配列の切断に用いることができる。本酵素は、6×HNタグ融合タンパク質であるため、反応後、TALON Metal Affinity ResinやHis60 Ni Superflow ResinなどのIMAC(immobilized metal affinity chromatography)に吸着することによって反応液から容易に除去することができる。また、本酵素は4℃で十分な活性を示すので、目的タンパク質の活性を損なうことなく、安定な状態で切断が行える。
本製品には、反応のコントロールとしてCleavage Control Fusion Proteinが含まれている。Control ProteinはN末端に6×HNタグを持ち、HRV 3C Proteaseによって52 kDaのTrigger Factorおよび24 kDaのGSTに切断されるため、切断後、SDS-PAGEで容易に切断を確認することができる。

内容

HRV 3C Protease(1 U/μl)500 U
Cleavage Control Fusion Protein(1 μg/μl)10 μg
10×HRV 3C Cleavage Buffer10 ml

保存

-20℃

形状・組成

HRV 3C Protease Storage Buffer
50 mM Tris-HCl(pH8.0 at 25℃)
150 mM NaCl
1 mM EDTA
0.5 mM THP
50% Glycerol

Cleavage Control Fusion Protein Storage Buffer
50 mM Tris-HCl(pH7.5 at 25℃)
100 mM NaCl
10 mM EDTA

10×HRV 3C Cleavage Buffer
500 mM Tris-HCl(pH7.5 at 25℃)
1.5 M NaCl

活性の定義

Cleavage Control Fusion Proteinを基質として、HRV 3C Cleavage Buffer(50 mM Tris-HCl,150 mM NaCl, pH7.5)中において、100 μgの基質を4℃、16時間で95%以上切断する活性を1 Uとする。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ