ヒト神経幹細胞・培地キット

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CEL Y40050 Y40050 Human Neural Cortex Stem Cell Line Kit
1 Kit ¥220,000
説明書・データシート・ベクター情報
CEL Y40060 Y40060 Human Neural Hindbrain Stem Cell Line Kit
1 Kit ¥220,000
説明書・データシート・ベクター情報
CEL Y40070 Y40070 Human Neural Mid Forebrain Stem Cell Line Kit
1 Kit ¥220,000
説明書・データシート・ベクター情報
CEL Y40080 Y40080 Human Neural Spinal Cord Stem Cell Line Kit
1 Kit ¥220,000
説明書・データシート・ベクター情報
CEL Y40090 Y40090 Human Neural Temporal Lobe Stem Cell Line Kit
1 Kit ¥220,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

ヒト神経幹細胞・培地キットは以下の細胞とRHB-A培地(製品コード Y40001)から構成されている。
ヒト神経幹細胞は胎児の脳組織由来であり、Cortex(皮質)、Hindbrain(後脳) Mid Forebrain(中、前脳) Spinal Cord(脊髄)Temporal Lobe(側頭葉)由来の細胞がある。
ドナーは既知の健康上の問題、遺伝性疾患、遺伝的素因を持たず、また遺伝子改変はされていない。

内容

Human Neural Cortex Stem Cell Line Kit(製品コード Y40050)
Human Neural Cortex1 vial(~1.5×106 cells)
RHB-A500 ml
Human Neural Hindbrain Stem Cell Line Kit(製品コード Y40060)
Human Neural Hindbrain1 vial(~1.5×106 cells)
RHB-A500 ml
Human Neural Mid Forebrain Stem Cell Line Kit(製品コード Y40070)
Human Neural Mid Forebrain1 vial(~1.5×106 cells)
RHB-A500 ml
Human Neural Spinal Cord Stem Cell Line Kit(製品コード Y40080)
Human Neural Spinal Cord1 vial(~1.5×106 cells)
RHB-A500 ml
Human Neural Temporal Lobe Stem Cell Line Kit(製品コード Y40090)
Human Neural Temporal Lobe1 vial(~1.5×106 cells)
RHB-A500 ml

保存

細胞:液体窒素保存
 到着後、ただちに液体窒素で保存してください。
RHB-A:-20℃

用途

・接着単層培養での拡大
・生物学的、機能的神経分化の特性の研究
・接着単層培養での神経分化(参考文献1)
・化合物のライブラリースクリーニング(参考文献2)

品質規格

ヒト神経幹細胞は、融解後の増殖、生存率を確認している。また、Nestin、SOX2、3CB2、Vimentinの発現およびMAP2の陰性(または最小レベルの発現)を確認している。

培養方法

ヒト神経幹(NS)細胞は、ラミニンでコートしたフラスコを用いて20 ng/ml 組換えヒトEGFと 20 ng/ml 組換えヒトFGF(FGF-2/bFGF)を含むRHB-Aで培養を行う。細胞は、3~4×104cells/cm2の密度で播種する。
* 組換えヒトEGF(Peprotech社 Cat. AF-100-15)、組換えヒトFGF-basic(Peprotech社 Cat. AF-10-18B)を別途用意する。

推奨プレート

10 μg/ml ラミニンでコートしたフラスコを用いる。
* Natural Mouse Laminin(Thermo Fisher Scientific社 Cat. 23017-015)またはLaminin from Engelbreth-Holm-Swarm murine sarcoma basement membrane(Sigma-Aldrich社 Cat. L2020)を別途用意する。

継代

5~7日培養後、80~90%コンフルエントになったら、1:2の割合で継代を行う。
※継代には、StemPro Accutase(Thermo Fisher Scientific社 Cat. A11105-01)を推奨する。

神経幹細胞の分化

神経幹細胞を培養後、分化を行うには、Hookらの方法(参考文献1)およびCortiらの方法(参考文献3)を推奨する。
分化には、さらに以下の分化用培地(3種類)、コーティング剤(poly-L-ornithine)が必要である。
分化用培地 1RHB-Basal(製品コード Y40000)NDiff N2-AF(製品コード Y40110)、B-27 Serum-Free Supplement (50X)(Thermo Fisher Scientific社 Cat. 17504-044)、組換えヒトFGF-basic(Peprotech社 Cat. AF-10-18B)
分化用培地 2RHB-Basal(製品コード Y40000)、Neurobasal Medium, minus phenol red(Thermo Fisher Scientific社 Cat. 12348-017)、NDiff N2-AF(製品コード Y40110)、B-27 Serum-Free Supplement (50X)(Thermo Fisher Scientific社 Cat. 17504-044)、組換えヒトFGF-basic(Peprotech社 Cat. AF-10-18B)、GlutaMAX Supplement(Thermo Fisher Scientific社 Cat. 35050-061)
分化用培地 3:Neurobasal Medium, minus phenol red(Thermo Fisher Scientific社 Cat. 12348-017)、B-27 Serum-Free Supplement (50X)(Thermo Fisher Scientific社 Cat. 17504-044)、BDNF(Peprotech社 Cat. 450-02)、GlutaMAX Supplement(Thermo Fisher Scientific社 Cat. 35050-061)

プレートコーティング:Poly-L-Ornithine solution(Sigma-Aldrich社 Cat. P4957)

参考文献

  1. Non-immortalized human neural stem (NS) cells as a scalable platform for cellular assays.
    Hook L, Vives J, Fulton N, Leveridge M, Lingard S, Bootman MD, Falk A, Pollard SM, Allsopp TE, Dalma-Weiszhausz D, Tsukamoto A, Uchida N, Gorba T. Neurochem Int. 2011 Sep;59(3):432-444.
  2. Automated large-scale culture and medium-throughput chemical screen for modulators of proliferation and viability of human induced pluripotent stem cell-derived neuroepithelial-like stem cells.
    McLaren D, Gorba T, Marguerie de Rotrou A, Pillai G, Chappell C, Stacey A, Lingard S, Falk A, Smith A, Koch P, Brüstle O, Vickers R, Tinsley J, Flanders D, Bello P, Craig S. J. Biomol. Screen. 2013 Mar;18(3):258-268.
  3. Niche-independent symmetrical self-renewal of a mammalian tissue stem cell.
    Conti L, Pollard SM, Gorba T, Reitano E, Toselli M, Biella G, Sun Y, Sanzone S, Ying QL, Cattaneo E, Smith A. PLoS Biol. 2005 Sep;3(9):e283.
RHB-Aを用いたHuman Neural Cortex Stem Cell Lineの長期培養
図1.RHB-Aを用いたHuman Neural Cortex Stem Cell Lineの長期培養
Human Neural Cortex Stem Cell LineをRHB-Aを用いて培養した。増殖能および未分化状態(Nestin発現)を維持していることが確認できた。

■Human Neural Cortex Stem Cell Line

RHB-A長期培養Human Neural Cortex Stem Cell Lineから神経細胞・アストロサイトへの分化誘導
図2.RHB-A長期培養Human Neural Cortex Stem Cell Lineから神経細胞・アストロサイトへの分化誘導
RHB-Aを用いて長期培養したHuman Neural Cortex Stem Cell Lineを、RHB-A(RHB-Basal)をベースとした分化培地でそれぞれ28日間(分化誘導法A)、22日間(分化誘導法B)分化誘導することで、MAP2陽性細胞(神経細胞/上段)、GFAP陽性細胞(アストロサイト/下段)を取得した。 分化誘導法の詳細はこちらをご覧ください。

関連のオンラインガイド、資料はこちら

幹細胞研究ガイド
タカラバイオで展開している幹細胞研究のための試薬・受託サービス選択ガイドの他、関連情報をまとめています。


Cellartis 幹細胞研究用製品ガイド(2016年3月作成)
ダウンロード(10.0 MB)

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ