遠心法による陰イオン交換カラム精製後のプラスミドDNAの濃縮・脱塩

NucleoSpin® Finisher Midi

  • NucleoBond Xtra/PCのプラスミド調製における脱塩、濃縮ステップにおいて、イソプロパノール沈殿と比較し、大幅な時間短縮が可能
  • ファンネルタイプのカラムにより、多サンプルを同時に遠心操作で処理
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
MNA 740439.10 U0439A NucleoSpin® Finisher Midi
10回 ¥9,000
説明書・データシート・ベクター情報
MNA 740439.50 U0439B NucleoSpin® Finisher Midi
50回 ¥36,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

NucleoSpin Finisher Midiは、プラスミドDNA溶液精製のために行う従来のイソプロパノール沈殿および遠心ステップの代わりに、ファンネルカラムを用いた遠心操作により、迅速に多サンプルのDNA溶液の沈殿および濃縮を行うことができる。

原理シリカメンブレン法
形状ファンネルカラム
サンプル陰イオン交換クロマトグラフィー精製溶出後のプラスミド溶液
対応可能なベクターサイズ≦25 kb
回収率 90~100%
溶出液量≧100 μl
精製時間<15分/6 preps
適応キットNucleoBond Xtra Midi (EF), Maxi (EF), PC20, PC100, PC500
(NucleoBond Xtra MaxiおよびPC500は複数回の溶出を行うため、
Precipitation Bufferが追加で必要)
結合容量1.5 mg

操作手順

プラスミドDNA溶液に Precipitation Buffer FBを加え、NucleoSpin Finisher Midi Columnにロードし、遠心操作でカラムにDNAを吸着後、塩や不純物を除くために Wash Bufferで洗浄する。
その後、エンドトキシンフリーのH2Oにより、精製プラスミドを溶出する。

内容

・Buffer FB
・Buffer A4 (concentrate)
・H2O-EF
・NucleoSpin Finisher Midi Columns (in 50 ml Collection Tubes)

保存

室温

本製品以外に必要な試薬、機器(主なもの)

・50 mlのチューブが遠心可能な遠心機
・96~100%エタノール

図. 迅速なプラスミドDNAの脱塩と濃縮
NucleoBond Xtra Maxiで調製したプラスミド溶出液を、NucleoSpin Finisher Midiまたは通常のイソプロパノール沈殿により沈殿させ、プラスミドの調製を行った。NucleoSpin Finisher Midiを用いた場合は、6サンプルを20分以内で処理できた。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ