セルベースアッセイなどの基本ツールの構築に!

安定発現細胞株作製・哺乳動物細胞実験

■お問い合わせ窓口(B)

TEL:077-565-6999


[サンプル送付先]
タカラバイオ株式会社 CDMセンター 細胞工学研究 受託受付担当 宛て
〒525-0058 滋賀県草津市野路東七丁目4番38号
TEL:077-567-9262
ご注意:伝票の品名に受託名をご記載ください。 お問い合わせフォームは こちら

特長

  • お客様の細胞に目的遺伝子を恒常的に発現
  • 任意のプロモーターを挿入可能!発現ユニットのマルチ挿入による高発現株作製に
  • 哺乳動物細胞を用いた各種アッセイについてもサポート

概要

お客様から提供いただく任意の哺乳動物細胞(CHO、HEK293など)にDNAトランスフェクション法により目的遺伝子を導入し、薬剤選択により遺伝子安定発現細胞株(stable clone)を取得します。目的遺伝子について、タグやシグナルの付加、レポータータンパク質との共発現など、実験に適したプラスミドの構築からご相談させていただきます。
その他、レトロウイルスベクターレンチウイルスベクターを用いた遺伝子導入による安定発現細胞株作製も承ります。また、哺乳動物細胞を用いた各種実験など、お客様の研究目的に応じてご要望を承ります。
動物作成受託フロー

サービス内容

作業は、相談のうえ、ご希望に沿った形で提案させていただきます。
  • DNAトランスフェクション法による遺伝子安定発現細胞株 (stable clone) の作製
    標準作業は以下のとおりです。
DNAトランスフェクション法による遺伝子安定発現細胞株 (stable clone) の作製

遺伝子の一過性発現を確認してから安定発現細胞株作製に進むことができます。
ウェスタンブロット解析やFCM解析での発現確認をご希望の場合には、一次抗体およびポジティブコントロールタンパク質/細胞をご提供いただきます。
レトロウイルスベクターレンチウイルスベクター感染による遺伝子導入も別途承ります。

  • 遺伝子増幅発現系(dhfr)での安定発現細胞株作製
    CHO/dhfr(-) 細胞において作製します。遺伝子増幅を行わない系に比べて、1オーダー以上高いタンパク質発現量が期待できます。タンパク質取得を目的とされる場合に、ご検討ください。
  • shRNA安定発現細胞株の作製
  • 不死化細胞株の作製
  • 抗体遺伝子発現細胞株の作製
  • 哺乳動物細胞実験
  • 哺乳動物細胞を用いた各種アッセイなど
    ・細胞の薬剤処理による目的遺伝子の発現検討
    ・各種レポーターアッセイ
    ・アポトーシスの検出
    ・細胞増殖アッセイ
    プロトコールの定まった細胞アッセイ代行も承ります。お気軽にご相談ください。
【オプションサービス】

価格・納期

サービス項目 参考価格 参考納期
遺伝子安定発現細胞株の作製  
DNAトランスフェクション法*1 ¥2,100,000~  1件あたり 約3~4ヵ月
レトロウイルスベクター感染法*2 ¥2,700,000~  1件あたり 約2~3ヵ月
レンチウイルスベクター感染法*2 ¥2,700,000~  1件あたり 約2~3ヵ月
遺伝子増幅発現系での安定発現細胞株作製*1 ¥2,500,000~  1件あたり 約4~5ヵ月
(ウェスタンブロット解析) 別途ご相談
(FCM解析) 別途ご相談
(哺乳動物細胞実験) 別途ご相談
(その他アッセイ等) 別途ご相談
*1 各工程の結果により以後の作業を中断する場合は、実施した工程の価格を承ります。
*2 ウイルスベクター感染による安定発現株は2種(目的遺伝子とネガティブコントロール等)を同時に作製し、薬剤耐性pool細胞として作製します。クローン株をご希望の場合は、別途費用を申し受けます。
プラスミド構築費用は別途申し受けます。

・価格・納期は手法や細胞により異なりますので、別途ご相談ください。

納品物

  • 作業報告書
  • 安定発現細胞株作製受託の場合は、標準として安定発現細胞株10クローン以上の凍結細胞

ご注文方法

以下のフォーマットにご記入のうえ、依頼書記載のFAX番号へご送付ください。
※ 臨床検体由来細胞への導入をご要望の際は、ウイルス感染否定試験(HIV、HCV、HBV陰性)の結果をご提示下さい。
受託サービスをお申込みいただく前に、「臨床検体サンプルおよび供与細胞に関する情報提供用紙」にご記入の上、弊社へお送りください。 弊社にてご提供いただいた情報を元にお取り扱いの可否を判断して折り返しご連絡いたします。

  • ウイルスベクター感染による安定株作製をご希望の場合は、以下の手続きの後に実際のサービスを開始します。
    手続きに必要な書類(<>内)をダウンロードしてご使用ください。
    1. 挿入遺伝子に関する情報を開示ください。 <遺伝子情報書式用紙 ver.6 : 2つのsheetがあります>
      タカラバイオ遺伝子組換え実験安全委員会への申請に必要な情報(遺伝子産物の性質、塩基配列等)をお知らせいただきます。
      電子ファイルに必要事項をご記載後、こちらにメールでお送りください。フラッシュメモリやCD-R等の媒体での郵送も受け付けます。
      なお、配列情報の郵送、メール送信の際には情報漏洩に充分ご注意ください。(弊社では責任を負いかねます)
      情報の扱いには十分注意を払っております。また、情報開示にあたり、秘密保持契約を必要とされる場合はご用意いたします。
    2. タカラバイオ安全委員会において、開示いただいた遺伝子情報をもとに、必要とされる物理的封じ込めレベルを判断し、折り返しご連絡させていただきます。 P2レベル以下で扱うことができない場合、サービスをお断りすることになります。

受入サンプル

  • 薬剤耐性遺伝子搭載の目的遺伝子発現プラスミド溶液 など

ご留意事項

ヒト生体試料の解析にあたり、個人情報に関わるサンプルは、お客様ご所属施設の倫理委員会等で遺伝子解析研究に用いられることの承認が得られており、かつお客様の元で匿名化されたものに限らせていただきます。
詳しくは、「ヒトゲノム・遺伝子解析受託サービスについて」をお読みください。
お客様よりご提供いただいたサンプル・情報および納品物の複製物は、別途期限を定めている場合を除き、業務終了後3ヵ月を経過すると順次廃棄いたします。ご了承ください。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 本受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。納品物を試験研究目的以外へご使用される場合、弊社では納品物に起因する損失・損害等については一切の責任を負いかねます。納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合がありますのでご注意ください。
  • 納品物に起因して、直接的もしくは間接的に発生したお客様の損害については、明らかに弊社の責に帰すべき事由による場合を除いて、弊社は一切その責任を負いません。

▲このページのトップへ