トランスフェクショングレードのプラスミドをミニプレップで調製

NucleoSpin® Plasmid Transfection-grade

  • ミニプレップでトランスフェクションに使用できるプラスミドDNAを精製
  • 精製プラスミド中の混入エンドトキシン量を低減する新技術を採用
  • スピンカラムタイプで迅速、簡単(精製時間は14分)

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別)
キャンペーン価格
特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
MNA 740490.10 U0490A NucleoSpin® Plasmid Transfection-grade
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
10回 ¥4,500
説明書・データシート・ベクター情報
MNA 740490.50 U0490B NucleoSpin® Plasmid Transfection-grade
  • プラスミドDNA調製
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
50回 ¥12,000
¥8,400
2017/11/27~
2018/02/28

説明書・データシート・ベクター情報
MNA 740490.250 U0490C NucleoSpin® Plasmid Transfection-grade
  • プラスミドDNA調製
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
250回 ¥52,000
¥36,400
2017/11/27~
2018/02/28

説明書・データシート・ベクター情報

※色文字での表示は、キャンペーン価格およびそのキャンペーン期間です。

製品説明

NucleoSpin Plasmid Transfection-gradeは、改良したアルカリ溶解法によってトランスフェクション可能なプラスミドDNAを取得できるミニプレップキットである。5 mlまでの大腸菌培養液からシリカメンブレンにDNAを結合させることでプラスミドDNAを精製できる。またこのキットではエンドトキシン除去用のDetoxification Buffer ERBによる洗浄ステップが追加されており、エンドトキシンの混入を抑えたDNA精製を行うことができる。
精製プラスミドDNAは、Buffer AE(5 mM Tris-HCl, pH8.5)により低イオン強度条件下で溶出されるため、トランスフェクションなど一般的な実験に直接使用できる。

原理シリカメンブレン法、エンドトキシン低減法
形状ミニスピンカラム
エンドトキシン量<50 EU/μg DNA
推奨する大腸菌培養液量 ≦5 ml(高コピープラスミド)
プラスミドDNAサイズ<15 kb
回収量15~30 μg
A260/2801.80~1.85
溶出液量30~50 μl
精製時間14分
結合容量35 μg

操作手順


図1.各精製法でのエンドトキシン残量
精製プラスミド溶液中のエンドトキシン残量を定量LALアッセイ(比色法)により測定した。エンドトキシン残量は、プラスミド精製法により大きく違っていた。NucleoSpin Plasmid Transfection-gradeを使用して精製されたプラスミドでは、エンドトキシンは低レベルであり、通常の株化培養細胞へのトランスフェクションにそのまま使用できることが分かった。


図2. 細胞生存率の比較
NucleoSpin Plasmid Transfection-gradeで精製したプラスミドを用いて、HEK293細胞への遺伝子導入実験を行った。Lipofectoamine 2000(Thermo Fisher Scientific社)によるlipofectionおよびLonza社の機器を用いたnucleofectionの2つの手法を用いて導入実験を行い、プラスミドの添加の有無で細胞の生存率を比較した。プラスミドの有無でほぼ生存率に違いはなく、NucleoSpin Plasmid Transfection-gradeで精製したプラスミドがHEK293細胞へのトランスフェクションに使用できることが示された。

内容

・Resuspension Buffer A1
・Lysis Buffer A2
・Neutralization Buffer A3
・Detoxification Buffer ERB
・Wash Buffer AQ (Concentrate)
・Elution Buffer AE
・RNase A(凍結乾燥品)
・NucleoSpin Plasmid TG Columns (blue rings)
・Collection Tubes (2 ml)

* 組成:5 mM Tris-HCl, pH8.5

保存

室温
(RNase Aを添加したBuffer A1は4℃で保存する。6ヵ月間安定)
※Buffer A2にはSDSが含まれているため、20℃以下で保存すると、沈殿が生じることがある。
沈殿が生じた場合は、30~40℃で数分間、ボトルを保温し、混合して溶解した後に使用する。

本製品以外に必要な試薬、機器(主なもの)

試薬
・96~100%エタノール

器具
・1.5 mlマイクロ遠心チューブ
・微量高速遠心機

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ