GSTタグ融合発現コールドショックベクター

pCold™ GST DNA

  • 発現条件の至適化なしでも高い可溶化率を実現
  • GSTアフィニティー精製、Hisタグ精製、タグ切断が可能
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR 3372 3372 pCold™ GST DNA
  • ライセンス
25 μg ¥100,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

pCold GST DNAは、コールドショックベクターをベースとして大阪大学蛋白質研究所の児嶋長次郎准教授により開発された、Schistosoma japonicum由来のグルタチオンSトランスフェラーゼ(GST)を可溶化タグとして利用する発現ベクターである。GSTを目的タンパク質のN末端側に融合発現させることで、融合タンパク質の安定性と可溶性の向上が期待できる。
本ベクターでは、cspAプロモーターの下流に5’非翻訳領域(5’UTR)とtranslation enhancing element(TEE)、Hisタグ、GSTタグ、multi-cloning site(MCS)などが配置されている(下図)。また、プロモーターの下流には発現を厳密に制御するためのlac operatorが挿入されている。
GSTタグ融合タンパク質は親和性の高いアフィニティー精製が可能であり、さらにGSTタグとMCSの間には融合タンパク質からタグを除去するために特異性の高いHRV 3C Proteaseの認識配列が挿入されている。HRV 3C Proteaseは至適温度が4~5℃と低いため、目的タンパク質に対して穏やかな条件でタグ切断反応を行うことができる。
また、pCold GST DNAは大腸菌のプロモーターを用いているため、他のpCold DNAシリーズと同様に、ほとんどの大腸菌株を発現用宿主として利用可能である。

保存

-20℃

pCold GST DNAのシーケンスデータ

ZIP形式で圧縮しておりますが、StuffIt Expander等でも解凍できます。

 pCold GST DNAのシーケンスデータ(fasta形式のテキストファイル)

使用上の注意

pColdベクターはラトガース ニュージャージー州立大学よりライセンスを受け、タカラバイオ(株)が製造、販売しています。本製品は研究目的にのみ使用が許可されています。本製品または、本製品を利用して製造したものを商業目的で使用する際は、別途、商業利用契約を締結します。 また、本製品、その構成部分またはその誘導体、ならびにこれらで製造されたものを第三者に譲渡(無料配布、販売)できません。
製品ご購入に際しては、添付のライセンス同意書に必要事項を記入の上、ご注文の際に弊社販売店までお渡しください。本同意書が添付されていない場合は製品の出荷ができませんのでご注意ください。ライセンスに関するご質問は下記へご連絡ください。
タカラバイオ(株)  営業部 営業企画担当
TEL:077-565-6972  FAX:077-565-6987
ライセンス同意書

コールドショック発現ベクター 製品ガイド

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ