超音波破砕装置不要のゲノムDNA断片化キット

DNA Fragmentation Kit

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR 6137 6137 DNA Fragmentation Kit
  • 労働安全衛生法
  • 化学物質排出把握管理促進法(PRTR法)
  • 安全データシート(SDS)添付
20回 ¥25,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

本製品は、超音波破砕装置などの特殊な装置を使用せず、酵素処理によってゲノムDNA等の長鎖DNAをランダムに断片化し、さらに平滑化するためのキットである。平滑化した断片はそのまま平滑末端ベクターに組み込むことができる。また、平滑化を必要としない場合は、断片化までで反応を止めることもできる。
メチル化DNA濃縮や高速シーケンス解析のための前処理にも、本製品を利用可能である。

内容

(20回分、20 μl反応系)
1. Enzyme-120 μl
2. Dilution Buffer-11,040 μl
3. A solution20 μl
4. B solution50 μl
5. Stop solution400 μl
6. 150 mM MgCl240 μl
7. Dilution Buffer-2200 μl
8. Enzyme-220 μl
9. 0.5 M EDTA50 μl
10. dH2O1 ml×10 本

保存

-20℃
コンポーネント3、4、6、9、10は、4℃保存も可能

キット以外に必要なもの(主なもの)

サーマルサイクラー 2台(1台でも可)
電気泳動用Loading Buffer
Loading Buffer に含まれるDyeは断片化サイズ(100~1,000 bp)と重ならない位置に泳動されるもの(例:Orange Gなど)をお勧めする。BPBやXylene Cyanol は断片化されたサイズと重なるため、使用の際には注意する。

断片化反応

【推奨する反応液量】
ゲノムDNA 100 ng以下の場合:10 μl反応系
ゲノムDNA 100 ng~1 μgの場合:20 μl反応系
※1 μg以上の場合は、1 μg/20 μlを反応単位として反応チューブを増やす。あるいは最大5 μg/100 μl反応系までのスケールアップも可能である。


【断片化の確認】
ゲノムDNA 200~250 ng相当量を1.5% Agarose L03で電気泳動する。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ