制限酵素の基礎をご紹介

TaKaRa制限酵素Onlineデータベース

~制限酵素の基礎知識~

~実用的なデータ・ツールのご紹介~
▶認識サイトを検索する
 ・Takara Cut-Site Navigatorのご紹介
 ・各種プラスミド・λDNAの制限酵素切断地図
▶クロ―ニングに使用する
 ・クローニング操作の基本フロー
 ・Double Digestion用推奨Universal Buffer
 ・pUC18/19/118/119マルチクローニングサイトにおける2種類の制限酵素による切断
 ・Ligation & Recuttingのための制限酵素一覧表
▶エピジェネティクス解析に使用する
 ・エピジェネティクス解析フローチャート
 ・DNAメチル化解析に利用可能なCpGメチル化感受性制限酵素

~TaKaRa制限酵素の性能・品質~
▶品質について
 ・制限酵素Genome DNA Analysis Grade
 ・Ligation-Recutting 効率品質規格
 ・pKF3 Cloning Test
▶性能・活性について
 ・pBR322、pUC19の完全分解に必要な反応時間
 ・pKF3の完全分解に必要な反応時間
 ・16時間反応での完全分解に必要な酵素量
 ・長時間制限酵素を反応させたときの残存活性
 ・各種失活処理後の残存活性

~制限酵素に関するQ&A~
 ・Q&Aはこちら

~各種一覧表~
 ・制限酵素一覧表
 ・Isoschizomer一覧表
 ・認識部位による制限酵素の分類表
 ・制限酵素切断部位数一覧表
 ・制限酵素形状一覧

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ