TransIT®-VirusGEN™ Transfection Reagent

アデノ随伴ウイルス産生用トランスフェクション試薬
  • アデノ随伴ウイルス(AAV)、レンチウイルスを高タイターで産生
  • HEK293T細胞培養システム(接着培養および浮遊培養)に対応
  • 幅広い培養スケールで使用可能
transIT-Virusgenチラシ
製品コード メーカー
略称
製品名 容量 価格(税別)
キャンペーン価格
特記事項 説明書、CoA
データシート
ベクター情報
参考資料 カート
Takara Code
MIR6703

MIR

Mirus Bio社
TransIT®-VirusGEN™ Transfection Reagent
トランスフェクション試薬 労働安全衛生法 安全データシート(SDS)添付
0.3 ml ¥24,000
¥19,200
2020/11/16~
2021/03/31

説明書・データシート・ベクター情報
V6703
MIR6704

MIR

Mirus Bio社
TransIT®-VirusGEN™ Transfection Reagent
トランスフェクション試薬 労働安全衛生法 安全データシート(SDS)添付
0.75 ml ¥57,000
¥45,600
2020/11/16~
2021/03/31

説明書・データシート・ベクター情報
V6704
MIR6700

MIR

Mirus Bio社
TransIT®-VirusGEN™ Transfection Reagent
トランスフェクション試薬 労働安全衛生法 安全データシート(SDS)添付
1.5 ml ¥90,000
¥72,000
2020/11/16~
2021/03/31

説明書・データシート・ベクター情報
V6700
MIR6705

MIR

Mirus Bio社
TransIT®-VirusGEN™ Transfection Reagent
トランスフェクション試薬 取寄 労働安全衛生法 安全データシート(SDS)添付
1.5 ml×5 ¥390,000
¥312,000
2020/11/16~
2021/03/31

説明書・データシート・ベクター情報
V6705
MIR6706

MIR

Mirus Bio社
TransIT®-VirusGEN™ Transfection Reagent
トランスフェクション試薬 取寄 労働安全衛生法 安全データシート(SDS)添付
1.5 ml×10 ¥710,000
¥568,000
2020/11/16~
2021/03/31

説明書・データシート・ベクター情報
V6706
MIR6710

MIR

Mirus Bio社
TransIT®-VirusGEN™ Transfection Reagent Sample
労働安全衛生法 安全データシート(SDS)添付
0.1 ml サンプルお申込みはこちら 説明書・データシート・ベクター情報
V6710S
MIR6620

MIR

Mirus Bio社
TransduceIT™ Transduction Reagent
トランスフェクション試薬 レンチウイルスベクターによる遺伝子導入 取寄
1 ml ¥4,200
¥3,360
2020/11/16~
2021/03/31

説明書・データシート・ベクター情報
V6620
※色文字での表示は、キャンペーン価格およびそのキャンペーン期間です。
横にスクロールできます
カートにいれる

WEB会員ログインが必要です

製品説明

TransIT-VirusGEN Transfection Reagentは、HEK293Tタイプの細胞へのトランスファーベクターやパッケージングベクターの導入を促進し、アデノ随伴ウイルス(AAV)、およびレンチウイルスの産生能を上げることができるトランスフェクション試薬である。接着培養、浮遊培養のどちらの細胞培養システムでも使用可能である。
TransduceIT Transduction Reagentは臭化ヘキサジメトリン(hexadimethrine bromide)溶液であり、レンチウイルスによる遺伝子導入効率の向上に汎用的に利用されている。
接着培養、浮遊培養でのAAV産生―トランスフェクション試薬の比較
図1.接着培養、浮遊培養でのAAV産生―トランスフェクション試薬の比較

TransIT-VirusGEN Transfection Reagent(reagent:DNA(vol:wt)=2:1)、A社製品1、A社製品2、25 kDaポリエチレンイミン(PEI)を用いて、浮遊培養したFreeStyle 293-F細胞(FreeStyle F17 Mediumで培養)(A)、または接着培養した293T/17細胞 (B)にpAAV-hrGFP、pAAV-RC、pAAV-Helper (1:1:1 ratio, 1.5 μg/ml, Agilent Technologies)をトランスフェクションした。抽出したウイルスをHT1080細胞に感染させ、48時間後にGFPの発現をフローサイトメーターにより測定した。
Functional titerはGFP陽性細胞が20%未満となるウイルス希釈率より求めた。エラーバーは3ウェルの標準偏差を示す。

接着培養、浮遊培養でのレンチウイルス産生-トランスフェクション試薬の比較
図2.接着培養、浮遊培養でのレンチウイルス産生-トランスフェクション試薬の比較

TransIT-VirusGEN Transfection Reagent(reagent:DNA(vol:wt)=3:1)、A社製品1、A社製品2、25 kDaポリエチレンイミン(PEI)を用いて、浮遊培養したFreeStyle 293-F細胞(FreeStyle F17 Mediumで培養)(A)、または接着培養した293T/17細胞 (B)にpLKO.1-puro-CMV-TurboGFP transfer vector、MISSION Lentivirus Packaging Mix(1:1 ratio, 1 μg/ml)をトランスフェクションした。培養上清を0.45 μmフィルターで濾過後、8 μg/ml TransduceIT存在下で293T/17に感染させ、72時間後にGFPの発現をフローサイトメーターにより測定した。
Functional titerはGFP陽性細胞が20%未満となるウイルス希釈率より求めた。エラーバーは3ウェルの標準偏差を示す。

横にスクロールできます
AAV産生時の培養スケールの検討
図3.AAV産生時の培養スケールの検討

異なる培養容器、培養液量で浮遊培養したFreeStyle 293-F細胞(FreeStyle F17 Mediumで培養)(A)、または接着培養した293T/17細胞 (B)に、TransIT-VirusGEN Transfection Reagentを用いてpAAV-hrGFP、pAAV-RC、pAAV-Helper (1:1:1 ratio, 1.5 μg/ml, Agilent Technologies)をトランスフェクションした(reagent:DNA(vol:wt)=2:1)。抽出したウイルスをHT1080細胞に感染させ、48時間後にGFPの発現をフローサイトメーターにより測定した。
Functional titerはGFP陽性細胞が20%未満となるウイルス希釈率より求めた。エラーバーは3ウェル/フラスコ/ディッシュの標準偏差を示す。

保存

-20℃

トランスフェクション試薬選択 オンラインツール

◆選択ガイド

実験目的別に、各標的細胞に最適な遺伝子導入試薬(Mirus社製品)をまとめました。
効率的な試薬の選択にご活用ください。
▶ 遺伝子導入試薬 選択ガイド(Mirus社)

◆検索ツール

“Reagent Agent”は、Mirus社が提供するトランスフェクション試薬の検索ツールです。
細胞と導入する核酸の種類から、推奨されるトランスフェクション試薬を検索することができます。

試薬の見本
注意事項
  • 本ページの製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。