ヒト細胞(HEK293)でタンパク質を高発現

pHEK293 Ultra Expression Vector

  • ヒトHEK293系細胞での組換えタンパク質高発現用ベクター
  • 従来のCMVプロモーターを用いた発現系と比較して、最大約10倍量のタンパク質生産が可能
  • 選べる2種類の製品ラインナップ
    ・簡便な高発現には、1ベクタータイプ(I)がお勧め
    ・より高発現を望むなら、プラスミドの混合比率を最適化できる2ベクタータイプ(II)がお勧め
  • 特に抗体医薬やバイオ医薬品の開発段階などでのスクリーニング工程への応用にも最適!
ヒトHEK293系細胞での組換えタンパク質高発現用ベクター
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR 3390 3390 pHEK293 Ultra Expression Vector I
  • ライセンス
20 μg ¥100,000
説明書・データシート・ベクター情報
TKR 3392 3392 pHEK293 Ultra Expression Vector II
  • ライセンス
20 μg ¥100,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

pHEK293 Ultra Expression Vectorは、ヒトHEK293系細胞(HEK293、HEK293Tなど)で組換えタンパク質を一過性に高生産することができるプラスミドベクターである。本製品を使用することで、従来のサイトメガロウイルス由来プロモーターを用いた遺伝子発現と比較して、2~10倍量の組換えタンパク質の生産が可能である。
1ベクタータイプのpHEK293 Ultra Expression Vector I(製品コード 3390)は、HEK293系細胞にトランスフェクションして、簡便に目的遺伝子を高発現することができる。
一方、2ベクタータイプのpHEK293 Ultra Expression Vector II(製品コード 3392)は、添付のpHEK293 Enhancer Vectorと共にHEK293系細胞にコトランスフェクションして、目的遺伝子を高発現させる。目的タンパク質にあわせてトランスフェクションする2種類のプラスミドの比率を最適化することで、より効率的な目的タンパク質の生産が可能になる。

注:本製品はHEK293系細胞での高発現用ベクターです。ヒト以外の哺乳類細胞では本製品の効果が十分に発揮できないことがあります。

pHEK293 Ultra Expression Vector I(製品コード 3390)
pHEK293 Ultra Expression Vector Iには、サイトメガロウイルス由来プロモーター(CMV IE promoter)、Trans Activation Responsive region(TAR)をコードする配列、マルチクローニングサイト(MCS)、Internal Ribosome Entry Site(IRES)、Trans AcTivator(Tat)遺伝子、単純ヘルペスウイルスチミジンキナーゼのポリAシグナル(HSV TK polyA)が搭載されている。MCSに目的遺伝子を挿入し、HEK293系細胞にトランスフェクションすることで、目的タンパク質を一過性に高発現することができる。

pHEK293 Ultra Expression Vector II(製品コード 3392)
pHEK293 Ultra Expression Vector IIには、サイトメガロウイルス由来プロモーター(CMV IE promoter)、TARをコードする配列、マルチクローニングサイト(MCS)、単純ヘルペスウイルスチミジンキナーゼのポリAシグナル(HSV TK polyA)が搭載されている。さらに、Tat供給用のプラスミドべクターとして、pHEK293 Enhancer Vectorが添付されている。pHEK293 Ultra Expression Vector IIのMCSに目的遺伝子を挿入し、pHEK293 Enhancer VectorとともにHEK293系細胞にコトランスフェクションすることで、目的タンパク質を一過性に高発現することができる。なお、コトランスフェクションに使用するpHEK293 Ultra Expression Vector IIとpHEK293 Enhancer Vectorの使用比率は目的タンパク質に応じて最適化することができる。

高発現の原理

本製品は、エイズウイルスゲノム由来のRNA配列であるTARと、転写活性化因子であるTatによる高発現システム(TAR-Tat発現システム)を利用している(図1)。HIV-LTRからの転写活性化は、TatがウイルスRNAの5’末端に形成されるTARと呼ばれるループ構造に結合し、RNA polymerase IIをリン酸化することで行われる。本製品はこの原理を利用して、目的タンパク質およびTat発現用ベクター(IIの場合は、目的タンパク質発現用ベクターとTat発現用ベクター)の5’側非翻訳領域にTARをコードする配列を付加している。これにより、Tatタンパク質の効率的な発現が可能となり、目的タンパク質の発現量を大幅に向上させることができる(図2、図3:特許出願中)。なお、TAR配列は非翻訳領域に位置しているので、原理上、目的タンパク質のアミノ酸配列への影響はない。

TAR-Tat発現システムの原理
図1.TAR-Tat 発現システムの原理

pHEK293 Ultra Expression Vector Iを用いた目的タンパク質の発現
図2.pHEK293 Ultra Expression Vector I(製品コード 3390)を用いた目的タンパク質の発現

pHEK293 Ultra Expression Vector IIを用いた目的タンパク質の発現
図3.pHEK293 Ultra Expression Vector II(製品コード 3392)を用いた目的タンパク質の発現

プラスミドマップ

pHEK293 Ultra Expression Vector IのベクターマップpHEK293 Ultra Expression Vector IのMCS
図4.pHEK293 Ultra Expression Vector Iのベクターマップ
pHEK293 Ultra Expression Vector II のベクターマップpHEK293 Ultra Expression Vector IIのMCS
図5.pHEK293 Ultra Expression Vector IIのベクターマップ

pHEK293 Enhancer Vector のベクターマップ
図6.pHEK293 Enhancer Vectorのベクターマップ

DNAシーケンスデータ

内容

pHEK293 Ultra Expression Vector I(製品コード 3390)
1.pHEK293 Ultra Expression Vector I20 μg(1 μg/μl)

pHEK293 Ultra Expression Vector II(製品コード 3392)
1.pHEK293 Ultra Expression Vector II20 μg(1 μg/μl)
2.pHEK293 Enhancer Vector20 μg(1 μg/μl)

保存

-20℃

実験例

使用上の注意

製品ご購入に際しては、ライセンス確認書(同意書)の提出が必要です。
添付のライセンス確認書(同意書)に必要事項を記入の上、ご注文の際に弊社販売店までお渡しください。
ライセンス確認書(同意書)が添付されていない場合は製品の出荷ができませんのでご注意ください。
なお、営利施設のユーザー様はご購入前にライセンスの取得が必要です。

ライセンスについては必ず以下のページ内容をご確認ください。

製品コード 3390 ライセンス確認
製品コード 3392 ライセンス確認

  タンパク質実験の製品選択が簡単! フローチャート検索をぜひご活用ください。

タンパク質 発現・抽出・精製
タンパク質 定量・電気泳動・ウェスタンブロッティング

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ