簡便に高未分化維持!iPS細胞のゲノム編集にも最適な培養システム

Cellartis® DEF-CS™ 500 Culture System

  • フィーダーフリー条件下でシングルセルに分散した状態で継代が可能
    「動画(操作手順)はこちら」
      ⇒ 初心者でも簡単に培養でき、作業者間差が生じない
  • オンフィーダー培養から簡単にフィーダーフリー培養に移行可能
Cellartis DEF-CS 500 Culture System

DEF-CS 500の無料サンプル(DEF-CS 100)配布中! お申込みはこちら

※凍結ヒトiPS細胞の解凍作業や播種に不安がある方対象に、iPS細胞株及びDEF-CS培地(製品コード Y30010)をご購入いただきましたお客様限定で、実地でのハンズオントレーニング(実技トレーニング)を実施しております。ハンズオントレーニング(培地調製、hiPS細胞融解、播種)にご興味がある方はお問い合わせください。
 ウェブからのお問い合わせはこちら
 TEL:077-565-6999
ハンズオンセミナー(細胞融解)確認事項
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CEL Y30010 Y30010 Cellartis® DEF-CS™ 500 Culture System
  • ライセンス
1 Kit ¥59,800
説明書・データシート・ベクター情報 参考資料
CEL Y30012 Y30012 プレートコーテイング剤:Cellartis® DEF-CS™ 500 COAT-1
1本 ¥20,000
Y30010のコンポーネント 説明書・データシート・ベクター情報
CEL Y30016 Y30016 培地添加剤:Cellartis® DEF-CS™ 500 Additives
1 Set ¥17,500
Y30010のコンポーネント 説明書・データシート・ベクター情報
CEL Y30020 Y30020 Cellartis® DEF-CS™ 100 Culture System
  • ライセンス
1 Kit 無料サンプル品
お申込みはこちら
説明書・データシート・ベクター情報 参考資料

製品説明

Cellartis DEF-CS 500 Culture Systemは、ヒト由来多能性幹細胞(ヒトES及びヒトiPS)用の培地である。フィーダーフリーで培養でき、かつ長期間未分化状態を維持して高い細胞増殖効率を示す高品質な培地である。
単一細胞分散状態で継代できる(図1「馴化後の培養細胞の形態」参照)ため扱いやすく、ハイスループットスクリーニングに最適である。
また、未分化状態の維持に優れており(図2「未分化マーカーの発現確認」参照)、培養後の未分化細胞のセレクションが不要である。
本製品を使用してオンフィーダー培養からフィーダーフリー培養へ、未分化状態を維持したまま簡単に移行できること(Application 「iPS細胞のフィーダーフリー培養への移行例」参照)や、高効率なシングルセルクローニングが可能であること(Technical Notes「iPS細胞のシングルセルクローニング」)も確認している。

本製品で培養したヒト由来多能性幹細胞の形質は、フィーダー細胞上で培養した場合と類似するというフローサイトメトリー解析結果が得られている(図3「培養5週間後の細胞の形質」参照)。 高いSSC値は、未分化マーカー発現率と単一細胞で継代した時のコロニー形成効率に相関することを示した報告もある(参考文献)。

【参考文献の例】
Side scatter intensity is highly heterogeneous in undifferentiated pluripotent stem cells and predicts clonogenic self-renewal.
Ramirez JM, Bai Q, Péquignot M, Becker F, Kassambara A, Bouin A, Kalatzis V, Dijon-Grinand M, De Vos J. Stem Cells Dev. 2013 Jun 15; 22(12):1851-1860.
【DEF-CS培地の使用文献の例】
●ヒトES細胞から胚体内胚葉(DE)細胞への分化における培養基材の研究で、ES細胞の培養時に使用
Collagen Type I Improves the Differentiation of Human Embryonic Stem Cells towards Definitive Endoderm
Rasmussen CH. et al. (2015) Dec 29; PLoS One. 10(12):1-21.

●ヒトiPS細胞から肝細胞への分化誘導の研究において、iPS細胞の培養時に使用
MicroRNA-122: a novel hepatocyte-enriched in vitro marker of drug-induced cellular toxicity
Kia R et al. (2015) Mar; Toxicol Sci. 144(1):173-185.

●ヒトiPS細胞から軟骨細胞への分化誘導の研究において、iPS細胞の培養時に使用
Footprint-free human induced pluripotent stem cells from articular cartilage with redifferentiation capacity: A first step toward a clinical-grade cell source.
Boreström, C. et al. (2014) Stem Cells Trans. Med. 3:433-447.
※ その他の使用文献はこちら
【お知らせ】
「Cellartis DEF-CS Culture System(製品コード Y30010/20)」ならびに「Cellartis DEF-CS 500 COAT-1(製品コード Y30012)」の使用方法が変更となりました。
詳細はこちら

内容

Cellartis DEF-CS 500 Culture System
Cellartis DEF-CS 500 Basal Medium500 ml 
Cellartis DEF-CS 500 COAT-14 mlプレートコーティング剤 (製品コード Y30012)
Cellartis DEF-CS 500 Additives1 Set培地添加剤 (製品コード Y30016)
・DEF-CS GF-1750 μl×2
・DEF-CS GF-2500 μl
・DEF-CS GF-3200 μl

Cellartis DEF-CS 100 Culture System
Cellartis DEF-CS 500 BasalMedium100 ml 
Cellartis DEF-CS 500 COAT-1800 μlプレートコーティング剤(6ウェルプレート 約16ウェル分)
DEF-CS GF-1300 μl
 
培地添加剤
DEF-CS GF-2100 μl
DEF-CS GF-340 μl

保存

Cellartis DEF-CS 500 Basal Medium、Cellartis DEF-CS 500 COAT-1:4℃
Cellartis DEF-CS 500 Additives:-20℃

キット以外に必要な培地・試薬

  • D-PBS(+/+) (Life Technologies、Cat. No.14040-083)
  • D-PBS(-/-) (Life Technologies、Cat. No.14190-086)
  • 細胞剥離液 :TrypLE(Life Technologies、Cat. No.12563-029)

動画(操作手順)

アプリケーションデータ

(1) On feeder(2) DEF-CS培地(3) A社培地(4) B社培地
図1. 馴化後の培養細胞の形態
以下の各培地でヒトiPS株(253G1)を培養した場合の結果(馴化後に継代し5日目)を写真で示す。培養条件・コーティング剤は、各培地の推奨プロトコールに従った。
○検討培地  (1) On feeder(MMC処理STO細胞使用) (2) DEF-CS培地 (3) A社培地 (4) B社培地
(弊社比較データ)


 On feederDEF-CS培地A社培地B社培地
TRA1-60の発現
 DEF-CS培地での培養細胞は高い陽性確率と発現強度を示した。
SSEA4の発現
 DEF-CS培地での培養細胞は高い陽性確率と発現強度を示した。
図2. 未分化マーカーの発現確認
各培地でヒトiPS株(253G1)を5週間培養後、細胞を回収し未分化マーカーTRA1-60、SSEA4の発現をフローサイトメトリー解析した。培養条件・コーティング剤は、各培地の推奨プロトコールに従った。
(弊社比較データ)




図3. 培養5週間後の細胞の形質
各培地(1)~(4)でヒトiPS株(253G1)を5週間培養後、細胞を回収しフローサイトメトリー解析(FSC対SSC)した。培養条件・コーティング剤は、各培地の推奨プロトコールに従った。DEF-CS培地での培養細胞はOn Feederに類似した形質を示した。
(弊社比較データ)

図4.DEF-CS 500でhES細胞を25継代培養した核型解析の結果図5.DEF-CS 500でhES細胞を培養したときの細胞増殖
正常を維持していることを示した。2~2.5×106 cellsから18~20日間(4継代)で2×109まで増殖可能であった。

図6. hES細胞のDEF-CS 500による26継代培養後の多能性解析
上段【テラトーマ解析】 a:分泌上皮細胞層と結合組織 b:軟骨細胞と結合組織 c:成熟/未成熟神経組織
下段【胚様体形成を介した分化形成】 d:内胚様形成(マーカー:FOXA) e:中胚葉形成(マーカー:ASMA) f:外胚葉形成(マーカー:beta-lll-tubulin)

関連資料

情報がまとまっていて便利!こちらもご利用ください。
iPS細胞・幹細胞研究ガイド

ダウンロード
    Cellartis 幹細胞研究用製品ガイド
ダウンロード

関連のオンラインガイドはこちら

幹細胞研究ガイド
タカラバイオで展開している幹細胞研究のための試薬・受託サービス選択ガイドの他、関連情報をまとめています。


この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ