組換えアデノ随伴ウイルスを用いるゲノム編集システム(ツーベクタータイプ)

AAVpro® CRISPR/Cas9 Helper Free System (AAV2)

  • ツーベクタータイプのアデノ随伴ウイルス(AAV)ベクターによるCas9遺伝子とsgRNAの導入システム
  • トランスフェクションが難しい哺乳動物細胞(分裂細胞、非分裂細胞いずれも)においてゲノム編集が可能
  • AAVベクターによる導入のためP1レベル施設での取扱いが可能
  • AAVベクターによる導入によりCas9のゲノムへの組込みを排除し、オフターゲットによる影響を軽減
ワンベクタータイプのアデノ随伴ウイルスのCRISPR/Cas9システムはこちら
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 632608 Z2608N AAVpro® CRISPR/Cas9 Helper Free System (AAV2)
  • ライセンス
1 Kit ¥150,000
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 632609 Z2609N AAVpro® CRISPR/Cas9 Vector System
  • ライセンス
1 Kit ¥90,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

AAVpro CRISPR/Cas9 Helper Free Systemは、CRISPR/Cas9ゲノム編集に使用するsingle guide RNA(sgRNA)とCas9遺伝子を発現するAAV2ウイルス粒子をヘルパーウイルスを使用せずに作製するためのシステムである。本製品は、クローニングしたsgRNA、Cas9ヌクレアーゼを同時に発現できる。4.1 kbのCas9遺伝子を2種類のベクターに分割することにより、AAVウイルスによるCas9遺伝子の細胞への導入を可能にし、さまざまな細胞での効率的なゲノム編集が可能となる。sgRNAは線状化pGuide-it-Down Vectorに1ステップで直接クローニングでき、キットに含まれるプラスミドと共にHEK293T細胞へ導入することにより、ヘルパーウイルスを使用せずに、高タイタ―組換えAAV2ウイルス粒子を調製できる。本キットは、sgRNAクローニングのための、線状化ベクター、高効率のLigation Mix、高効率のStellar Competent Cellsが含まれており、sgRNAに対応して設計したオリゴDNAをアニーリング後、簡単に効率良くベクターにライゲーションし、形質転換することができる。さらに、AAV粒子調製、ウイルス抽出溶液も含まれている。
本製品には、sgRNA発現AAVウイルスプラスミド構築に必要な試薬(10回分)、および組換えAAV2粒子作製に必要なpRC2-mi342 VectorとpHelper Vectorが含まれている。
全長Cas9遺伝子とsgRNA発現
図1.全長Cas9遺伝子とsgRNAの発現
pAAV-Guide-it-UpとpAAV-Guide-it-Down Vectorは、Cas9遺伝子の上流領域と下流領域部分をそれぞれコードしており、1.6 kb領域を重複している。標的遺伝子に対するsgRNAをpAAV-Guide-it-Down Vectorにクローニング後、HEK293T細胞へpRC2-mi342とpHelper Vectorと共に導入し、AAVウイルス粒子を作製する。また、pAAV-Guide-it-Upを使用し別途AAVウイルス粒子を作製する。作製された2種類のウイルス粒子は、AAV Extraction Solutionにより抽出する。標的細胞へAAV2-UpとAAV2-Downウイルス粒子を同時感染させると、AAVゲノムプロセッシング過程で、1.6 kb相同重複領域を介して完全長Cas9遺伝子が作製され、Cas9タンパク質が発現する。

2種類のベクターによる全長Cas9とsgRNAの発現
図2.2種類のベクターによる全長Cas9とsgRNAの発現
Cas9遺伝子はサイズが大きいため、単一のAAV粒子にはパッケージングできない。pAAV-Guide-it-UpとpAAV-Guide-it-Down vectorには、それぞれCas9遺伝子の上流領域部分と下流領域が含まれており、それらは中間部分が1.6 kb重複した状態でクローニングされている。各ベクターから調製されたAAV粒子を同時に標的細胞へ形質導入すると細胞内で相同組換えが起こり、完全長のCas9遺伝子(4.1 kb)が作製される。その結果、標的細胞では、機能を有するCas9タンパク質とpAAV-Guide-it-Down vectorにクローニングしたsgRNAが発現し、ゲノム編集が行われる。

2種類のベクターによる全長Cas9とsgRNAの発現
図3.pAAV-Guide-it-Upベクター
本ベクターは、AAVpro CRISPR/Cas9 Helper Free System内の1つであり、Cas9遺伝子(4.1 kb)のN末端1,035アミノ酸配列をコードしている上流領域部分(3,106 bp)を含んでいる。

pAAV-Guide-it-Downベクター
図4.pAAV-Guide-it-Downベクター
本ベクターは線状化ベクターとして供給される。
本ベクターは、AAVpro CRISPR/Cas9 Helper Free System内の1つであり、Cas9遺伝子(4.1 kb)のC末端872アミノ酸配列をコードしている下流領域部分(2,616 bp)を含んでいる。設計されたsgRNAを本ベクターのHuman U6プロモーター下流にクローニングする。

HEK293T細胞において生成した2つのAAV2ベクターの力価測定
図5.HEK293T細胞において生成した2つのAAV2ベクターの力価測定
AAV2-UpウイルスベクターとAAV2-Downウイルスベクターは、AAVpro Extraction Solutionを用いてHEK293T細胞からそれぞれ回収した。
各ウイルスベクターの力価はAAVpro Titration Kit (for Real Time PCR)(製品コード 6233)を用いて測定した(ベクターゲノム定量法、n=3)。

HEK293T細胞において生成した2つのAAV2ベクターの力価測定
図6.AAVpro CRISPR/Cas9 Systemを用いた異なる細胞種でのゲノム編集効率
12ウェルプレートに1×105個の細胞を播種し、一晩培養後、CCR5遺伝子をターゲットとしてゲノム編集を行うため、AAV2-UpウイルスベクターとAAV2-Downウイルスベクターをそれぞれ1×105タイター分(ベクターゲノム定量法)感染させた。72時間後に細胞を回収し、ゲノムDNAへの変異導入効率をGuide-it Mutation Detection Kit(製品コード 631448)を用いて比較した(アガロースゲル電気泳動後、デンシトメーターで変異導入の割合を測定)。 比較実験として、pGuide-it-ZsGreen1プラスミドベクターをXfectトランスフェクション試薬を用いて導入した(Pla; 2.5 μg)。

内容

AAVpro CRISPR/Cas9 Helper Free System (AAV2)(製品コード 632608)
  1. AAVpro CRISPR/Cas9 Vector Set
    pAAV-Guide-it-Up Vector(500 ng/μl)
    pAAV-Guide-it-Down Vector(Linear)(7.5 ng/μl)
  2. Guide-it Ligation Components
    DNA Ligation Mighty Mix
    Guide-it Oligo Annealing Buffer
    Guide-it Control Annealed Oligos(100 fmol/μl)
    Guide-it Sequencing Primer 1(100 pmol/μl)
    PCR-Grade Water
  3. Stellar Competent Cells(製品コード 636763)
  4. pRC2-mi342 Vector(1 μg/μl)
  5. pHelper Vector(1 μg/μl)
  6. AAVpro Extraction Solution
        AAV Extraction Solution A  1.5 ml×3本
        AAV Extraction Solution B  150 μl×3本

AAVpro CRISPR/Cas9 Vector System(製品コード 632609)
  1. AAVpro CRISPR/Cas9 Vector Set
    20 μl pAAV-Guide-it-Up Vector(500 ng/μl)
    20 μl pAAV-Guide-it-Down Vector(Linear)(7.5 ng/μl)
  2. Guide-it Ligation Components
    DNA Ligation Mighty Mix
    Guide-it Oligo Annealing Buffer
    Guide-it Control Annealed Oligos(100 fmol/μl)
    Guide-it Sequencing Primer 1(100 pmol/μl)
    PCR-Grade Water
  3. Stellar Competent Cells(製品コード 636763)
注:を付けたpAAV-Guide-it-UP Vector、pRC2-mi342 Vector、およびpHelper Vectorは、事前にプラスミドDNAを増幅してご使用ください。

保存

Stellar Competent Cells :-80℃
その他:-20℃
(AAVpro Extraction Solutionは溶解後、室温保存)

ベクターマップ

pAAV-Guide-it-UpまたはpAAV-Guide-it-Downのベクターマップ
図7.pAAV-Guide-it-UpまたはpAAV-Guide-it-Downのベクターマップ

pAAV-Guide-it-UpまたはpAAV-Guide-it-Downのベクターマップ
図8.pRC2-mi342 VectorまたはpHelper Vectorのベクターマップ

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ