In-Fusion® Snap Assembly Master Mix

簡単・便利なクローニングキットがバージョンアップ!
  • 任意のベクターの任意の位置にディレクショナルクローニングが可能
  • 制限酵素不要の簡単プロトコール
  • 0.5~15 kbインサートについて、95%以上の高効率でクローニングが可能
  • 既存品In-Fusion HD Cloning Kitに比べ、一挙に複数DNA断片を挿入するマルチクローニングの効率が向上
  • 高い正確性を維持したまま、他社同タイプキットより多くのコロニーを取得
製品コード メーカー
略称
製品名 容量 価格(税別)
キャンペーン価格
特記事項 説明書、CoA
データシート
ベクター情報
参考資料 カート
Takara Code
638947

CLN

Clontech
In-Fusion® Snap Assembly Master Mix
クローニング関連、In-Fusion、cDNA Library ライセンス
10回 ¥23,000
¥18,400
2020/11/16~
2021/03/31

説明書・データシート・ベクター情報
Z8947N
638948

CLN

Clontech
In-Fusion® Snap Assembly Master Mix
クローニング関連、In-Fusion、cDNA Library ライセンス
50回 ¥113,000
¥90,400
2020/11/16~
2021/03/31

説明書・データシート・ベクター情報
Z8948N
638949

CLN

Clontech
In-Fusion® Snap Assembly Master Mix
クローニング関連、In-Fusion、cDNA Library ライセンス
250回 ¥380,000
¥304,000
2020/11/16~
2021/03/31

説明書・データシート・ベクター情報
Z8949N
638943

CLN

Clontech
In-Fusion® Snap Assembly Master Mix
クローニング関連、In-Fusion、cDNA Library ライセンス
500回 ¥690,000
¥552,000
2020/11/16~
2021/03/31

説明書・データシート・ベクター情報
Z8943N
638944

CLN

Clontech
In-Fusion® Snap Assembly Master Mix
クローニング関連、In-Fusion、cDNA Library ライセンス
1,000回 ¥1,200,000
¥960,000
2020/11/16~
2021/03/31

説明書・データシート・ベクター情報
Z8944N
※色文字での表示は、キャンペーン価格およびそのキャンペーン期間です。
カートにいれる

WEB会員ログインが必要です

製品説明

In-Fusion Snap Assembly Master Mixは、わずか15分間の反応で、1個~複数のPCR断片を任意のベクターの任意のサイトへ設計通りにクローニングできるキットである。クローニングするPCR断片に対し、制限酵素処理、リン酸化、平滑末端化は不要である。クローニング効率が95%以上であるため、ハイスループットなどのスケールアップも可能である。
In-Fusion反応では、PCR断片と線状化ベクターの両末端15塩基の相同配列を利用して効率よくクローニングする。この15塩基の相同配列はPCR用プライマーの設計により容易に付加できる。In-Fusion Snap Assembly Master Mixによって線状DNAの3'末端から塩基が除去され、2個のDNA断片間で生じる相補的塩基によりアニーリングが可能となり、DNA断片の結合が起こる。この原理により1個から複数の断片のクローニングが可能となる。さらに、変異導入、遺伝子合成、特定遺伝子領域の変換などにも利用できる。
In-Fusion Snap Assembly Master Mixは、In-Fusion HD Cloning Kitのバージョンアップ品であり、In-Fusion HDや他社同タイプキットと比べてクローニング効率が向上している。

他社同等品との違いはこちら
In-Fusionと他社シームレスクローニングキットは何が違うの?

プロトコール
図1.プロトコール

In-Fusionプライマーの設計

In-Fusionクローニング用プライマーの設計および目的DNA断片の増幅は、基本的に通常のPCRプライマーの設計、PCR増幅と同じである。唯一の違いは、利用するベクターの末端配列に相同な15塩基を、配列特異的プライマーの5’末端に付加することである(下図参照)。

お手持ちのベクターに対するIn-Fusion用プライマーの設計には、便利なオンラインツール「In-Fusion HDプライマー設計サイト(Primer Design tool for In-Fusion)」をご利用ください。
In-Fusion Cloning プライマーバナー
In-Fusion Cloning プライマー設計・注文

性能比較データ

In-Fusion HDとの比較
図2.In-Fusion HDとの比較
In-Fusion Snap AssemblyとIn-Fusion HDを使用し、インバースPCRで予め線状化した2.7 kbのベクターに5つの異なるサイズのインサート(405 bpから1,005 bpまで)を同時にクローニングした。各クローニング反応を3連で行い、得られたコロニー数を比較した。クローニングの正確性を確認するため、形質転換およびプレーティング後、各レプリケートから10個のコロニーを選択してシーケンスを行い、目的の配列が正しく挿入されているかを確認した。
In-Fusion Snap Assemblyを使用した場合、In-Fusion HDの4倍以上のコロニーが得られた。また、選択したコロニーのうち90%以上に正しい配列が挿入されていることを確認した。

他社同タイプキットとの比較(インバースPCRによりベクターを線状化)
図3.他社同タイプキットとの比較(インバースPCRによりベクターを線状化)
In-Fusion Snap Assemblyと他社同タイプキット(他社製品A)を用いて、3.8 kb インサートDNA(グラフA)または34.2 kbアデノウイルスDNA(グラフB)を2.7 kb線状化ベクターへクローニングした。クローニング反応はそれぞれ3連で行った。形質転換後、各反応からそれぞれ20コロニーについて、シーケンス(グラフA)またはコロニーPCR(グラフB)によりクローニング精度を調べた。
In-Fusion Snap Assemblyを使用した場合、他社製品Aの2倍以上のコロニーが得られた。また、選択したコロニーのうち95%以上に正しい配列が挿入されていることを確認した。

他社同タイプキットとの比較(制限酵素処理によりベクターを線状化)
図4.他社同タイプキットとの比較(制限酵素処理によりベクターを線状化)
In-Fusion Snap Assemblyと他社同タイプキット(他社製品A)を用いて、制限酵素処理により作成された5'突出末端(グラフA)、平滑末端(グラフB)、3'突出末端(グラフC)の単一インサート(3.8 kb)を線状化された標準的なベクターにクローニングした。クローニング反応を3連で行い、得られたコロニー数を比較した。各レプリケートから20個のコロニーを選択してシーケンスを行い、目的の配列が正しく挿入されているかを確認した。
In-Fusion Snap Assemblyを使用した場合、他社同タイプキットの5倍~16倍以上のコロニーが得られた。また、選択したコロニーのうち95%以上に正しい配列が挿入されていることを確認した。

内容

  • 5X In-Fusion Snap Assembly Master Mix
  • linearized pUC19 Control Vector
  • 2 kb Control Insert
PCR産物の精製には別途、NucleoSpin Gel and PCR Clean-up(製品コード 740609.10)などの精製用スピンカラムをご用意ください。
キットにはコンピテントセルが添付されていません。形質転換には、効率の高いE. coli HST08 Premium Competent Cells(製品コード 9128)などをご利用ください。
PCRによるインサートDNAの作製やベクターのインバースPCRには正確性が高いPrimeSTAR Max DNA Polymerase(製品コード R045A/B)の使用をおすすめします。

保存

-20℃
注意事項
  • 本ページの製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。